« 地方紙を買う女 | Main | 続・花の季節 »

March 20, 2008

「重曹生活」その2

 重曹生活のメモです。あれから何種類かの重曹を買いました。ドラッグストアーで台所用:500g/398円、同じく台所用:250g/98円、炭酸水測量ナトリウム《制酸薬》として売られていた500g/698円、それと「タンサン」と書かれて売られている食用の50g/60円です。

 お鍋を磨いたり、お掃除用にするなら安いものでもいいかなとも思います。ちょっとキメが荒いのですが、かなり前に何で磨いても取れなかった焦げ付きのある、パイレックスのお鍋に振りかけておいたら、次の日の朝にスポンジで軽くこすっただけで綺麗にとれました。(^^v
 それと重曹は脱臭効果があるそうなので、その250g入りのチャック袋を開けたままにして、冷蔵庫に立ててあります。湿ったらこれはお鍋の焦げ付き用ですね。

 お顔のクレンジングには、お薬として売られていたものです。キメの細かさが他のものとは全然ちがってサラサラですから。(^^
 そう言えば、少し前のラジオで炭酸水の洗顔が美容効果があるように言ってましたね。老廃物がとれるのだとか。

|

« 地方紙を買う女 | Main | 続・花の季節 »

エコ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「重曹生活」その2:

« 地方紙を買う女 | Main | 続・花の季節 »