« 三度目の無罪 | Main | 京の雅 »

May 14, 2007

この先どうなるのでしょう

ハニーデューメロン・5月14日 圧倒的多数でもう大変!(^^;

ドングリ・5月14日
 頑張れ少数派!→
やっと新芽が出てきました。

|

« 三度目の無罪 | Main | 京の雅 »

園芸」カテゴリの記事

Comments

こんばんは。
このさきどうなるのでしょう、という
タイトルがかわいらしいなぁ…と思ってしまいました。
植え替えを待ちわびる双葉さんたちには、不謹慎でしょうか?

新芽が出てきたのはバオバブですか?
大きな木の写真は拝見したことがあるのですが
発芽苗ははじめてみました。
すごいですねぇ~!
今後も楽しみです。

Posted by: a-carl | May 15, 2007 00:40

a-carlさん、こんばんは。
双葉さんの方は、コンポスト代わりになるかと思ってプランターにメロンの種を混ぜておいたら芽が出てしまったものです。メロン農園になりそうです。(笑)

下はなんとか冬越しのできたドングリくんです。バオバブは↓の11日の朝顔みたいなのがそうです。
メロンもバオバブも写真ではわかりにくいですが、大きいんです。(^^;

Posted by: winter-cosmos | May 15, 2007 00:51

こんにちは。たぶん、住んでいるところもさほど遠くないですし、夏にはメロンをいただけるかなあと考えて、今から楽しみにしています。(笑)

Posted by: うに | May 15, 2007 23:26

うにさん、こんにちは。
鴨川の河原あたりで、メロン食べ放題パーティもいいですね♪

猫のひたいのベランダでは、遠からず"お日様争奪戦"が起きてしまいます。まず里親さんを募集しないと。(笑)

Posted by: winter-cosmos | May 16, 2007 18:58

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference この先どうなるのでしょう:

» 冬眠明けのドングリ [5号館のつぶやき]
 葉を落としていた札幌の木々はいっせいに芽吹いており、新緑の季節です。昨年12月に研究室内で芽を出したドングリは葉を落とさないまま年を越したのですが、枯れはしないものの新しい葉を出すこともなく、ずっと「冬眠」の状態でした。外の木々が芽吹いてきたので、それまで植えられていた水苔から土に植え替えたのが2-3週間くらい前だったような気がします。  そのドングリが、冬眠から目を覚ましてくれたようで、新しい葉が出てきました。現在2枚目ですが、毎日1センチくらいは伸びている感じです。  鉢の下の台として... [Read More]

Tracked on May 15, 2007 22:03

« 三度目の無罪 | Main | 京の雅 »