« 真実の行方 | Main | 「反省文を出しなさい!」 »

April 16, 2007

判決は、淡々と出します。

裁判官の爆笑お言葉集 「裁判官の爆笑お言葉集」
長嶺超輝 幻冬舎新書
 土曜日の催しに行った帰りに買いました。読み物として面白いです。ただ「爆笑」と言うのは部数を売るためにつけられたネーミングでしかないと思います。そんなに不真面目な内容ではありません。裁判のプロでも悩まれるのか、プロだから悩まれるのか。私はしみじみとした気分で読みました。
 タイトルは《一審で地域住民側が敗れた「川辺川利水訴訟」の控訴審。裁判官3名と当事者双方が出席して、訴訟の弁論展開を打ち合わせた場で。》の裁判長のお言葉だそうです。

 「裁判員制度に関する特別世論調査」の概要(H19.2)
こちら(pdf)
 この中の質問で「刑事裁判に参加する場合に不安に感じる点」の回答の1位、2位は「自分達の判決で被告人の運命が決まるため責任を重く感じる」と「冷静に判断できるか自信が無い」です。選ばれたら参加するでしょうけど、~ん、やっぱり不安はありますね。

|

« 真実の行方 | Main | 「反省文を出しなさい!」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 判決は、淡々と出します。:

« 真実の行方 | Main | 「反省文を出しなさい!」 »