« 「悲しいときも、楽しいときも」 | Main | Le nozze di Figaro »

February 27, 2008

とまり木?

 京都駅の南北通路のところに、エキナカ・ビジネスで今月オープンした"スバコ・ジェイアール京都伊勢丹"です。変わった名前ですが、Superior Variety Concourseの頭文字をとり、駅の利用者にとって巣箱となるようにと言うネーミングです。
2008_02270026 正面に見えているのは東海道線etcの改札です。この吹き抜けになったスペースの下は線路ですね。改札から風が抜けるので少し寒いです。
 3階に上がってしまえば寒さも平気なので、レストラン街のスペイン料理のお店で食べて帰りました。
2008_022700062008_022700092008_022700102008_022700132008_022700182008_02270025
 昔から祇園にあるお店の系列店です。こちらはオープンスペースでカウンターが中心のバル風のお店です。必要最少限の味付けで、素材を食べるお料理ですね。最後の焼きプリンは祇園のお店で食べたものとは似て非なるかな。これを食べるのをかなり楽しみに行っただけに、ちょっとがっかりでした。
 ちょっと美味しいものを軽く食べたいときにおすすめします。お昼はランチのセットメニューもあるようでした。
2008_02270033 オミヤゲはMOZARTのケーキです。以前は市内に何店かありましたが、今は駅ビルにあるお店だけじゃないかと思います。京都に最初にできたおしゃれなカフェは、繊細な美味しさのケーキで人気のお店だったのですけどね♪

|

« 「悲しいときも、楽しいときも」 | Main | Le nozze di Figaro »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

京都」カテゴリの記事

Comments

スペイン料理に反応して飛んできました~。しかも、フィゲラスの姉妹店とは!
本店のほうは、大昔の独身時代からのお気に入りなんです。最近は、1、2年に1回行く程度で、いつもお店まだあるかな~と不安になります。
初めてイカスミのパエジャやアンギュラス(うなぎの稚魚)を食べたお店だし、当時の前菜盛合せはすごいボリュームで感動ものでした。
京都駅前ならとても便利ですね。でも、きっとあの細い階段を上ってゆく本店のほうに行ってしまうだろうなぁと思います。タパスタパスもまだ行ったことないので、今年の春くらい行ってみたいです。(^^)

Posted by: miredo | February 29, 2008 09:17

miredoさん、ご卒業おめでとうございます!

一旦、仕事を辞め勉強されると言うのは、賛成に1票です。(^^
仕事を探すのは楽ではないですが、状況が許すのなら、あとの満足感には代えられないと思います。

↑スバコは、ちょっと途中下車♪ くらいの気持ちで利用するといいですね。
フィゲラスは、男性の比率の多い会食でも、コースを頼んだら食べ切れなくて残して帰ったことがあります。

あの幻のプリンを食べに、今度は階段を上がりに行きます(笑)。

Posted by: winter-cosmos | February 29, 2008 19:21

コスモスさんおひさしぶりです。
南北通路にこんなところができたんですね。
今度京都に行ったときに寄ってみたいと
思います。
おいしそ~なスペイン料理!!

Posted by: ヤン | March 01, 2008 14:30

ヤンさん、こんばんは!

以前からある、オミヤゲのコーナーとは一味ちがいます。「スバコ」ですから、そんなに広いスペースではないですが、ちょっとした時間待ちに利用されるなら気が利いていると思いますよ。(^^

Posted by: winter-cosmos | March 01, 2008 20:23

お祝いのお言葉をありがとうございました!

貴重な賛成票もありがとうございます!
これまでと違って昼間の授業が基本になるので、時間割によっては、実質的に仕事をやめるような状況になるのでは…と密かに期待してます。^^;

フィゲラスでは、いつも欲張って食べ過ぎるので、デザートを食べた記憶がありません。^^; 幻のプリン食べてみたいです!

Posted by: miredo | March 03, 2008 01:06

春からの新生活、楽しみですね。(^^

お料理も美味しかったですが、プリンは絶賛でしたよ♪
↑は、器に盛ったカスタードをキャラメリゼしてあるだけでした。前に食べたものは、ちゃんと器で焼き上げてありました。
夢か現か幻か(^^;

Posted by: winter-cosmos | March 03, 2008 20:27

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference とまり木?:

« 「悲しいときも、楽しいときも」 | Main | Le nozze di Figaro »