« October 2007 | Main | December 2007 »

November 30, 2007

小春日和

ゆりかもめ
 久しぶりのポカポカ陽気です。小春日和と言っても良さそうですね。冬の使者たちも、今日は日向ぼっこしているように見えました。
 少し前に、白菜にくっついてきた丸々と太ったアオムシは、一昨日サナギからでてきていたようなのですが(白い羽毛のようなところのある、茶色の蛾でした)、気がついたときには、ケースの隅っこでピクリとも動かないので、羽化したもののすぐに死んでしまったのかと思いました。それが、今朝、羽音がするので、よく見たら生きています。好いお天気になるまで、待っていたのでしょうか。ケースのフタを開けてベランダに出しておいたので、旅立って行ったのではと思います。(^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 29, 2007

綺麗な花には

 今週は、ちょっと忙しいので、癒されることを期待して(?)帰りにホームセンターに寄りました。
オニヒイラギ・つぼみ いつか見た、白い花の咲くヒイラギです。確かに優しいいい香りがします。木犀科でも金木犀の香りとは違い、もう少しすっきりした香りです。それで衝動買いをしてしまいましたが、まずレジで袋詰めしてもらうときから大騒ぎでした。(^^;
オニヒイラギ・11月29日  持って帰るのも痛いこと、痛いこと。すごい攻撃力なので、これなら鬼も撃退!立派な魔よけになりそうです。(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

祝!開通

 バカみたいなオチでした。一昨日はLANの接続はできているのに「ユーザー名とパスワードが無効なため、このドメインにアクセスできません」とメッセージがでました。昨日は新しいIDとパスワードに変えても接続できません。その前に、ケーブルが抜けているのかとさわった人がいて、そのときにさしまちがえたようです。それがわかって無事開通です。(^^;
こぎこぎ それにしてもIDが変更になって1年半たっていたはずです。その間使えていて、どうして一昨日の午後に突然無効になったのか(謎)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 28, 2007

工事中

昨日からネットに接続できません。(^^;
携帯からプロバイダーにメールで連絡したところ、付加サービスを開始したので、去年の春に設定の変更をするよう、郵便で連絡してあるとの返事です。
とりあえず、うちに郵便物は届いてなくて、FAXで新しいIDを知らせてもらうことになりました。
以前から、まちがいFAXが大量に送られてくるので、感熱紙が切れたままになっていたのですけど、もう滅多に使うこともないかなと思ってそのままにしてました。
そんな時に限って急ぎて゛必要になるのですね。(^^;
新しいIDとパスワードが届きましたが、まだ何かが違うらしくて接続できません。(T_T)
〈続く〉

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 26, 2007

誕生秘話

カールのおじさん カールを見ると懐かしい気がします。これ1967年の発売なんですね。発売当時はチキンスープ味があったそうですが、覚えていません。
 「雪だるまのカールが入っているかも!?」、そのかわいい絵につられて、久しぶりに買いました。必ず入ってるのでしょうか、確かに1個ありました。おじさんと記念撮影です(笑)。このおじさんは、10年くらい前に買ったお菓子の詰め合わせの中に入っていて、ウチではまあまあ愛されています。(^^
 カールのサイトを見て、ちょっとびっくりしたことに、発売当時で70円もしたんですね(なつかCMの「おらが春篇」参照)。(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 24, 2007

パンズ・ラビリンス

Panslabyrinth_01 京都シネマのサイトから画像を拝借しました。この映画、予告で見たときから楽しみにしていたのですが、見逃してしまい、アンコール上映のおかげで見ることができました。
 「1944年スペイン、自由なき暗黒の時代。3つの試練を乗り越えるために、少女オフェリアは牧神(パン)の迷宮へと向かう。」―現実と非現実の間を行きつ戻りつしながらの、お姫様と妖精の登場するファンタジーです。迷宮に現われる恐ろしい魔物より、おぞましい人間の姿に打ちのめされます。ちょっと「千と千尋の神隠し」を連想したのは気のせいでしょうか?

| | Comments (0) | TrackBack (2)

HOT!!

プデチゲ 夕べは韓国料理のお店に食べに行きました。エスニック続きです(笑)。「プデチゲ(プデ=部隊、チゲ=鍋)」、朝鮮戦争後の経済困窮時に米軍から流出したハムやソーセージで鍋にしたのが始まりだそうですが、不思議な具材です。豚肉や野菜の他にお餅と最後に入れるインスタントラーメンの麺、魚肉ソーセージを鍋物に入れるなんて思いもしませんでした。焼いたチヂミ(お好み焼き)も入ってます。早く食べないと溶けちゃいます。(^^;
 市販のキムチ鍋の素みたいに酸っぱくなくてスープが美味しかったです。まるでタイ料理のトムヤンクンのように酸っぱいものもありますから。
マッコルリ 辛いお鍋にはちょっと甘いマッコルリ(にごり酒)が合います(笑)。変わった器ですが、これも徳利だそうです。 

 ↓のエステは、あれから、しつこく電話もかかってこなかったようなのでやれやれです。(^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 23, 2007

タダより高いものはない

 朝からムスメあてに速達が届き、聞いたことのない会社からです。何かと思えばエステの無料招待券です。
 なんだか少し前に当選通知のメールが来たとかで、そう言えば以前に"携帯電話会社"からの何かのアンケートに答えたことがあったからそれだと思ったそうです。
 ネットで検索してみると、確かにその会社はありますが、その下にあがってくる掲示板を見ると、「以前は違う名前だったところが名前だけ変えて営業している。施術までカウンセリングと言って1時間も関係のない話をしたり、とにかく50万円の契約書を書かせようと3時間帰してもらえなかった等々」です。当選なんかしなくても、そのエステ、15,000円のコースを1,000円のお試しキャンペーンまでしています。コースは選べると書かれていますが、実際には理由をつけてこのコースしかダメとも言われたそうです。かなり怪しい…。(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 22, 2007

やさしい光のファンタジー

ヤマモモのツリー ROHMのイルミネーションです。初日の今日は、あいにくの雨降りで、それほど人も多くありません。
ケヤキの並木 光の量が多くなったように思いました。電球の数が増えたそうですね。それに、今年は新しいイルミネーションが加わりました。
新作イルミネーション これなんですが、まるでUFOでも呼んでいるようです。(^^

七色に変化するイルミネーション

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 20, 2007

思いがけない出会い

 図書館でドキュメンタリー映画の「Little Birds リトルバーズ―イラク戦火の家族たち―」のDVDを見つけました。2005年の映画ですが、今、見ても遅すぎることはないと思います。
 上映期間の短いものは、初日に行くぐらいのつもりでないと、たいてい見そびれてしまっていて、今年もだいぶ見逃してしまいました。DVDが発売されるころには忘れてしまっていたり、レンタル店に入荷していても気づいてないと思います。
 図書館のDVDのコーナーは広くもなく、書架に残っているのもちょっぴりですが、その少ない中に思いがけない出会いが期待できます。でも、これって、きっと忘れたころにですね…。

 え~、それと、曇っていて、結局、今日もしし座流星群は見られませんでした。こちらは期待しすぎたかもしれません。(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 19, 2007

HOT!

 一気に寒くなり、府北部は雪だったそうです。
→「京都の山間部、一気に銀世界 南丹で積雪10センチ
(京都新聞電子版)

 夕べと言うか、今朝、しし座流星群にチャレンジしましたが、暗さに目が慣れた頃には寒くて我慢できず、星はそこそこ見えていたのに流星を見ることはできませんでした。(T_T)
暴君ハバネロ旨スープ 頑張れそうなら、これでも飲んで再チャレンジします。これも"ソフト"ドリンクなんですね(笑)。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

November 18, 2007

木枯らし1号

 夕べよく眠れなかったので、お昼過ぎからウトウトしながらそのままぐっすり眠ってしまいました。昨日と違って、今日はすっかり冬の空で近畿も木枯らし1号が吹いたとニュースで言ってました。私も早々と冬ごもりです。(^^;
 アボカドは常緑樹で、南国の木なのに寒さにも強く、ちょっと勢いがなくなったものの去年は外で冬越しできました。バオバブは落葉樹で、2本あるうちの1本はすっかり葉を落としてしまいました。幹で光合成をするので日に当てた方がいいらしく、まだ外に出していますが、冬越しをどうするか考え中です。

 今日はこれだけお昼寝すれば夜更かしできそうです。暖かくして「しし座流星群」を眺めることにします。しし座が東の空から顔を出すのは夜半過ぎなので、まだ時間もありますから、お願いごとを今から厳選しようと思います(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 17, 2007

街角ウォッチング

烏丸通・東本願寺前 今日は上着がいらないくらい暖かな一日でした。ここは、先月、ギンナンを拾いに来たところです。紅葉の見頃には、まだ少し早いですが、イチョウは今が一番美しいのでは。気候もまだ穏やかなので、人ごみを避けるなら今の方が観光に来られるにはいいかもしれません。

 今日は駅ビルでイベントがあり、それに併せ日没からの数時間、京都タワーを青色にライトアップされました。そんなに変わりない気もしますが、ご紹介まで。(^^
青色ライトアップ・京都タワー

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 15, 2007

脱ネットカフェ生活

 今日の朝日新聞の夕刊の一面に「脱ネットカフェ生活 都が月15万円 ―職業訓練中支給の方針 住居確保へ無利子融資」と言うみだしの記事があります。残念ながらashi.comでは見つからないのですが、同じ内容で中国新聞の記事がありました。
→「ネット難民に無利子融資 都が低所得者緊急対策」('07/11/8)
 職業訓練を受けたから、すぐに就職できるとは私は思ってないのですが、この制度、就労意欲があるかどうか審査があるそうです。それだけ前向きな人なら、良い結果が必ず出ると信じたいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 14, 2007

水に流すものは

紫いものモンブラン  ホテルのミニコンサートに行ってきました。普段あまり聴く機会の無い、ベートーベンとブラームスのトリオの曲を聴かせてもらいました。これはコンサートとセットになっているお茶とお菓子です。

 そのあとは、いつものタイ料理のお店です。上の2品は、かなりスパイシーで、パクチーの香りも強く好き嫌いの分かれそうな味です(辛)。カレー味の渡り蟹の炒め物が"箸休め"に感じました。(^^;
空芯菜の
ピリ辛炒め生カキと野菜の
タイ風サラダ渡り蟹のカレー炒め鶏入りあんかけご飯
 量的には、ムスメと二人ではちょっと多めでした(苦)。店内の4つあるモニターにミュージックステーション・タイ版のような番組が流れています(DVD)。曲がここでもクリスマスソングです。もう12月もすぐそこですね。なんだかせわしない。(^^;
※来週の水曜日がタイの灯篭流し祭り(ロイカトーン:ロイは流す、カトーンは蓮型の舟の意。バナナの舟にろうそくをともし、花を飾り、川に流し無事流れると願いが叶うとか。1年の罪や不幸を流し去ってくれると信じられているそう。)のお祝いに店内メニューが50%OFFだそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 13, 2007

Merry Green Christmas

Merry Green Christmas
Merry_Green_Christmas
今年の駅ビルのツリーです。クリスマスソングも流れています。
毎年見ていると代わり映えしませんが、寒いなか、たくさんの人が集まって来ています。
今年は大階段の方にもイルミネーションが加わりました。
毎年、この時期にツリーは早すぎるなと思いましたが、夜になって冷えてくると、そんなに違和感ありませんね。(^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ごめんなさい

工事中
 午後8時から明日の朝の10時までメンテナンスです。それまでに更新できるかわからないので、お知らせまで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 11, 2007

秋を探しに

 お天気は悪くなかったのですが、仕事も少しあるので、結局、●●●(ヒント:日本語でも英語でも3文字)には行きませんでした。じたばた紅葉情報、お届けできなくてすみません。次のお休みは、どこか出かけられるかなと思います。(画像を使いたかっただけで、あまり意味はありません)→
きょろきょろ 今週末は、おなじみの「しし座流星群」のピークでもあるようです。夜更かしするのもいいですね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

November 10, 2007

ふるさと

銀杏2007  10月に拾ってきた銀杏の試食です。簡単なので封筒に入れて電子レンジで加熱する方法にしました。10粒で500W/1分です。
 ポンポンとはぜる音がしてレンジから香ばしい香りがします。熱々を食べると、思っていたより甘いですね。懐かしいと言うより、銀杏って、こんな味だったんだと思いました。新鮮です(笑)。

午前中に買い物を済ませて、午後は京都賞の授賞式のインターネット中継を見ていました。京響の演奏があるそうだったので。
 式典はとどこおりなくすすんでいきます。途中、かわいい着物姿の子どもたちによる歌がありました。曲は「故郷」です。「志を はたして いつの日にか 帰らん 山は青き 故郷 水は清き 故郷」―少し前にもこの曲を聴く機会があったのですが、そう言う場面だったので、本当に感極まると言うふうに見えました。泣かせます。(^^;

| | Comments (2) | TrackBack (0)

November 09, 2007

私を●●●に連れてって

鈴懸けの径
 近所の公園のプラタナスです。いい感じの色合いになってきました。そろそろ、こちらの紅葉情報にも「色づく」の文字が並び始めています。ブラブラお出かけしたいところですが、残念ながら明日、明後日は曇り空のようですね。ウツ払いに行ってみたいところがありますが、笑われそうなので行くまではナイショです(笑)。

 それと報告です。白菜にくっついていたプクプクのアオムシは、今日サナギになりました。やっぱりモスラ~♪でしょうか、あまりかわいくないので画像は省略です。(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 08, 2007

4年目

祝!  今日でブログを始めて4年目に入りました。お祝いしたいところですが、さえない気分です(すみません)。
 かなり前に、今の私くらいの年齢の女性が、少々のことが起きてもびっくりもしない、だんだん「鈍」になっていくわ(笑)、と言われていたことを思い出します。
 鈍になったとは思わないですが、昔のことを何かの拍子に思い出すと、あー、あのときはこんなことが辛かったんだ…と、強くなった自分を確かめることになります。
てくてく  結局、歩き続けるしかないですね。(^^;

| | Comments (4) | TrackBack (0)

November 07, 2007

アオムシ日記 Ⅲ

 苦手な人、ごめんなさい。
 日曜日に農家の親戚からもらった白菜に、丸々と太った大きなアオムシがついてきました。 無農薬の証(?)です。
 野菜にくっついてきたアオムシで、ここまで大きなのは初めてです。もうサナギになる間近でしょうね。また蝶ではなくモスラ~♪ のような気がしますが。
アオムシ・11月7日 日中はTシャツ一枚でも大丈夫ですが、だいぶ涼しくなってきたので、昨日から朝晩にはその上にダウンベストを着たりしています。気のせいか、寒くなってくると、うちにアオムシがやってくるような。(^^;

 報告、遅れましたが、山椒にくっついていたアゲハは、結局、育たず、山椒の鉢に埋めました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 06, 2007

続・ゴーヤ実る?

ゴーヤ・11月6日  二つ目の雌花です。花が咲き始めて一ヶ月ほどになりますが、なぜか毎日咲くのは雄花ばかりです。今日は他にいくつか雄花も咲いているので、花粉をこちょこちょとつけておきました。今月いっぱいは日中が暖かいでしょうから、少しは育つかなと期待をしています。
ゴーヤ・11月6日  前に少しふくらみかけていた実は、結局、あれ以上大きくなりそうもありません。その横に三つめの雌花のツボミがついています。まだまだ頑張るゴーヤです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 05, 2007

柊
 柊に花が咲いていました。いつもは見過ごしているのか、花は初めて見ました。あとで調べると、いい香りがするのだそうです。急いでいたので香りまではわからなかったのですが、木犀科で金木犀なんかの仲間なのだとか。
 厄除けのためでしょうか玄関先に植えられているところをよく見ますけど、それプラス、こんなかわいい花まで咲くのなら、うちの"白い花コレクション"に加えたいですね。冬の木と書いて柊、雪のように白い小さな花にぴったりの名前です。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

November 04, 2007

きもの

 「着物あとさき」青木玉(新潮社)
 図書館の書架に並ぶ、趣味の好い着物で微笑まれている年配の女性の写真が表紙の本を手に取りました。
 「母を見送って十五年になる。」と言う書き出しで始まるこのエッセイ、着物がお好きだったお母様の思い出が綴られています。表紙の写真の姿そのままの、しっとりした文章が心地よく、拾い読みをしていくと、そのお母様とは作家の幸田文さんだと言うことがわかりました。
 私の母は幸田文さんが好きで、亡くなる間際まで本を手元においていましたが、私は母の心の中をのぞくような気がして、その本を読む気になれませんでした。
 エッセイの中の幸田文さんは作家ではなく、清々しく家事をこなされる素敵な女性です。昭和よりまだはるか遠くになった大正の女性の気持ちにふれてみたくなり、あわせて「きもの」幸田文(新潮文庫)を借りて帰りました。ここで逢ったのも何かのご縁ですから。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 03, 2007

ジャックと豆の木

頭からっぽペンギン  長いお休みをしてしまい、ごめんなさい。ハロウィンのカボチャのように頭が空っぽになって、ぼんやりと考えごとをしていました。→

 少し前の朝日新聞(10月23日付)の「ひと」と言う欄に「私設文庫活動34年、大学で児童文学を教える」と紹介されていた女性の言葉です。

最近、面白いだけの絵本が多いのが気がかりだ。「人生には思わぬことや苦難も多い。乗り越えて生きるためのメッセージを伝えるのが、児童文学なんです」

 そんなこと、もうすっかり忘れてしまっていましたが、一つ前のエントリーの「ジャックと豆の木」から、ジャックはどうして牛と豆粒を交換しようと思ったのだったか話していました。あとからリンクを追加しました青空文庫の「ジャックと豆の木」を読むと、魔法の豆だと言われたからなんですね。豆を見たお母さんは胸が潰れるほどに悲しかっただろうと思います。こんな息子の行く末を思って。
 そこからあとは、その豆が空を突き抜けるほどに育ち、ジャックは「たりない」どころか機転のきく子で、鬼の大男から宝物をうばうと言う本当に"おとぎ話"の世界ですが(笑)。これは子育てに悩む母親へのメッセージになりそうですね。(^^

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« October 2007 | Main | December 2007 »