« July 2007 | Main | September 2007 »

August 30, 2007

秋の散歩道

 昨日の京都新聞の記事です。
同大シンボル、シックに再生  クラーク記念館 建設当初の姿に
 クラークと言って思い出すのは、北大のクラーク博士ですが、全く別の方です。修理中のクラーク記念館が近々お目見えとのことです。同大今出川キャンパスには他にも重要文化財の建物がいくつもありますし、秋の京都のいい散策コースですね。

龍大大宮キャンパス  あと、大学なら龍大大宮キャンパスがおススメです。この辺りには明治から昭和の初期の建物が点在していますから、ぶらぶら歩かれても思わぬ発見があると思います。→京都駅周辺(京都市観光文化情報システム)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 28, 2007

赤い月

8月28日21時の月
 9時ちょうどくらいのお月様です。こちらは今日は雨の予報でしたが、はずれましたね(笑)。夕方、西の方は明るい空がのぞいていました。残念ながら曇っていたので、欠けていく様子は見ることができませんでしたが。

あいにくのお天気で見られなかった方はこちらでどうぞ
→国立天文台「皆既月食どんな色?」

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 26, 2007

わが京都

 今日は久しぶりに京都コンサートホールに行きました。アマチュア合唱の演奏会ですが、フルオーケストラで、混声150人、少年合唱200人のフィンランディアと京都市歌は圧巻で、もう滅多に聞く機会はないかなと思っています。

 京都市歌は何かのイベントのときに演奏されたり、たまに広報車が流しながら走っていることがありますが、市民のうちどれだけの人がその存在を知っているか謎ですね。聞いたことがないと言う人に、歌ってあげるとひどくうけたことがありました(笑)。

わが京都~♪  よろしければご鑑賞ください。→こちら
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 25, 2007

瓜二つ

 旅行に行く前に、サラダにしたゴーヤの種の中でふっくらしたものがいくつかあったので、プランターに蒔いておきました。それが鉢の整理をして古い土に石灰を混ぜたところだったのですが。

ゴーヤ・8月20日  花言葉は「強壮」だけに、さすがです。猛暑の中、帰ってきたら芽を出していました。
ゴーヤ・8月25日 今日で七つ芽が出ています(隅っこのちっちゃいフタバはムラサキハナナです)。すくすく育って、もうこんなに大きくなりました。この分だと今年も10月頃までは暑いでしょうから、花が咲くところくらいは見られるかもしれませんね(10月19日の誕生花です)。

メロン・8月25日① メロンも元気にしています。 この子、困ったことに支柱を立てても、ヒモを張ってもツルを絡めてくれません。仕方ないので手で巻きつけました。
メロン・8月25日② エアコンの室外機が好きみたいです。絡んだツルを何度はずしてもこちらに来ます。(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 24, 2007

西の国から⑥

 すみません、旅行の記事はこれで最後です。(^^;道庁
時計台 おなじみの道庁旧庁舎と時計台です。私もムスメも札幌は2回目なので、この辺りは観たことがあったのですが、お天気もいいことなのでホテルをチェックアウトしたあとは、街歩きすることにしました。目的地はここからさらに15分ほど歩いたところです。

旧永山武四郎邸・洋館旧永山武四郎邸、北海道の有形文化財です。→地図と解説

 こちらも5号館のつぶやきさんからいただいた情報です。上手に全体の写真を撮られていますので。→こちら
 洋館部分から見学に入るようになっていましたが、もともとの邸宅は裏側のこちら↓になります。
 明治10年の建築で、洋館部分はあとから建てられたものだそうです。神戸の北野の異人館が明治の後期の建築ですから、当時にすれば本当に珍しいつくりだったのでしょうね。
旧永山武四郎邸
洋間・和室の続き間 奥の座敷は洋間と続き間になっていて、天井が高目に作られているように思いました。鴨居の高さも普通の日本家屋なら5尺7寸(約1m73cm)ですが、それよりはかなり高めでした。
洋間・窓洋間・照明洋間・天井洋間・ドア 窓枠やドアも厚みのあるつくりです。照明のフロストガラスのシェードや天井のレリーフもかわいいです。
2階・ホール2階和室・水屋
1階和室横・流し  2階の和室に水道の蛇口があります。これは水屋として使われていたのでしょうか?1階の廊下にも流しらしきところには銅板(だと思います)が張ってありました。ちょっと珍しく感じたので。
1階廊下・スイッチ1階座敷・床の間1階廊下・垂木1階・電話室 床の間を知らない子がいると以前聞きました。今の子どもたちが見ると何もかも不思議に感じそうですね。うちのムスメもここに来るまで、ちょっと暑かったので歩き疲れたのか、初めは不服そうでしたが、中に入ってみてかなり喜んでいました(笑)。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 23, 2007

西の国から⑤

北大・正門  北海道大学です。ホテルのサービスで朝の北大構内散策と言うのがあり、フロントの方のお話を聞きながらぞろぞろと歩きます。ここは昭和の初め、天皇御来道の折に築造された正門だそうです。もとの正門は別の場所に移築されていました。
 「御来道」?初めて聞く言葉に素朴な疑問です。京都府の道路なら府道ですが、北海道の道路なら「道道」になるのでしょうか?

北大・古河記念講堂 明治42年にフランスルネサンス様式 で建てられた古河記念講堂です。

北大・ウイリアム・クラーク胸像 北大の前身札幌農学校初代教頭クラーク博士、台座に「Boys Be Ambitious」と書かれているのは見えますでしょうか?
北大・唐楓 ホテルの方に、胸像の横に植えられているこの木はトウカエデと教えてもらいました。唐カエデ、糖カエデ?どちらでしょう…。

北大・ポプラ並木 見た瞬間本当に驚きました。こちらの街路樹で見かけるポプラのイメージと全く違います。クリックして大きくして見てください。奥の方に人が歩いています。びっくりするほど大きな木の並木道です。↑バナーに使った「ケンとメリーの木」(昔、車のCMで使われてからそう呼ばれているそうです)も大きなポプラの木ですが、迫力が違います。
北大・オオハンゴンソウ この花、オオハンゴンソウ(帰ってきてから調べました)は道内のあちらこちらで見かけましたが、だいたい腰くらいの高さでした。ポプラ並木の横の花木園のこの花は2mくらいありそうです。
 この場所には、以前自生していたクロユリを育てられていると聞きましたが、花時は5月頃のようです。残念ながら見ることはできませんでした。
北大・新渡戸稲造像 その花木園のところにあった新渡戸稲造像です。ニッコリとお札よりいいお顔です。

北大・大野池 一日目に来たときは、中央の広い通りをまっすぐに通り抜けて行ったので、その通りに面したものしか見ていませんでした。この池あたりがキャンパスのほぼ中央くらいでしょうか。睡蓮がちょうど見頃です。
北大・大野池の鴨 この池で暮らす鴨たちは、人が居ても全く気にする様子はありません。朝のおめかしに余念がないようです。水に映った姿を見るまなざし(?)は真剣そのものです。(^^

北大・銀杏並木 樹齢60年を越すイチョウの並木は400mあるそうです。黄色く色づいた頃も見てみたいですが、青々とした葉に木漏れ日も美しいです。
北大・柳 並木ではないですが、中央の道路でたくさん見かけました。たぶん柳の木ですね。これもやっぱり信じられない大きさでした。(^^;

札幌農学校とクラークくん8190523 千歳空港から札幌に向かう電車の座席に観光案内が立ててあり、それにこのミルククッキー(美味しいです♪)の売り上げの一部が北大の緑化に使われると書いてありました。一日目の夕方に来たときは生協(空港でも売ってました)が開いていたので、"クラークくん"のキーホルダーといっしょに買いました。せっかくですからキーホルダーはムスコへのオミヤゲです。「志」を持ち続けてもらえるとうれしいですね。(^^
北大・5号館 ポプラ並木を見にいったときに見つけました。5号館のつぶやきさん、いつもご紹介いただいているキャンパスを実際に見ることができて感激です。ありがとうございました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

西の国から④

マンホールのふた  街で見かけたもの―ご当地マンホール。凝ったデザインです♪

絶滅危惧種・エゾヒグマ  鮭と言えば熊です(笑)これは札幌駅ビルの展望室に行く途中の通路にありました。
 下半分の模様のように見えているところには硬貨が入っています。上の金属のプレートの所から募金を入れられるようになっています。
札幌駅ビル 他にアザラシとフクロウ、オオカミの形のものがあり、「彼らのために少しのお金をいれてください」と一枚一枚に書かれています。
 オオカミ(絶滅)以外は絶滅危惧種です。オオカミのところに「集められたお金は野生動物の保護に使われます。これまでに集まったお金2、469、605円」と書かれていました。(財)北海道新聞野生生物基金に寄付されるそうです。
 アザラシが一番少なそうだったので、ちょっぴりですが入れさせてもらいました。まっすぐ下に落ちるのに、後ろのヒレのところのお金がどうやって入ったのか気になります。見かけられた方、是非試してみてください。(^^

| | TrackBack (0)

August 22, 2007

西の国から③

イレブンケーキズ・チェリーメリー
スリーベリーと蜜リンゴのパフェ NEW YORK・シーフードスペシャル 一日目、北大近くのケーキ屋さんのパフェと行列のできるカレー屋さんのスープカレーです。
 ここはケーキと同じ上質の材料で作ったパフェが美味しいお店とのことです。学生さん御用達と言う雰囲気のこじんまりとした店内は、確かにどのテーブルの上にもパフェがならんでいました。
 カレー屋さんは、お店の前で何組もの人たちが待たれていました。席につくのに30分、お料理が出てくるのに30分くらい待ったと思います。スープの種類と辛さ、中の具を選んでオーダーします。これはNEW YORKと言うネーミングのスープでバターの香りがするまろやかな味です。辛さは下から2番目、具材はシーフードと素揚げにした野菜がどっさり入っています。お持ち帰り用のプリンも買ってホテルで食べましたが、柔らかめでほどよい甘さでした。

 二日目の動物園は食事のできる施設があまりないので、何か買って行った方がいいですよと、旅行社の方が言われていたのでホテルのパンを買って行きました。向こうで買ったのは「しろくまシュー(クリーム)」とペットボトルのお茶です。普通の「生茶」なんですが、ラベルが旭山動物園の柄でした。(^^
 市内に戻ってきての夕ご飯は"ウニ丼の美味しいお店"と決めていました。この日は日中雨がパラパラ降っていましたが、動物園にいる間は晴れていてちょっと暑かったです。それが夜になると冷えてきて(気温19度でした)、地図を片手に歩いて、お店を見つけることができたときは本当にホッとしました。それなのに満席で、もう他のお店を探す気にもなれなく、しばらく外で(ビルの中です)待たせてもらうことにしました。
 目立たないビルの地下の、こだわりのお店でしょうか。おまかせのコース(二人で9800円+α)は歯ざわりの良いモズク酢と煮タコ、毛ガニ、ふかふかに焼けたホッケ(片身)、十勝牛のステーキ(二人で一つ)にウニ丼のミニでした。ミニ丼と言っても、こだわりのウニがぎっしりのっています。量的には女性やお酒を飲む人ならこれで十分です(幸)。

サッポロファクトリー  三日目はチェックアウト前に、もう一度北大の散策に行き、そのあとは北大の植物園、道庁、時計台を眺め、旧永山武四郎邸の見学と朝からテクテク歩きました。
 お昼前にはサッポロファクトリーと言う「日本人の手による初めてのビール工場」跡地を利用した複合施設に入りました。この中はビアホールになっていて、メニューに不思議なビールがあるの見つけ、お昼間ですが喉も渇いていたので注文してしまいました。
ハスカップビール  ピンク色のビールの原料はハスカップだそうです。ビールと言うよりラズベリーのサイダーのような味でした。でも、ビールなんですね。(^^?
 三日間でちょっと太ったような気がします。美味しかったからいいのですけどね…。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 21, 2007

西の国から②

旭山動物園・ペンギン1旭山動物園・ペンギン2旭山動物園・ペンギン3旭山動物園・ペンギン4
 やっぱり北海道は寒かった涼しかったです。京都では今や日中の気温が35度で、今日は過ごしやすい、なんて言葉が出るようになりました。(_ _)
旭山動物園・カピバラ もう気分はこんな感じです。(^^;
旭山動物園・ホッキョクグマ旭山動物園・ライオン旭山動物園・クジャク旭山動物園・ユキヒョウ

 暑くてもスターはそんなそぶりを見せちゃ駄目?しっかりカメラ目線です。
 旭山動物園・ヒグマのとん子旭山動物園・ニシキヘビ
 美人(?)のこの子の決めのポーズは…。
旭山動物園・ヒョウ旭山動物園・ヒョウ
 イナバウアー。
旭山動物園・ヒョウ

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 20, 2007

西の国から①

 朝からビックリするようなニュースを見て、ヒヤッとしなくもないですね。(^^;
 昨日は夕方の空模様がよくなかったのでしょうか?関空6時着の便でしたが、「客室乗務員はすみやかに着席するように」と機長からアナウンスが入るくらい、着陸までの30分ほどの間かなり揺れていました。
 関空のスタバで一休みしたあと関空快速のホームで、神戸の方で落雷のため信号機の故障があり、新幹線が遅れていると聞きました。大阪駅で新快速に乗り換えるときもまだ遅れ気味でした。
 その帰りの飛行機は、ここしか残ってないからと座席番号が1番でした。それが国際線用の機体だったのででビジネスクラスの席です(テレビは残念ながら使えませんでしたが)。
 札幌で泊まったホテルも、普通のツインは部屋の掃除ができていないからと言って、チェックインのときに上のランクの部屋に変えてもらったりとラッキーつづきだったのですが。
京王プラザ札幌・17階から すみません、写真が傾いていますね。眼下に広がるのは北大キャンパスです。JRの線路をはさんでお向かいになる位置で、歩いて5分くらいの距離でした。
 ここは二日目に乗った旭山動物園に行くバスの、乗り場になっている何箇所かのホテルの中で、一番静かそうな場所だったので決めました。

 京都は条例で高い建物が建てられないので、駅ビルのホテルグランヴィアが15階建、一番背の高い京都ホテルオークラが17階建です。今年成立した新景観条例では、中心市街地の高さ制限は最高45メートルから31メートルに改められました。もうこれ以上高い建物が建つことはありません。
 札幌駅ビル38階の展望室から見た札幌の夜景は360度素晴らしい眺めでした。ヒーリングミュージックも流れていて宇宙空間と言う雰囲気でしたね。(^^JR TOWER Observatory T38

| | Comments (4) | TrackBack (0)

August 19, 2007

北の国から⑥

北の国から⑥
三日間よく食べました(笑)。
シメは新千歳空港のメロンソフトです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 18, 2007

北の国から⑤

北の国から⑤
札幌駅ビル38階の展望台です。さえぎるものがないので、どこまでも続く夜景は星空のようです。
携帯では撮りきれないのが残念です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

北の国から④

北の国から④
北の国から④
ラベンダー農場です。花どきを過ぎているようなので、咲いているのはわずかです。
よく似た姿の紫のサルビアが代わりに雰囲気をだしています。
ラベンダーのソフトクリームは香りもくどくなくて美味しかったです。(^^

| | Comments (2) | TrackBack (0)

北の国から③

北の国から③
北の国から③
旭山動物園のペンギンです。アザラシとペンギンは動物園のスターだけあって人がいても堂々としています。
残念ながらシロクマのダイビンクは見られませんでした。午後から陽射しが強くなってきていましたが、それでも過ごしやすくお昼寝にちょうど良い気候なのでしょう。(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 17, 2007

北の国から②

北の国から②北の国から②
すっきりしないお天気なので、遠出はせずにH大におじゃましました。
自然がいっぱいの広いキャンパス内の池で暮らす鴨の親子たちは、とても人に慣れています。(^^

| | Comments (2) | TrackBack (0)

北の国から①

北の国から①
↑これは伊丹空港です。新千歳空港は雨、気温は17度。北海道も猛暑じゃなかったんですか?
半袖の洋服しか持って来てないのですけど。(^^;

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 16, 2007

送り火

大文字の送り火 大文字の送り火です。北に向かって山が見渡せる場所なので、ここなら五山全部が見えるのではと思って来てみました。
 残念ながら炎があがる様子はよくわかるのですけど、横からになるようで、「大」ではなく「ノ」に見えます。他の鳥居や舟形、妙法を見るにも低すぎたようです。くっきり炎が見える場所だとどれかしか見ることができないし、たくさん見える場所だとちっちゃくしか見えません。
 ここはちょっと外れた場所なので、来られているのはご近所の方か、たまたま車で通りかかったからと言う感じの方くらいでのんびりと見ることができました。大きな橋の上なので、風もあり涼しかったです。
 これで暑~い夏の終わりとなるでしょうか(祈)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

手紙

「手紙」東野圭吾  映画「手紙」の原作本です。
「手紙」東野圭吾(文春文庫)

 「私の作品はしばしば映像化されますがこの小説に関してはそんな話はないだろうと思ってました」と東野氏は言われています。
 お話の進行はほとんどいっしょです。映画では主人公の直貴はお笑い芸人として夢をつかもうとしますが、原作ではミュージシャンでした。お笑い芸人の方が、今の若い世代の人にとっては、より身近に感じられ夢でもあるのかなと思います。
 大きく違うのは兄の剛志が老婦人を殺めてしまう場面です。映画では現金だけ持って逃げようとするところを目撃され、お金は返すから許してほしいと懇願します。それが不審者の侵入に気が動転した婦人は、手元にあったハサミを振り回し、もみあったはずみで刺さってしまいます。剛志に殺意はありませんでした。
 原作では婦人が警察に通報するのを阻止するため、押さえ込んで持参した工具を彼女の喉に全身の力を込め突き刺します。
 映画を観ていると、剛志と直貴の兄弟は、不運の連続の末に今の生活があるように思えてきます。でも原作では剛志にも直貴にも意志があります。これは、二通りに描き分けられた別の物語ではないのでしょうか?
 「罪を犯すとはどういうことか、刑罰とは何なのか、真の更正とは」がこの小説のテーマだとすると、映画では兄弟の不幸な身の上に感情移入してしまい焦点がぶれてしまうように思うのですが。どうなのでしょう。(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 14, 2007

真夏の夜の夢?

オシロイバナ・8月14日  この間植えたオシロイバナの芽がでました。道端に旺盛に咲いている頃にしか見ることがないので、種から育てるのは新鮮です。
 別名「夕化粧」、午後から咲き出すのでついた名前ですが、夏のお昼間に咲いているので、私はもう少し健康的なイメージがありますね。(^^

月下美人・8月14日 こちらは本当に夜に咲く美人です。昨日の帰りにホームセンターで見つけた月下美人の苗です。もう少しで咲きそうなツボミは何度か見たことがありますが、咲いたところは見たことがないので、かなり楽しみです♪真っ白な大輪の花からは、とてもいい香りがするそうですね。
 サボテンみたいな葉なので(サボテン科)、この酷暑にも耐えてくれるかと思って買いましたが、説明書きをよく読むと、直射日光は避け長雨にも当てず、冬の寒さにも弱くデリケートなようです。もうお盆なので、この暑さもしばらくの辛抱でしょうけど。(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 13, 2007

自転車に乗って

蓮
 毎年見に行っている、サイクリングロード沿いの蓮(たぶんレンコン)畑です。桂川にかかる外環状線の高架橋の側道に面しているので、あまり知られてないのではないでしょうか。
 川沿いとは言え、サイクリングロードも道路からの照り返しで本当に暑くて温風が吹いているようでした。高架橋の下の歩行者・自転車専用道が、日陰で風があり涼しいですから、ここでいつも休憩します。
蓮畑 今年は免許の更新のついでにと思っていたので今頃になり、もう実の方が花より多い感じですが、かなり広いのでまだ奥の方にいっぱい咲いていますし、足を運ぶ価値はあります。(^^

 で、その免許証なんですが、「普通免許」から「中型免許」に変わっていました。「免許の条件等:中型車は中型車に限る」って何か変です(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 12, 2007

Pursuit of Happiness

 誕生日クーポンがあったので、「幸せのちから」、「ホリディ」、「手紙」、「ナイトミュージアム」、「麦の穂をゆらす風」の5本をレンタルしてきました。他にアート系のもので、見たかったものが何本もあったのですが、軽く見られるものがいいなと思い選んだつもりでした。(^^;

 「幸せのちから」は、だいぶ前にしていた織田裕二のドラマの「お金がない」を思い出させる話でした。この映画は実話の原作本があるので、ドラマの方はこの話がモデルになっていたのでしょうか?
 主演のウイル・スミスを初めて見たのは「メン・イン・ブラック」でした。缶コーヒーのCMでおなじみのトミー・リー・ジョーンズとの共演のものです。ムスメと「タイタニック」を観るつもりで出かけたら時間が合わなくて、たまたま近くの映画館でしていたから内容は何も知らずに観ました。それが本当に面白くて、そのときのギャグは未だわが家で健在です(笑)。とにかくウイル・スミスが走る走る走る。そしてこの「幸せのちから」でも、彼はひたすら走ります。
 息子役で出演している、ウイル・スミスの実子のジェイデン・クリストファー・サイア・スミスも健気でかわいくて、ほろっとさせます。現実はこんなものじゃないとか言わずに、前向きな生き方のお手本と思っていいかもしれない。原題の「THE PURSUIT OF HAPPYNESS」の方がしっくりきますね。(^^
 「ホリディ」は女性を元気にしてくれる映画かな?キャメロン・ディアスとケイト・ウィンスレットみたいな美人でも、あんなに切ない思いをして、自分を叱咤激励しているのだと思うと(笑)。とは言っても仕事にも恵まれ、待っていたみたいに素敵な男性が目の前に現れるところはやっぱりお話の世界ですね。でも、この行動力があるから、これだけの結果が待っているのかも。(^^
 「手紙」は殺人犯の青年とその弟の物語ですが、私は身内を奪われた人のやり場のない気持ちが、うまく昇華させられるところが救いのように思いました。原作はもう少し深い内容なのでしょうね、そうでないとちょっと困るかな…読んでみたいですね。
 「麦の穂をゆらす風」は、予習をして観た方がいいです。サイトに《「麦の穂」を観る前に》と言うところがありますので。あと「ナイトミュージアム」はまあまあでしょうか…。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

August 10, 2007

夏扇

 そう、もうすぐ誕生日です。
 歳をとるのは切ないけれど、今年はムスメが、いいプレゼントをくれました。宮脇賣扇庵・シフォン扇
 いっしょに映画を観に行ったときに、のぞいたお店のものです。もう少しお手軽価格のものもありますが、つくりもしっかりしているし、房飾りも綺麗でこれがいいねと、そのときに話していたのを覚えていて、ちょっと奮発してくれたのだそうです。二十歳になったのだからと。(^^
2007_08090029_22007_08090047

| | Comments (6) | TrackBack (0)

どうぶつえんNEWS

 名神で大変な事故があり、南インターから向こうが通行止めになっているようです。その影響で市内の道路も大渋滞です。事故があったのは、朝の7時だそうですが、夜になっても渋滞は続いています。
 おかげさまで私はお盆休みに入りました。今年はこの期間に、免許の切り替えに行かないといけません。最近本当に自転車ばかりで、車は「盆と正月」くらいしか乗らないからか今回もゴールド免許です。それを済ませたら、楽しみにしていた"北の動物園"へ行きます。

 これもちょっと遊べるブログパーツです。→
「リンゴ、手、バケツの3つのマークのどれかをクリックすると、ブログ上に猿が登場します。リンゴはエサをあげる、手はなでる、バケツはそうじをします。猿にエサをあげたり、やさしくなでてみましょう。猿はいろいろな動きを見せてくれるはずです。しばらく遊んでいると、猿はエサの食べかすを落としたり、画面を汚してしまうので、きれいにそうじしてあげましょう。」だそうです。リンゴには反応しますが、なでても知らん振りされるような…。(^^;

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 08, 2007

眠り猫

ねむりねこ
 陶器まつり2日目です。通りの南北の歩道、それぞれ両側に(全部で4列)露店は出ているので、昨日見落としたお店もありますし、気分が変わって昨日とまた印象のちがうものあり、二回目なのに何故か新鮮でした。
 ちょっと0の数が多いものを置いている露店も見つけて、目の保養をさせてもらいつつ、結局、買ったのはこのガラス玉一つです。サンドブラストで丸くなって眠っている猫が彫ってあります。シャボン玉の中で眠っているみたいです。(^^
 他にグラスに猫が彫ってあるものもいくつかありましたが、食器より楽しいものが欲しかったので。
 加工できるくらいの強さがあるのだから、そんなに簡単に割れたりはしないでしょうけど、気を抜いた瞬間にどこかに当ててパリンと割っちゃうんじゃないかと、身体でかばいながらの緊張した帰り道でした。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 07, 2007

大集合!

陶器まつり これだと何の写真を撮ってきたのかわかりませんね。五条坂の「陶器まつり」です。
 夕方にカミナリが鳴って通り雨があったので、人出は少なめでしょうか。のんびりと二時間くらいかけてのぞいてまわりました。
 去年も同じことを書いたと思いますが、五条通の鴨川近くから東山通りまでの1キロくらいの区間の両側に陶器やその他いろいろの露店が出ます。もともと、この辺りは陶器のお店が並ぶところなので、それなりのお値段のものから、100円くらいで買えるものまで一同に見ることができます。やっぱりおすすめは、若手の作家さんが出されているお店でしょうか。
 今年はアロマランプを見るのが目的でしたが、その作家さんによると、もうブームが過ぎているから少ないかな…とのことでした。アロマランプに使えるものでは「茶香炉」(お茶の葉を温めて、その香りを楽しみます)を置いているところが何軒かありました。でも、純和風のもので、うちには似合わなさそうな。結局、今日は収穫なしです。予定していなかったものに、ちょっといいなと思うものがあったので、明日になっても気が変わらなかったら、もう一度買いに行こうと思います。(^^

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 06, 2007

 仕事で読んでいた原稿の、英数文字の並ぶ中に何故か「栄」の文字が。???これってもしかして…と試しに「エイ」と打って(私はIMEを使っています)変換して候補一覧を出してみると後の方に「A」があります。「A」の変換ミスでした。
 ローマ字入力を使っていて、アルファベットをこんな方法で打っている人がいるのに、ちょっと驚きでした。特殊文字は読みで入れた方が便利だと思いますけどね。(^^;

 いつもはOFFにしてありますが、「顔文字入力」の「顔」って結構たくさん種類があるのですね。
 「おちゃ」で (^^) _旦~~ とか ( ^^) _U~~ 何て入力している途中に出てきたら、ちょっと和みます(笑)。何?
 「ばるたん」 (V)o¥o(V) これなんかどんな時に使うのでしょう?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 05, 2007

ヒートアイランド

オシロイバナ  朝、起きるとテーブルの上にこれがありました。???何かと思えばオシロイバナの種です。
 ムスメのオミヤゲです。いつも学校からランニングに行く河原に生えていたものにできていたのだそうです。つぶしてみたいのを我慢して蒔いてみます。今からだと、まだ秋までに花を咲かせることができるかもしれません。ベランダにタダ(0円)のものが多くなってきました。(^^

ハネーデューメロン・8月5日 いつかのメロンも元気です。さすがメキシコ原産だけあって室外機の前で、これだけ日中暑くなっていてもしおれたところを見たことがありません。この町の気候が、結構お気に召したのかもしれませんね。これだと花が咲くところも見られそうです。
 メロン(マスクメロン)にも花言葉があるようで「飽食」だそうですが、これだと何でしょうね?一個500円もしないメロンだから、もっと庶民的な言葉があてはまりそうです。
Mx_temperature_01_2  これは、ちょっとびっくりですけど、この時期、メキシコシティより東京の方が気温が高いのですね。
※こちらのサイトから、グラフはお借りしました。→地球の歩き方

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 04, 2007

児童書愛して30年

 いつも読ませていただいている「えるふ通信」の会留府さんのことが新聞にとりあげられているそうなので、さっそく読ませていただきました。

児童書愛して30年 専門店「会留府」 》(asahi.com 2007年08月03日)
 記事中に紹介されています「祝う会」は「えるふ通信」にも紹介されています。→谷川俊太郎+林光 詩と音楽の会
 お近くの方は新聞をご覧になってご存知でしょうけど、こちらの方が詳しく書かれていますので。

 私が一番行きやすい場所にあった、駅前の大型書店のA屋が今年の初めに閉店してしまって、あれこれ眺めながら本を買う機会が少なくなってしまったのですけど、そこは子どもにも座って本を読めるスペースがつくってありました。
 図書館については京都市は本当に恵まれた環境です(市立だけで20箇所、あと府立と公共のホールに図書室のあるところがあります)。そんな本が自由に読める場所に行くと、会留府さんが言われるように子どもたちが読書嫌いになったとは決して思いません。みんな夢中になって読んでますから。
 母も本好きで、私が子どもの頃は小さな本屋をしていました。お使いができるような歳になれば配達もしましたし、手伝えることは何でもしてきましたが、商売として成り立たなくなり、ウチの場合は私が大人になるまでに閉めてしまいました。経済的にはずっと大変でしたが、店番をしながら好きなだけ本の読める環境だったことは何より幸せでしたね。(^^ゞ

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 03, 2007

北の国から予告編

 ばたばたと週末になり、あと一週間でお盆休みになります。少し長めのお休みになることがわかったので、その間に旅行に行くことにしました。行き先は、2年くらい前から言っていた動物園です。
 8月に入ってから旅行社に行ったので、その最寄の空港は便数が少なくとれませんでした。それで時計台のある町に宿泊し、周遊のバスに乗っていくことにしました。
ペンギン空を飛ぶ  もう来年になるとムスメとお休みが合うこともなくなりそうなので、私にしては思い切りました(笑)。
 お天気にめぐまれるといいのですが、最近天災続きなので、まず地震も何もないことを、お星様にお願いしておきます。↓

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 02, 2007

見上~げてごらん♪

台風通過?  今週は早かったです。考え事をしている間に2日たってしまったみたいな。(^^;
 日記なのでいつも些細なことを書いていますが、なんだかモヤモヤしています。半分は真面目なこと、半分はどうでもいいことでしょうか(笑)。とにかく更新してカレンダーを8月にします。

 せっかくですから8月のお星様のニュースでも。
▽8月12日~13日「ペルセウス座流星群」月明かりのない好条件なら、1時間あたり約50個の流星を見ることができるかも。
▽8月28日「皆既月食」月の出のころ、満月が欠けたまま東の地平線から昇ってきて、全国で見られるそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« July 2007 | Main | September 2007 »