« 嵯峨野さやさや | Main | 街路樹マップ »

September 23, 2007

りんご伝説

 もう10年近く前でしょうか、出張で青森に行った人のみやげ話に、「さすが青森は駅前の街路樹がリンゴの木なんです!」と言うのがありました。その日は、どんよりとした曇り空だったそうなのですが、駅前に咲くリンゴの白い花だけが浮き上がって見え、どこか現実離れをしたところに降り立ったような気分になったと聞きました。まだ、みんなリンゴの花も見たことがなく、想像の世界で話はふくらみます。リンゴの木なら実ができるはず、秋になると木によじ登って、その実を採る人がいるんじゃないかとか(笑)。

 もう、ほとんど都市伝説のような話になっていたのを今頃思い出し、少し調べてみました。街路樹に使われるリンゴの木は観賞用の品種があるみたいですね。納得です。(^^;
クラブアップル? その画像を見ると、お盆に北海道へ行ったときに見た、この木がそうだったようです。リンゴのようにも見えるけれど、実の先っぽがへこんでいないし、もう実が生ってだいぶたってそうだし、リンゴにしては早すぎる?…と思って写真だけ撮ってありました。

《追記:青森ではなく、北海道の北斗市に、ヒメリンゴの街路樹があるそうです。
→「ひめりんごを北斗市の特産物に!」》

 この木は富良野のラベンダー農園にありました。まわりはこんな感じです。
ファーム富田・ラベンダー畑ファーム富田・花畑
 農園のサイトにあるような、盛りの時期のラベンダー畑や、リンゴの並木道もいつか見てみたいですね。(^^

 せっかく撮って使ってなかったので、北海道旅行、最後の一枚は、美瑛の「セブンスターの木」です。この姿がタバコのパッケージに使われたと言う、広大な畑に立つカシワの木です。
セブンスターの木

|

« 嵯峨野さやさや | Main | 街路樹マップ »

旅行・地域」カテゴリの記事

街路樹マップ」カテゴリの記事

Comments

北海道で見られるハナリンゴといったら、エゾノコリンゴ<蝦夷の小林檎>(学名:Malus baccata var.mandshurica)が代表ではないでしょうか?その他に考えられるものとして、ズミ(学名:Malus sieboldii)とヒメリンゴ(学名:Malus prunifolia)などが思い浮かびますが・・・。 このハナリンゴは何かしら??

Posted by: ジョジョ | May 02, 2009 at 20:54

ジョジョさん、初めまして。

ヒメリンゴみたいですね。↑はファーム富田で撮った写真です。
http://www.kagiken.co.jp/new/kojimachi/hana-hime-ringo_large.html

うちにも鉢植えで「アルプス乙女」があります。年に2~3個くらいしか実をつけさせたことがないのですが、味は甘酸っぱくて美味しいです。

去年、ヒメリンゴの街路樹があるというので、横浜の中華街にも行きました。

http://winter-cosmos.cocolog-nifty.com/first/2008/04/post_8ce5.html

Posted by: winter-cosmos | May 02, 2009 at 21:38

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62944/16541607

Listed below are links to weblogs that reference りんご伝説:

« 嵯峨野さやさや | Main | 街路樹マップ »