« May 2007 | Main | July 2007 »

June 29, 2007

そっと覗いて みてごらん

 早々と、笹が飾ってあるうちがあります。来週の七夕はお天気だと良いのですが、今日も帰りには夕日が顔をのぞかせていたのに、また強い雨が降ったりしています。

 七夕は雨降りが多いみたいですね。このタイトル↓ちょっと気になります。
AstroArts>七夕>【特集】なぜ梅雨どきに七夕祭り? >もっと知りたい方のために>「150のQ&Aで解き明かす 宇宙のなぞ研究室」>Q.004 なぜ七夕の日は雨が多い?

 来週のライブアースは、結局、チケットを申し込みませんでした。(もちろん、もう売り切れています)。野外で「雨具持参」に悩んでしまいました。あかんたれです。(^^;
 うちは見られないのですが、BSハイビジョンで放送があるようなので、そのうち何か別の形で見られるかなと思っています。何にしても七夕の土曜日ですから楽しい過ごし方ができるようにしたいです。

メダカの学校 子メダカたち、落ち着きました。昨日までは、少しでも影が横切っただけで大慌てでしたが。
 以前、ご近所で、軒先の大きなガラスの水槽に水草をジャングルのように茂らして、メダカをいっぱい飼ってらっしゃるお宅がありました。メダカは流れに向かって泳いでいるイメージがありますが、本当はあまり流れのないところに住んでいるのだそうです。もともとはのんきものなのかもしれません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 27, 2007

二十二の瞳

お姉さんメダカ
 新居(睡蓮鉢)です。ちょっと遠くのホームセンターで見つけました。去年の残りで商品としては出してなかったのですが、手ごろな大きさと色あいが気に入ったのでお願いしてわけてもらいました。10匹の子メダカ
 そしてメダカも。10匹150円で、今日の"お買い得商品"だったみたいでいっぱいいました。(^^;
 先に買ったものより、みんなひとまわり小さく、大きいメスが先生でメダカの学校のようです。今度こそうまく育ってくれるといいのですが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 26, 2007

絶滅危惧種 

メダカ  あまり綺麗じゃないですね、すみません。(^^;
 上に浮いている茶色いのはエサです。"絶滅危惧種"のイチョウウキクサが増え始めました。ちょっと薄い色のものが新しい葉状体です。ちっちゃいハート型でかわいいです。でも残念ながらオスメダカがまた死んで、メス1匹になってしまいました。ホームセンターにのぞきに行きましたが、メダカ(こちらも絶滅危惧種)は売ってません。そう思って見るからか、やっぱり寂しそうです…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 24, 2007

あめあめ ふれふれ

 午後から、知り合いからもらったチケットの演奏会に行きましたが、京都シネマの会員券(無料鑑賞券)の期限がせまっていたので、午前中に映画も観ました。
 10:00と10:15スタートのもの、どちらかにするつもりで出かけて、着いたのが10:00を少し過ぎてしまい、時間の合った中国映画の「孔雀」にしました。サイトのトップに書かれている「路地裏で食卓を囲む家族の温かさ」から想像していた内容とは違って、私はすり減ってしまいました。愛と言うより葛藤ですね。(^^;

 そのあとプレゼントのお菓子を買って、まだ時間があったので、ホールの近くでお昼ごはんです。通りに面していて一般の人も入れるD大の学食です。この辺りで、お茶だけならおススメのお店は他にありますが、食事ならやっぱり「食堂」ですから、ここが一番重宝かと思います。→アマーク ド パラディ
胸肉とブロッコリーのクリームパスタ これは週変わりのパスタランチです。珈琲等の飲み物をつけて750円です。昔々のコープランチと違い、おしゃれで、お味もなかなかです。パンも普通のロールパンではなくブリオッシュで美味しかったです。他にも数種類のランチがあり、日替わりランチ(飲み物別)ならワンコインの500円です。

 朝からずっと降っていますが、雨足は弱まることがありません。ホールまでテクテクと歩きます。こちらの演奏会に伺うのは3回目で、少人数のアマチュア合唱団でも、こんなことができるんだなと毎回楽しませてもらっています。(S)18(A)10(T)5(B)5で合計38人のうち賛助出演が5人です。今日はアカペラの曲とオルガンorピアノとダブルベース×1の伴奏です。
 アカペラのステージではコダーイの曲と、さくらさくら等のおなじみの曲でした。そのおなじみの曲はハンガリーの合唱団が日本の民謡を編曲して歌われているものだそうです。ハンガリーと日本の民謡は音階がよく似ていて、日本の民謡を素材とした合唱曲がハンガリーで親しまれているのだとか。
 その他のステージでは、オルガンとベースの伴奏で宗教曲、ピアノとベースで"大阪弁の詩"に曲をつけた合唱曲、同じくピアノとベースでジャズの曲と言った盛り沢山な内容で、音楽監督でもある意欲的な若い女性指揮者さんの頑張りを感じる演奏会でした。

 今日、私は気に入って買った新しい傘をさして出かけたので、目に付いただけなんですが、帰りの地下鉄の車両に乗り合わせた人の傘をあらためて見ると、ビニール傘が半分くらいです。500円くらいまでの傘でもかわいいのがいっぱいあるので、それで十分なんですけどね。そう言えばウチの子も、失くしては借りたり買ったりして、知らない傘ばかり持っています。それもちょっと悩むかな。(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 23, 2007

ホ・ホ・ホタルこい

宇治市植物公園 ホタル、見に行ってきました。思ったより明るく光るものなんですね。感動。(*^-^*)
 入り口正面にある立体花壇がホタル柄になっています。最終の土曜なので人は多いです。その代わり暗がりでも怖くなくて安心です。ここには初めてくるので、場所がわからないと困るから、明るいうちに着くようにしました。でも8時過ぎてから来る方がいいですね。7時半くらいから飛び始めていましたが、目を凝らさないとわからないほどで、完全に日が落ちた頃から頭の上や、目の前をかすめて飛ぶところも見られるようになりました。もうピークを過ぎて、少なくなっているそうですが、それでも結構たくさんいます。
 照明がつくので、デジカメや携帯での写真撮影は一切禁止でした。あの、ふわふわ~と飛ぶ様子は私の腕では撮れそうにもありません。写真を撮るよりしっかり見ておいた方が良さそうです。

| | Comments (0)

お引越し

ヤマアジサイ
 アップで見ると趣が違いますね。こちらが全体です。↓
ヤマアジサイ
 メダカのオスが1匹死にました。夜中に見た時はケンカしているようすもなく、食欲旺盛(エサの時間だと思うのか、人の通る影を感じると水面にあがってくるようになりました)だったはずです。朝に見ると、底に沈んでいました。とにかくお水を換えないといけないので、急いでお水を汲みに行きました。アジサイの季節なので、アジサイ苑のあるF神社です。
西洋アジサイ西洋アジサイ西洋アジサイアジサイ園
 緊急避難でプラスチックのケースに移しましたが、反射して姿が映るからか落ち着かないようすです。小振りの水鉢でもあれば買ってあげたいですね…睡蓮か何かもいっしょに。
メダカ・メス

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ホタルの光

キャンドルナイト
 夕べは何とか8時に帰りました。私が一番乗りだったので、チャイティーを入れて30分だけキャンドルナイトです。
 やっぱりキャンドルの炎はホッとしますね。ランプは、この前買った100円ショップのものです。白くて薄めの陶器だから、炎が透けて見えて綺麗です。
 帰りには雨もやんでましたが、それからホタルを見に行く元気もなかったので、明日(23日)か明後日(24日)に行けるといいなと思っています。
 ローカル情報で申し訳ないですが、ここなら確実にいっぱい見られるそうです。→こちら
 24日までナイター開園をしています。サイト内の催し物情報に詳しくのっています。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

June 21, 2007

南西の風 雨 明け方 まで くもり 所により 昼過ぎ から 雷 を伴う

日没間近
 今日の京都の日の入りは7時14分、これは午後7時の空です。夏至の前日だけあって外は明るいですね。
 明日の8時ごろは、のんびりキャンドルナイトとはいかなさそうな感じです。お天気なら一度ホタルを見に行きたいな…と思いますが(まだ見たことない)、明日は梅雨空のようです。タイトルは気象庁の予報です。長~い。(^^;

| | Comments (2) | TrackBack (0)

June 20, 2007

男前

 まだ火曜日なのに、こんなに疲れていてどうするの!です。夕べはなんだかヘトヘトで、うたた寝のまま寝てしまいました。(_ _)zzz
 夜中に目が覚めて、カウンターの上に置いているメダカのパックが水まんじゅうに見えました(17日の日記参照)。身体が甘いものをほしがっているようです。(^^;

 そんなんで。夕べの晩御飯は、サラダ等々、火をいれないメニューが並びました。うち一品はこれです。ジョニ男宣伝するつもりはないというか、ここの製品は何度か買ったことはありましたが、普通?噂ほどでも、と思っていました。でも、一昨日、「男の3連チャン」(そう言う商品名です)を食べたらクリーミーで美味しいし、原材料は"北海道の大豆"のようなので、気をよくしてまた買ってきました(これは「ジョニ男」です)。夕べはシンプルにオリーブオイルと黒コショウに塩をかけてペロッと食べてしまいました。最近、うちで流行のトマトジュースでビールを割ったものにも合いますね。
 この夏ちょっとマイブームになりそうな気配です。はー、がんばろ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 18, 2007

続・産地明記

 今日の人間の分の晩御飯は、豚のスペアリブで八角(中華の香辛料)風味の煮豚です。今、知ったのですが、タミフルの原料は「八角」の成分だとか。もう作っちゃた…。
薬 タミフルの信頼性レポート(日経BP)
 八角を食べたから風邪が治るわけではないみたいです。それより、やっぱり「原産国中国」の方が気になりますね。(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

お食事中

そーっと、のぞいて見てごらん♪
 晩御飯です。昨日は朝からメダカなんか買っちゃったので、他に買い物ができませんでした。(^^;夕方に出直して、この子たちのゴハンもいっしょにホームセンターで買いました。
 前に飼っていた夜店の金魚は、手のひらくらいの大きさになり、びっくりするほどたくさんの数の卵(シシャモの卵みたいでした)を一度に産み、それがいっせいにかえって、もう嬉しい悲鳴でした。(笑)
 でも、ある日突然全滅です。水槽や何かを片付けているときに原因がわかりました。エサにカビが生えているところがあったんです。今回は湿らないようにプラスチックの容器に入ったものを買いました。さあ、ベビー誕生となるでしょうか…。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

June 17, 2007

水のいのち

 梅雨なんてうそでしょう、と言いたくなるようなお天気です。帽子をかぶっていても、ほっぺたがチリチリと日に焼けます。(^^;
ひんやり水まんじゅう  朝から用事で出かけたついでに、その近くの神社で名水を汲めたので、美味しいお茶を入れようと思います。お茶菓子は途中の"ケーキ屋さん"で、冷えた水まんじゅうを買いました。ここは和菓子のようなケーキで有名なお店なので、夏になると水まんじゅうもショーケースに並びます。

絶滅危惧種・イチョウウキクサ  もう少し歩くと、花屋さんの店先の同じようなパックに、「メダカ」と書かれた値札が置かれています。手にとって見ると、オス1匹のものと、オスが2匹、オスが2匹にメス1匹の3パックです。ツガイでセットしてあるのかと思ったら、どれも新しい家族の形のものばかりです…。
上からオス・メス・オス できれば卵を産ませたいので、メスの入ったものを買って帰りました。メスの取り合いで、バトルを繰り広げるところも見られるかもしれません。(^^;
 夜店の金魚夫婦の卵なら孵化させたことがありますが、メダカはデリケートそうなので、うまく育てられるか自信がないです。ともかくこの夏は名水(井戸水)を汲みに通う生活が始まりそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 16, 2007

こんな香りも

塗香  これも100円ショップのアロマランプです。(笑)
 上に少し粉がのっているのがわかりますでしょうか。右側にある小さな袋の塗香(ずこう)です。
 本当は手に塗って体温で温め、香りをたたせるものですが、私は少しだけキャンドルで温めて使っています。写経などのときに身を清めるために使ったりされるものだそうで、甘い香りは気持ちを静める効果があるような気がします。
 携帯できますし、直接火をつけるお香と違って煙がたたないのがいいです。…女性が身につける香りではないと思いますが。
 これはこちらのお香の老舗で買ったものです。→松栄堂

 まだちょっと先ですが、夏になったら東山の五条坂で陶器まつりがあります。アロマランプか香炉のかわいいのが見つけられないかと、今から楽しみにしています。(^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 15, 2007

こころの風邪には

 「ときどき」と「しばしば」のどちらが頻度が高いのですか?と突然聞かれたので、英語におきかえたらどうでしょうと答えたら、「ふーん、サムタイムか」と納得したような声が…。
 つまらない発見です。「ときどき しばしば」をグーグルで検索したら、トップにあがってきたサイトは、これでした。
うつ状態の自己診断チェックリスト
 どうしてだかわかりませんが、人気サイトと言うことでしょうか。(^^;

| | Comments (4) | TrackBack (0)

June 14, 2007

牧場の朝

牧場の朝  スーパーでよく売っているヨーグルトです。たまに買っておくと子どもらが決まって言うのは、「これ給食で食べたのや、なつかし~い♪」です。忘れた頃にまた買うと、そのたびに同じことを言います。(笑)
 私が食べていた頃の給食の、人気メニューは何だったでしょう。とにかく、このヨーグルトはまだありませんでした。(^^;
 トラウマになりそうなメニュー(食材)があったので、美味しいなと思って食べていたものの方が圧倒的に多いのに、懐かしく感じられないのがちょっと悲しいかも…です。

フローズン牧場の朝 このヨーグルト、凍らして食べると美味しいと、ムスメが友達に教えてもらってきたので試してみました。味は想像どおりですけど、思ったよりしゃりしゃりになって、すっきりした口当たりの夏のオヤツです。(^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 13, 2007

神の子たち

 ドキュメンタリー映画の上映会の案内をもらいました。
 「世界3大スラムの一つ、スモーキーマウンテンを舞台に、ごみを拾いながら生活する子供たちや家族を撮影したドキュメンタリー」
→「神の子たち

15日(金)の午後5時からです。場所はこちらで"入場無料"です。
見てね♪  クローバーホール
 サイトの上映予定には載っていませんが、ホールからの案内なのでまちがいありません。残念ながら私は時間的に無理なのでお知らせまで。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

初夏の使者

鮎  鮎です。6月に入ると鮎・解禁なんて魚屋さんに書いてありましたが、養殖でもこの時期は関係あるのでしょうか?それでも、お肉を食べているよりは、季節感があります。
 鮎はお茶目な顔をしていて好きです。かわいい♪なんていいながらバリバリ食べるのですが。(笑)
 今日は頭をとって野菜もたっぷりの南蛮漬けにしました。軽く揚げただけで中骨も柔らかく、さっぱり味で美味しく食べられました。
 でも、内臓に栄養があるのですね。養殖だと美味しくないかと捨ててしまいました。→鮎の栄養

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 11, 2007

ちょっとリサイクル

菊花せんこう 蚊がいます。(^^;
去年の蚊よけ線香ですけど、まだ大丈夫でしょ(有効期限未開封で3年です)。
 専用の台を捨ててしまったので代用品です。スパークリングワインのコルクをとめてあった金具がぴったりでした。内側からバネみたいになってとまっています。これもキャンドルを立てるのにつかえないかと思って残してあったのですが。
 どうせなら、キャンドルナイトまでに何か作りたいですね…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 10, 2007

2点お買い上げ

アロマキャンドルポットとエコローソク 久しぶりに100円ショップに行って、「地球にやさしいエコローソク」とアロマランプを買いました。キャンドルナイト・グッズです。
 エコローソクは何が「エコ」かと言うと、「従来の石油から作ったローソクではなく100%天然原料から作った自然商品です。油煙(スス)が少なく消したあとの臭いが気になりません。」だそうです。
 白いランプなのでススが出ない方がいいなと思って試してみました。初めだけススがポットにつきましたが、確かにあとでのぞいてみたら、内側はほとんど黒くなっていませんでした。
 輸入の小物や雑貨を置いているお店なんかだと、これとそんなに変わらない(いっしょ?)品物でもそれなりのお値段がついているので、100円ショップ、あなどれません。(^^

 うしろのウサギくんが持っているのは、今年、初めて咲いた、赤い~スイトピ~♪です。ちょっと彩りに。(笑)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

June 09, 2007

まだ登山口

シャトレーゼのケーキいろいろ  みんな疲れ気味なので慰労会にと、オウチでケーキヴァイキングです。
 まだ決定ではないので半分だけですが、いい報告があり、お祝いにもなりました。お腹周りが気になりつつも、まーいいやと、いっぱい食べてしまいました。(幸)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

June 08, 2007

花言葉は「前途洋々」

 R大のFキャンパスの前を通るといい匂いがします。フッと頭の上を見ると…
タイサンボク?
…大きな花が。子どもの帽子くらいの大きさはあります。(*_*)
 これって、もしかしてタイサンボクですね。タイサンボク??ずっと前にツボミを切花にしたものを見たことがありましたが、開いたところは初めて見ました。その切花のタイサンボクは、それはそれは大きな木だと聞いていたので、この並木道はちょっと意外でした。電柱の半分くらいの高さでしょうか。決して大木ではありません。
 ネットで調べてみると、20mくらいにはなるようで、ある程度の高さにならないと花が咲かないそうです。R大がここにキャンパスを移したときに植えられたものなのでしょうか。
 古い話です。小さいときに、このすぐ近くに伯父が引っ越し、初めて遊びに行ったときは、ナスとトマトの畑が広がっていました。私は町の子だったもので、畑は衝撃でした(初めて見ました)。それから大学がやってきて(訂正:もっと前に移転を開始していたそうです。それも何と"米軍の駐屯地"跡に)、今ではすっかり市街地と言う雰囲気になり、今、そんなことを言っても信じてもらえなさそうです。
 その伯父は、しばらくして隣のY市に引越しましたが、その家も越した当時、そこから向こうは、まだ山を切り開いている途中だったと思います。それが何年かして遊びに行ったら、すぐ前はバス通りで家は建ち並び、町の成長の速さににびっくりしました。タイサンボクの成長よりも早くです。(笑)

タイサンボク??? タイサンボクは6月8日と17日の誕生花でした。花どきと、その日にちが合わせてあるみたいですね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

June 06, 2007

でんきを消して、スローな夜を

 新聞のテレビ欄をざっとながめると、ニュースからバラエティ番組まで、「エコ」の文字が目に付きます。それならテレビを消すのが一番早いような。(笑)

「でんきを消して、スローな夜を」
「100万人のキャンドルナイト」(2007.6.22~24)
でんきを消して、スローな夜を 「100万人のキャンドルナイト」も、私は3年目です。去年はお茶を入れてCDを聴いていました。これのために、わざわざ高いキャンドルを買うのは抵抗があるので、うちはアロマオイルのオイルバーナー用のキャンドルを愛用しています(すごく長持ちします)。器は何でもいいですから、これは陶器の鉢カバーです。

さかのぼること2001年、カナダ。1ヶ月に1基ずつ原子力発電所を建設するという米ブッシュ大統領の政策に反対する「カナダの自主停電運動」がヒントになっています。
 このカナダの運動を見て「日本でもやってみよう」と言い出したのは、明治学院大学教授の辻信一さんでした。辻さんは、環境問題をテーマに活動する「ナマケモノ倶楽部」というNGOを作った方です。一方で辻さんは「カフェスロー」を経営しています。まずはこのお店のイベントとして始めました。カナダの「自主停電運動」は真っ暗にしてやるんですが、それでは子供が暗闇に驚いて泣いてしまいます。そこで辻さんは、真っ暗闇の中でろうそくを灯しながらやることを思いつきました。「あたたかいろうそくの灯りがともった暗がりのカフェで過ごす時間はとても心地がいい」参加していただいた方々からの声もまた、あたたかいものでした。
 スローカフェでの「自主停電運動」の評判の良さに辻さんは嬉しくなり「大地を守る会」(有機野菜の宅配サービスをしており、全国の農家と生活者の間をつなぐ活動をしているNGO)の藤田和芳さんを声をかけ、藤田さんは「大地を守る会」を中心に秋に「キャンドルプロジェクト」を実施しました。参加したひとに書いてもらった作文には、心を打つ言葉がたくさん並んでいました。
 「いつもお茶をたてるときは、15分しかかからなかったのだけど、ろうそくの灯りだけでやったら1時間かかりました。手元が不安定で大変だったけど、ゆっくりと丁寧に、時間をかけてたてたお茶は、とても美味しかったです」
 「原発反対」と100万回叫ぶより、1人1人が生活のワンシーンでこういう時間を自由に体感していくことが、いつかほんとうに平和な暮らしへとつながるのではないか。集まってきた言葉を読んでいて、2人はそう思ったのです。
 辻さん、藤田さんに加え、マエキタさん、竹村さん、枝廣さんが集まり、もっと多くのひとが気軽に参加できるようにという想いをこめて、2003年夏至の日、「100万人のキャンドルナイト」という名前をつけ始まったのです。
 遠い海の向こう、カナダの運動を見て、日本で始まった「100万人のキャンドルナイト」。いつの日か、カナダでも、そして世界中のひとが、夏至の夜ろうそくの灯りをともして過ごしてくれたなら、月に立って見つめる地球には、あたたかいくらやみのウェーブが広がるのです。わたしたちはこの日を願ってやみません。
(公式サイトより)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 05, 2007

明日は青空

 映画「日本の青空」を見てあらためて思いました。この憲法は、もう日本に戦争をさせたくない人たちと、戦争をしたくない人たちの気持ちが集まってできたものなんだということを。
 本当にわかりやすく作られた映画です。これなら子どもといっしょに見に行かれてもいいと思います。

 雑誌編集部の派遣社員の沙也可は、偶然知った新憲法の草案の基礎を作った憲法学者・鈴木安蔵の存在を、彼女の目線で追っていきます。ちょっと、とんとん拍子すぎる筋書きかなとは思いましたが、その女性の明るさと行動力に映画が重苦しくならず見せてくれます。
 2005年の「日本国憲法」もわかりやすい映画だと言う印象はありましたが、何か漠然としたものでした。それがこちらの映画では、当時の人たちが新しい憲法をどんな思いで待ち望み受けとめたのか、その気持ちに近づくことができたような気がします。

 まだ当時22歳と言う若さで、GHQの新憲法案づくりに関わられたベアテ・シロタ・ゴードンさんへのインタビューの全文が、映画 日本国憲法 読本にのっています。
―第9条を米軍から押し付けられたということで、いま改憲の対象になっているんですけれど、それについてどう思いますか―と言う質問にベアテさんは答えられています。
 「第9条は全世界のために必要であると思います。だから変えないで、ほかの国々にも教えて、モデルとして認めてもらい、それぞれの国の憲法にも入れたらいいのではないかと思うんです。いまは、チャンスです。日本が平和の指導者になればいいと思うんです。いまはどこに行っても戦争が起こっているので、新しい考え方で、何かしなければならないと思います。恐ろしくなりますよ、ほんとうに。『わあ、危ない、危ない』っていう感じなんですよね。」 

 女性が選挙権を持ったら戦争を放棄する新しい憲法を支持する人に投票する、と言う鈴木安蔵の妻の言葉が、今も変わりないということが示される日はもうすぐです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 03, 2007

今日は曇り空

 お昼から、映画「日本の青空」を見に行ってきました(映画の感想は別でエントリーします)。お天気があやしかったので、大急ぎで帰ってきましたが、オヤツだけはしっかり確保してきました。
ミディ・アプレミディのスイートポテト ここはお菓子の教室なので、前を通っただけではケーキが売ってあることには気付かないかもしれません。ロールケーキが、かなり美味しいらしいのですが、残念ながら予約のみです。
こちら
 箱の中はスイートポテトです。今日は久しぶりに生豆を煎って珈琲を入れようと思います。(^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 02, 2007

水無月

 休み癖がついてきてしまいました。更新しないと右上のカレンダーが6月になりません。たぶん、ただの「5月病」で6月になったら治ります。(笑)
 今日まではいいお天気のようなので、用事を済ませて、また、お茶を買って来ました。
水出し緑茶 これだけ見ても何かわかりませんけど、玉露の粉茶です。製茶のときにできた「かけら」を集めたものなので、お値段は半額以下ですが味は変わりません。一応、玉露なので気持ち贅沢です。夏向きに水出しにしました。
バイカウツギ 6月に入って、うちのバイカウツギはそろそろ終わりです。この花が今年一番綺麗に咲きました。もともと茶花のようなので、やっぱり和風のイメージです。

 これから梅雨時に入ろうかと言うのに6月が「水無月」なんですね。話は変わって、夕べは「見えない雲」のDVDをレンタルしてきました。この作品、パニック映画になるのかもしれませんが、派手なシーンは全くありません。原発事故による放射能の恐怖は、追ってくる「黒い雲」だけで表されています。そして本当の怖さを主人公の少女の心の変化が伝えるところは、原爆投下13年後の広島を舞台に描かれた漫画の、「夕凪の街 桜の国 」を思い出さなくもない内容です。雨降りの日に静かに見てほしい映画です。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

« May 2007 | Main | July 2007 »