« もう一度トンネルを抜けると | Main | マドンナ »

January 06, 2008

青春18冬の旅

比良山系
 琵琶湖西岸の比良山系です。一番高く見えているのが武奈ケ岳(ぶながだけ1214.4m)だと思います。違ったらごめんなさい。ここは、はるか昔の高校生のときに行きました。ごろごろ大きな岩場や見晴らしの良い稜線ありと、1泊でも、ちょっとした登山気分でした。当時はロープウェイが動いていたので、やっと上がった山の上でミニスカートにサンダル履きの人とすれ違ったのには、びっくりしましたが(笑)。
 行きは湖西線から敦賀で北陸本線に乗り換え、金沢に向かいました。思いのほか良いお天気で、湖北では朝日に光る湖面が素晴らしく綺麗でした。

ツブ貝が入ってない…見本と違う(^^;  お昼過ぎに金沢に着き、駅ビルでお昼ご飯を済ませたあと、まず金沢城までテクテクと歩きました。
金沢城公園
 隅っこに雪がちょっぴり残ってますね。お城と言っても姿をとどめるのは、門や石垣だけで、開放された公園になっていて、伝統工法を忠実に再建された櫓などの展示施設があります。
菱櫓五十間長屋
 中は音声ガイド、CGによる解説が見られるモニターや、身障者用エレベーターと整った設備です。
五十間長屋急な階段
 階段はびっくりするほど急な傾斜で、かなり怖いです。(^^;
石川門石川門
 石川門から表の通りに出ると、お向かいは兼六園です。
お堀通り
兼六園・徽軫灯籠 冬枯れの兼六園と言ったところでしょうか、雪景色の中の徽軫灯籠(ことじとうろう)を見ることは出来ませんでした。せっかくのお庭ですが、ここは駆け足で通り抜け、今回の目的地へ向かいました。

金沢21世紀美術館 金沢21世紀美術館です。1年くらい前の新聞で、こちらの館長さんの紹介記事を読んでから、一度行ってみたいなと思っていました。
 1時間ほどしか時間がなかったので、美術館の所蔵展だけ見ましたが、いくつにも分かれた展示室には、それぞれの空間を創り出した展示がされていて、展示室によっては数人ずつ入って鑑賞できるように制限されています。現代美術ですから、好き嫌いの分かれそうな珍しいものを見せてもらったと言う感じです。(^^;
レアンドロのプール これも展示室の続きで、上の水面からのぞく人が見えていて、アザラシにでもなった気分です(笑)。
カフェ・Fusion21 賑わうミュージアムショップをのぞくと、オリジナルグッズや資料の他に、欲しかったトイカメラが、いろいろ置いてありました。あれこれ眺めながらも、結局何も買わずにカフェで一休みです。

 カフェにいるときから、通りにバスが停まっているのが見えていました。美術館を出てバス停まで行ってみると、「まちバス」と書かれていて駅ターミナル周辺を巡回する無料のバスでした。ちょうど発車するところだったので金沢駅まで乗せてもらうことにしました。通年、走っているわけではないようですが、町に不慣れな観光客にとってはありがたいサービスですね。

 ↓のお弁当は駅ビル構内に出店されていたカニ屋さんに生のカニといっしょに並べてありました。コッペガニ(メスの松葉ガニ)2はい分がのっているそうで、内子とプチプチの外子のどちらもいっぱい入っていて美味しかったです。
金沢駅・5番ホーム 帰りの電車です(隣のサンダーバードで帰ると京都まで2時間あまりです)。途中、何度も特急に追い抜かれながら、敦賀、長浜の乗り換えで、帰りは琵琶湖線を通り、各駅と新快速を乗り継ぎ、往復9時間近くをガタゴトと、「青春18」列車の旅をたんのうしました。(^^

|

« もう一度トンネルを抜けると | Main | マドンナ »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

 明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。
 先日の簡略なコメントは失礼しました ^^;

 武奈ヶ岳もいいですね。今度寒波が来たら、その次の晴れた日に空から見に行きたいと思います。でも、遠くまでよく見える日は風が強いんですよね・・・

Posted by: Wind Calm | January 06, 2008 at 22:32

いえ、いえ、お気になさらずに。

武奈ヶ岳は西南稜の上でテントを張って、目が覚めたら飛ばされていた(テントが)と言っていた人がいました(笑)。
きっと、素晴らしい眺めだったでしょうね。(^^

Posted by: winter-cosmos | January 07, 2008 at 20:31

今年も楽しく読ませてください。よろしくお願いします。
雪山の写真(winter-cosmosさんの写真はいつも、どれもきれいです)をみたら、わたしも山を見たくなりました。千葉に来て一番つまらないのは山が見えない事、雪山はのぞみようもありません。おまけに私は乗り物酔いをするのであまり遠出ができません。(クスリを飲んでぐうぐうとねてしまいます。)歩くのはすきですが。

Posted by: 会留府 | January 10, 2008 at 00:22

会留府さん、おめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

こちらは、山だけはいっぱいあります。たまに恋しくなるのは海ですね。とは言え、少し足を伸ばせば山歩きを楽しめるところがあるのに、私も久しく行ってません。

旅行に行ってしまうと、また、すぐにどこか行きたくなって困ります。(^^

Posted by: winter-cosmos | January 10, 2008 at 20:45

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62944/17595407

Listed below are links to weblogs that reference 青春18冬の旅:

« もう一度トンネルを抜けると | Main | マドンナ »