« November 2007 | Main | January 2008 »

December 31, 2007

ポチッとな!

 出かけたついでにカラフルなフレームのメガネを作りました。去年、遠近両用のコンタクト(注:老眼用ではありません)を買いましたが、くもると近くが見えにくく、結局、仕事中はメガネに落ち着きました。
 レンズは近距離専用に合わせてもらいました。ていねいに検眼をしてもらい、それでもフレーム選びから1時間でできあがりです。
 家に帰って紙袋の上の雨よけのカバーをはずしてみると、黒地に絣のような和柄に見えていたものは、ドクロの絵を中心に「ポチッとな!」と全面に書かれています。"伝説のアニメ"のキャラクターのセリフだそうで、そのイメージでデザインされたフレームがあるようです。これは、どのあたりの年代の人がターゲットなんでしょう?(^^;

| | Comments (4) | TrackBack (0)

December 30, 2007

越冬

Wth_pen05 雪の予報が出ているだけあって寒いです。(^^;
冬のバオバブ  昨日までは、秋の続きのように暖かだったので、植木も全部外に出したままでした。バオバブだけは大事をとって室内に避難です。スリムな姿になって何かわかりませんね(笑)。

 結局、お正月の準備もほとんどこれからですが、元旦は冬ごもりしたいので、あと一日頑張ります♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 29, 2007

ゆっくり、ほっこり

 夕べは、プチ忘年会でした。かま焼きのパンが美味しいと評判の鴨料理のお店で、鴨のシャブシャブが美味しかったです。お店のサイトに書かれているとおり、鴨が本当に臭みがなく柔らかで、スープはさっぱりとした塩味です。黒胡椒を挽いた器にスープを注ぎ入れ、他に味付けはしません。ラーメン(ほうれん草を練りこんだ緑色の麺でした)を残ったスープで作ってもらうと美味しくて、お腹が苦しいくらい食べてしまいました(笑)。
 鴨川沿いの町家を改装したお店は雰囲気がありますし、明るい時間帯に鴨川を眺めながらの食事もいいですね。(^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 28, 2007

TOMORROW 明日

 急いでいたので、図書館の新着コーナーに立ててあったのを、開いてもみずに借りて帰ってきました。
歴史教育と歴史研究をつなぐ」山田朗編(岩波ブックレット)
 「現代の歴史教育が抱える問題」と「歴史を学ぶことの意義」、「歴史教育と歴史研究をつなぐ」と言うテーマで話し合われた座談会の内容をまとめられたもので、現場の先生方ですから本当に現実的なことです。文中では"子どもたちのいきづらさと平和教育の困難さ"と言う言葉が使われていて、昨日も教科書検定のニュースが流れていましたが、このことに加えて、親世代としてわかっているようで見落としていることが話し合われているように思いました。
 話題は80年代後半以降の戦争をテーマに扱った映画にもふれられていて、今年話題になった「夕凪の街 桜の国」もそうですが、戦場の生々しい場面のないソフトなものになっていることについてです。
 昨日はたまたま、ちょうどその頃の映画で、黒木和雄監督の"戦争レクイエム三部作"の「TOMORROW 明日」(1988年)のDVDも見つけました。2004年に発売されていたようです。ずっと前にテレビで見てから、もう一度見たくて何度かビデオを探したことがありました。
 1945年8月8日から9日の原爆投下までの一日、長崎の街で暮らす人々の心情を、ゆるやかな弦楽器の音色とともに美しく見せてくれます。ピチカートの音が時計の秒針のように、刻々とそのときが迫ってくること感じさせてくれ胸が熱くなります。それが、見終わって何かモヤモヤした気持ちが残りました。現実の飢えや痛みに思いが及ばず、この時代を美化してしまうのではないかと言う不安です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 26, 2007

緑のキツネ

 カップ麺みたいなタイトルです(笑)。え~何々…「gooでは環境保護団体と協力して国際的な環境問題への取り組みを実施します。いつも使っている検索を緑のgooに変えるだけで、今日から、0円で、地球環境に貢献することができます。毎日のなにげない行動から地球にやさしい生活をはじめましょう。」。
 お試しで、そのgooの公式ブラウザの緑のFire fox2.0をダウンロードしてみました。慣れるまでは使い勝手は仕方ないですが、このサイトの見た目がかなり変わりました。何故か上のバナー(シロクマの写真の部分)の左端に2pxくらいの余白ができていたのが無くなりました。今、IE6.0で見てもそれが、ちゃんと直っています(謎) 。
 それと、本文のフォントが小さく細くなり、字間が詰まって見にくいです。これはちょっと予想外です。(^^;

このパーツから

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 25, 2007

Happy Holidays!

頑張れペコちゃん! 夕べのオミヤゲはペコちゃんの生チョコケーキでした。ケーキも珍しくなくなった今でも、ときどき食べたくなる味です。これ、これ、この味♪と思ってしまいますね(笑)。
 いつもの晩御飯とさほど変わりないメニューでも、ケーキのおかげでイブらしくなりました。サンタさんからのプレゼントは届きませんでしたが。(^^;

 サンタさんはハワイまで行かれて、夕べはまだ眠っていなかった子どもたちのために折り返し、同じルートを逆向きに行かれるそうです。そのあと、北極にもどって休暇をとられるとか。
 サンタさん追跡、楽しめました。これが軍事技術だと思うと悲しいけど、一応、平和利用なんでしょうね…。(^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 24, 2007

NORAD TRACKS SANTA

 サンタさん、神戸まで来られてましたが、兵庫県をぐるっとまわって静岡方面に向かわれて、京都には来られませんでした。(^^;
NORAD TRACKS SANTA 2007 そのあと、折り返しながら緯度に沿って北上し、青森から北朝鮮に行かれました。来年もお待ちしています。(^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

おでかけネット

列車のある風景  JRの会員ページでダウンロードしたスクリーンセーバーです。通り抜ける列車は煙をはいたSLだったり、景色を変えながら最新の新幹線になったりと、見ているだけで、どこか旅行に行きたくなります。(^^
 お正月休みは、遠出する予定はありませんが、12月31日~1月3日の間、京阪神限定で1,600円の乗り放題切符が発売されるので、ぶらぶらと各駅停車の旅に出かけたいなと思っています。

 今日はおうちでのんびりクリスマスです。チキンとケーキは子どもらがバイト先で買ってきてくれるはずなので、私は飲み物だけ用意して待っています(笑)。
 サンタさんもそろそろスタンバイされているのでしょうか、今年の追跡サイトはGoogle Earthを駆使して3Dで見られるそうです。去年は10時20分頃にのぞくと日本上空でした。新幹線の上空をそりで駆けてらっしゃったんですね。2倍のスピードで。(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 23, 2007

ブラッド・ダイヤモンド

 「ブラッド・ダイヤモンド」、DVDでですが、見ごたえがありました。これは映画館で見なかったことを後悔します。
 ダイヤモンド鉱山の支配権をめぐって政府軍と革命統一戦線(RUF)との争いから、大規模な内戦に発展してしまうシエラレオネを舞台に、家族と引き裂かれ少年兵として人を殺す教育をうける子供たち、ダイヤをめぐって繰り広げられる殺戮、そしてその裏に潜む「真実」。シリアスなテーマを扱う、娯楽映画の皮をかぶった社会派の作品です。顔立ちから受ける印象で、「タイタニック」以降のディカプリオの映画は、見ようと思わなかったのですが、この元傭兵で密輸に手を貸すと言う"汚れ役"をこんなに演じきれるとは。
 この映画、もう途中で見るのが嫌になるほど辛い場面の連続ですが、目をそらしちゃだめですね。本当に後味のいいラストが待っていますので。必見です。(^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 22, 2007

くしき星よ

大きなスギの木の下で

Merry Christmas 2007  聖なる夜は星降る夜とはなりませんでした。残念ながら雨降りです。その代わり冬至にしては暖かな一日だったかもしれません。
燭火礼拝
 今年も燭火礼拝に行くことができました。祈ることはいつも同じで、来年もまた来られますようにです。わが家は何故かクリスマス前後に何かが起きることが多くって(泣)。
 何事もなく過ごせることが一番です。(^^

☆100万人のキャンドルナイトのイベントは、25日までしているところもあるので、バナーをクリスマスまで置いておきます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 21, 2007

赤玉百年

赤玉スイートワイン 赤玉スイートワインです。これも発売されて100年なのですね(驚)。
 昔、まだ若かった父が、これを少しだけ飲むとよく眠れると言っていたそうです。そんなことも思い出しながら、久しぶりに買いました。グリューワインのように、少し温めてみましたが、ちょっと甘すぎるので、お湯で半分に割ったらほど良い甘さでホカホカです。明日は冬至、冬本番です。(^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

末永く

 ルミナリエの募金、たくさん集まったみたいですね。良かったです。
ルミナリエ継続に“光” 募金最高8684万円
(2007年12月21日 読売新聞)

 実際に行ってみて、素敵なイベントだとは思いましたが、あの混雑では何かを悼むと言うふうには私は思えませんでした。京都の祇園祭も、もとは疫病退散の祈願のために始められた神事が、千年たった今、「祭り」として多くの人に支えられています。ルミナリエも、あの光に励まされた多くの人のためにも、末永く神戸の町を愛する人の手で続けていけると良いのですが。

 永く愛されると言えば、来年早々開通する京都高速についての対談が新聞に掲載されていた中に、"今は観光名所になっている琵琶湖疏水の水路閣も、建設当時は新奇なものと思われていた。京都高速も100年たてば、そのような存在になる"とか。そんな見方もあるのだと感心しながらも、これはちょっと疑問です。(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 19, 2007

ママの遺したラブソング

 DVDで「ママの遺したラブソング」を見ました。あのジョン・トラボルタが…これは老け役になるのでしょうか、ずいぶんオジサマな印象を受けます。ギターで弾き語りをするシーンがあって、思ったより歌が上手です。でも、やっぱり軽やかなステップのダンスシーンを期待したのですけど (笑)。
土曜の夜は!   昔、彼のダンスが一世を風靡した頃、その少し前の作品で「プラスチックの中の青春」をテレビで見ました。先天性の難病のため無菌室でしか生きられない少年の役だったのですが、ステップを踏むシーンがあって、それは素晴らしくて驚いた記憶が。
 ちょっと切ない役どころも哀愁と思えばいいのか、それに比べてスカーレット・ヨハンソンが鼻からタバコの煙をフ~と出す迫力に悩まなくもありません。あー、なんだか、歳とっちゃた。(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (1)

December 18, 2007

ICOCAで行こか!

ICOCA JR西日本のICOCAです。少し前に、たまたま手続きをしていたものが土曜の朝に届きました。
 最近、携帯電話一つをとっても便利な使い方をしてみようと言う気が起きなくて、よくわからないカード、利用することはないかなと思いながら作ってしまいましたが、使ってみると便利ですね。
 まずチャージの仕方を駅で教えてもらって、改札に通し(ドキドキ)、土曜は初めてづくしの一日でした。(^^;
 このICOCAのイコちゃん(かものはし)、個性的な(?)キャラクターに見えましたが、一日いっしょにいると愛着がわいてきました。JR東日本のSUICAのペンギンはキャラクター商品も売られているようですが、こちらは何もないみたいですね。関西人には愛されそうなんですが(笑)。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 16, 2007

ワンディトリップ

 さすがにくたびれたので、今日は一日のんびりしています。
クレーム ブリュレ ラテ&キャラメルドーナツ  夕べはルミナリエの会場を出て、JR三ノ宮駅まで歩いていると、しんしんと冷えてきたので、駅近くのスタバで休憩です。
 今だけ限定の「クレーム ブリュレ ラテ」です。甘めの温かいコーヒーに、ふんわりクリームが美味しかったです。そのまま地下街(さんちか)を通り、駅についたところで、オミヤゲにユーハイムのバウムクーヘンを買いました。珍しくはないですが、協賛企業なので箱がルミナリエ柄です。晩御飯にと元町で買っておいた中華もあるので、半日で神戸を満喫した気分です。
 快速電車を見送って、京都行きの普通電車に乗り、のんびり座って帰ってきました。 (_ _)zzz

| | Comments (0) | TrackBack (0)

私を動物園(ZOO)に連れてって

パンダ・興興
 初パンダです。パンダも、まだ見たことがなかったもので。(^^
 昨日は、ムスメが午前中だけ学校があったので、大阪で待ち合わせ、そのままJRで神戸に向かいました。ルミナリエを見るまでには時間があるので、途中の灘駅で降りて動物園へ寄っていきました。灘駅の駅舎は改築中ですが、通路が古いままで、動物園に向かう通りも含めレトロな雰囲気が漂っています。
眠りコアラ
 ぐっすり眠っていてヌイグルミみたいに見えます。お持ち帰りしたいくらいかわいいです(笑)。
<小象・王子
 昨日は、10月に生まれた赤ちゃん象のお披露目だったそうです。「王子」くんです。動物園の新しいプリンスですね。
大きいゾウ
 表にパパかママのどちらかがいましたが、出てきてすぐに引き返し「あのー、寒いんですけど…中に入りたいんですけど」とでも言ってそうに見えました。(^^;
 12月の寒さにくつろげるのは、ホッキョクグマのゆとりです。
ホッキョクグマの昼寝
くつろぐアシカ
 ホッキョクグマ舎は旭山動物園のようにダイブするところを見られる水槽になっていました。他にペンギン、アシカもガラスごしに泳ぐところが見られます。こちらも、これはくつろでいるのでしょうか?
 閉園の4時半にあっと言う間になってしまい、広い敷地を2時間くらいではとてもまわることができませんでした。気候のいいときなら、ゆっくり一日かけて見てまわるといいのでしょうね。(^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 15, 2007

光の紀元

カッサ・アルモニカ
 神戸ルミナリエです。噂どおりの圧倒的な綺麗さですね。
スパッリエーラ
 毎年、大変な混雑だと聞いていたので、なかなかここまで足を運ぶ気になれなかったのですが。
フロントーネ
 この光の回廊が素晴らしいです。これを通り抜けるための順路がJRの元町駅からずっと続いています。ここまで数百メートルの距離に1時間半かかりました。会場内の人数を制限されているようで、いったんここまで来れば、それほど混雑しているようには思わないのですが、ここまでの道のりは、本当に信じられない人々々でした。(^^;
大丸前
 週末なのと、資金面が難しく今年最後になるかもしれないといわれていることもあって、尚更なのかもしれませんね。回廊内には募金箱を持って、何人もの人が立たれていました。

神戸ルミナリエ、赤字でピンチ 100円募金で存続模索(asahi.com 2007年12月13日13時47分)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

神戸ルミナリエ

神戸ルミナリエ・ガレリア
元町駅から順路に沿って一時間半かけ、ようやく到着です。

追記:すみません、ピンボケで。次のエントリーにデジカメで撮った分をのせてますので。→光の紀元

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日本初!!

日本初!!
王子動物園・パンダ豚まん
パンダ豚まん(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 14, 2007

息子のまなざし

 これも図書館で見つけたDVDです。「息子のまなざし」(2002年)カンヌ国際映画祭・主演男優賞・エキュメニック賞特別賞 、ファジル国際映画祭・グランプリ・主演男優賞 、ベルギー・アカデミー・最優秀作品賞・監督賞・主演男優賞と数々の受賞です。
 この映画、ハンディカメラを使い、登場人物の肩越しに撮影されているため、その目線のままに同じ体験をしているような感覚になります。
 職業訓練所で木工の指導員をしているオリヴィエのところに、ブロンドの髪の少年がやってきます。彼は人を殺して5年間少年院にいました。その相手と言うのがオリヴィエの子どもだったのです。これは偶然なのでしょうか?ひどく残酷な出逢いです。
 どうして殺したのかと教師として尋ねるオリヴィエに、「殺すつもりはなかった」と答える言葉に嘘はなく感じさせるほど、その少年はあまりにも頼りなげで美しい。
 少年は次第にオリヴィエのことを慕っていくのですが、その彼が、自分の殺した子どもの父親だとわかると逃げ惑う少年の様子は、赦す以外にないような印象すら与えます。
 「人を受け入れることから、愛が生まれる。」「生涯忘れ得ぬ感動が 深く心に刻まれる。」、サイトのコピーに書かれていますが、なんだか、この映画、ちょっとずるいなーと思います。(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 12, 2007

夢にかける思い

ムスカリ・ボトリオイデスアルバ  白いムスカリの球根を見つけました。青のムスカリはよく見かけますが、白い花は、まだ見たことがないので楽しみです。ムスク(麝香)の香りがするからムスカリと言うそうなので、香りにもかなり期待できそうです。(^^
 この花、花言葉がたくさんあるみたいなのですが、「通じ合う心」「失望」「失意」「絶望」「寛大な愛」「明るい未来」「夢にかける思い」…恋愛のフルコースと言ったところでしょうか(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 10, 2007

ゆるやかにつながる「からっぽの時間」

柚子・1個100円  柚子を安くで売っていました。冬至に近くなると、このくらいのものがお風呂用として売られます。去年も同じようなことを、今頃書いていますね(笑)。

 サイドバーにバナーを貼りましたが、冬至の日は「100万人のキャンドルナイト」です。
北海道で買った
アロマキャンドル冬至まで待たなくとも、キャンドルの灯りで温かい柚子風呂にのんびり入るのもいいですね。私はいつも横半分に切って、水きり袋に入れお湯に浮かべます。(^^

「100万人のキャンドルナイト」は、無理して電気を消したり、大声をあげて反対を叫ぶ運動ではありません。みんなが電気を消すことが、地球温暖化の防止になるということが一番大切な目的でもないのです。テレビや部屋の照明は落としても、ラジオは聴いていたいし、携帯電話で話したい、そういう普段の暮らしの事情をやめてまで、ろうそくの灯りで過ごしても、無理をすることの先にあたたかい未来があるとは思えないのです。
普段の暮らしをしながらも、過剰な電飾の明かりにまみれた日常から少しだけ、自然の光だけで「過ごしてみる」。1年のうちたった2時間、好きなろうそくの灯りをともしてみる。この時間をどういう風に過ごすのかも、みなさんのアイディア次第です。
恋人と2人きりの時間。久しぶりの友達と会ってお酒を飲みながら語る時間。音楽を聴きながら1人きりで過ごす時間。そうして1人1人が過ごす時間の先の未来にわたしたちが描いているのは、自然であたたかい平和な地球の姿です。
100万人のキャンドルナイト実行委員会、5人の呼びかけ人、パートナーの環境省は、最初のいいだしっぺにすぎません。
みなさん一人一人が主催者です。
相反する考え方の趣旨を持っていてもかまわないのです。
普段から大量の電気をつかっているから参加できない、なんてことはないのです。
そんなゆるやかな繋がりがつくる時間を私たちは「からっぽの時間」と呼んでいます。
(100万人のキャンドルナイトとは? / ゆるやかにつながる「からっぽの時間」 ―公式サイトより)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 09, 2007

省エネ・省スペース

Merry Christmas クリスタルの置物用の、LEDが点滅する置き台です。100円ショップで見つけました。以前、オミヤゲでもらったガラスのミニミニツリーにちょうどいいです。
 暗い所だと単3電池3本で、かなり明るく感じます。今年はツリーを、まだ出してなかったので、玄関には、これを置くことにします。(^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

オルガンの音色

 昨日は、以前の記事にも書きました、サンサーンスの「オルガン付」の演奏を、芸大の定期演奏会(→チラシ)で聴くことができました。
 まず1曲目は、美しいフルートのソロで始まるドビュッシーの「牧神の午後への前奏曲」です。この曲を初めて聴いたのは、昔々の子どものための音楽鑑賞会のときのことでした。牧神と言うと、少し前に見た映画、「パンズラビリンス」の半人半獣の神、パン(牧神)を思い出しますが、やわらかい曲の雰囲気からは、美しい女神のような姿を思い浮かべます。
 2曲目は、プーランクの「グローリア」です。ソリストの女性も学生さんでしたが、声量もあり堂々とした演奏です。
 そしてメインの交響曲第3番ハ短調(オルガン)です。オーケストラ全体に女性が多く、打楽器も全員女性でしたが、力強いラストでしめくくり、指揮者の秋山和慶氏も満足そうな表情をされていました。どの曲も上品な美しさで、それでいて、華のある演奏だったと思います。
 オルガンの音色や合唱つきの宗教曲が、やはり12月は特別な月だと感じさせてくれます。もうすぐクリスマス♪コンサートホールのエントランスに飾り付けられた、おしゃれなツリーを眺めながら、いい時間を持てたことに感謝する帰り道でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 06, 2007

積雪の光の森

京セラ2007
 京セラのイルミネーションです。毎年15日からだったと思います。去年は試験点灯の日に前を通ったのですが、今年は今日から本番だったようです。去年と比べると、うーんと光の量が増しました。イルミネーションには通常の電力がつかわれているそうですが、この本社ビルに発電システムをもたれているので、この分くらいはまかなえるとか。
京セラ2007  ビルの窓の灯りを利用した、この大きなツリーを初めて見た時は、何てお茶目な会社だろうと楽しい気分にしてもらいました。去年から、並木にもイルミネーションをされるようになって、派手目になってきました。これはちょっと微妙ですね。(^^;
 この辺りは、幹線道路沿いのなので車の通行量は多いですが、人通りがそれほどあるところではありません。いつもなら夜になるとやや寂しく感じもしますが、今日は足を止め、あふれる光を楽しむ人も見られました。
京セラ2007

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 04, 2007

あなたになら言える秘密のこと

あなたになら言える秘密のこと  思わせぶりなタイトルです。(^^;
 主演の女性の横顔が印象的で、内容も何もしらないままに見に行きたかった映画です。
 感情を封印したかのような毎日を送るハンナ、それは彼女の辛い過去によるものだと言う事がタイトルからも読みとれます。その秘密の重さに比べて、それを告白された男性のその後の行動の単純な展開は軽すぎるように思えました。でも、これ以上のハッピーエンドはないのかもしれないですね…。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

December 03, 2007

きらきらひかる 2007

 昨日は午後から髪を切りに行って、その足で買い物に出かけました。この季節、夕方になると目に付くのは、やっぱりイルミネーションです。こちらで、ちょっと大掛かりなものは、駅ビルか某社のものになり、町を歩いていてそれほど目立ったものは、ありませんが。
 イルミネーションは無駄と言う考えの人も多いと思います。高額の費用のかかるものですし、樹木に飾り付けられている場合は、その負担も心配されます。そんなことを考えながら記事を拾いました。

国立駅前大学通りで恒例イルミネーション点灯へ-省エネにも配慮》(11月28日12時50分配信 立川経済新聞)
 「せめて冬の間だけでも市民に少しでも温かいイメージを与え、駅前を活性化させるため、同商店会が1990年よりイルミネーションを開始。開始当初は「電球を仕掛けているイチョウの木に負担がかかるのでは」といった市民からの声も寄せられたが、そうした意見も取り入れながら年々改善を図り、今では毎年恒例のイベントとして定着している。
 今回も例年通り、大学通りのイチョウ8本におよそ71,000個の電球を仕掛ける。今年はうち6本のイチョウにLEDの電球を使用し、省エネ対策にも配慮。」

 省エネ対策と言えば、こちらがプロです。設営の舞台裏や、あの七色に光る新しいイルミネーションの秘密ものぞけます。
ROHM
  ROHMのイルミネーションは1995年に始まっています。忘れることのできないことが起きた年です。

6年目迎えた「神戸ルミナリエ」 伝えたい、希望の灯 原点に鎮魂を》(神戸新聞 2000年12月17日 )

 数年前から、こちらの植物園でも短い期間ですが夜間に開園され、イルミネーションを楽しめるようになりました。木に取り付けられる分については、専門の職人さんが細心の注意を払っておられるようです。
きらきらひかる イルミネーションは商業的な光なのかもしれません。でも、それだけではないのだと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 01, 2007

年の瀬

京都駅ビル いつもの駅ビルです。夕方、ムスメと待ち合わせをしていたので、晩御飯も食べて帰ってきました。特にここと決めていたわけではなく、どこも少し並んで待たないといけなかったのですが、見本のデザートのかわいらしさで、ここに決定しました。
松花堂弁当 たぶんシャーベットですね。お店の名前にちなんで、雪ウサギになっています。(^^
 運ばれてくるお料理は、どれも見本よりずっと良いものだったのですが、肝心のデザートが普通に盛り付けたアイスクリームや果物でした。でも、このお弁当、3日までの期間限定で、かなりお得な内容です。おススメします。(^^;

 12月に入ると、お買い物も年末モードです。日常の食料品なんかは今月から値上げと書かれたものが目につき始めました。実際には、ガソリンの高値が話題になりだした頃から、上がってきているように感じていました。衣料品なんかも、20年前よりもむしろお手軽な値段で出しているメーカーがたくさんあるので、今の方が安く感じていましたが、これからありとあらゆるものが同じ理由のもとに、じわじわと上がっていくのでしょうか…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2007 | Main | January 2008 »