« ペコロジー | Main | いかなる魚の子? »

March 08, 2008

「男雛と女雛~右と左の不思議」

2008_03080027
 今日、明日はいいお天気のようですね。久しぶりに、太陽の下に出たような気分になりました(笑)。陽気に誘われ、お散歩がてら博物館に行ってきました。去年も行きましたが、常設展の特集陳列にお雛様が出ていますから。
 第2、第4土曜の常設展は無料開放されていて、展示室はまずまずの賑わいです。今年は新たに寄託された珍しいお雛様が展示されています。男雛は天皇の軍装で、女雛が十二単衣です。官女(5人だった?)と、あと皇子の乗った馬車行列が御殿の周りに並びます。歩兵、騎兵あわせせて10人くらいだったでしょうか、一体がかなり大きなものです。あとでミュージアムショップに置いてあった骨董の特集誌を見ると、関東の方の美術館(美術館ではなくこちらでした。↑書籍紹介の画像の"2"を見てください)にも洋装のお雛様が所蔵されているようでした。天皇の写真を御真影などと言っていた時代に、こんなお雛様を誰のために作られたのか驚きですね。(^^;
 去年の記事にも書きましたが、男雛と女雛の並べ方は左右両説とも根拠があるそうです。この馬車行列のお雛様は、確か女雛が左でした。
 《昭和天皇の即位式の際に撮影された写真を参考に、東京の人形業界が雛人形の左右を置き換えたことに端を発し、この並べ方が関東を中心に広まったと言います。このたびの展示では、東京生まれの「明治雛」のみ、この新しい礼式に則って展示しました。》だそうです。

 お散歩コースの続きは、博物館のお向かいのホテルのケーキです。
2008_03080037 自転車だから、隙間をあけないようお願いしたのに。中で暴れてましたよ。(T_T)

|

« ペコロジー | Main | いかなる魚の子? »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

京都」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62944/40426116

Listed below are links to weblogs that reference 「男雛と女雛~右と左の不思議」:

« ペコロジー | Main | いかなる魚の子? »