« March 2007 | Main | May 2007 »

April 29, 2007

京の彩り

飛行船~
ズーーム
 引き続きいいお天気です。お空にぷかぷか飛行船、これは桂川のサイクリングロードからです。下は望遠で撮ったぶんです。

桂川サイクリングロード
松尾のお花畑
 毎年、楽しみにしている松尾のお花畑を見にきました。今年はネモフィラに、これは金魚草でしょうか、とりどりのお花です。5月いっぱいは楽しめそうな感じですね。

松尾大社  せっかく来たので、ちょっと寄り道を。正面の鳥居から横に少し入ったところのお菓子屋さんでオハギをおみやげに。
松楽さんのおはぎ 持って帰るときに少し変形しちゃいましたが、抹茶と桜、かぼちゃ、つくね芋のおはぎです。中はどれもよもぎご飯に栗が入っています。この他にまだ8種類あります。これを買うのが本当の目的だったかもしれません。(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

拾ったものは

市役所前のサトザクラ
 市役所前の八重桜が、真っ青な空の下、はらはらと白い花びらを散らす姿はちょっと幻想的で、通り一本隔てただけなのに異空間です。
 夕方から雨と言う予報はすっかりはずれ、お天気に恵まれたゴールデンウィーク初日の昨日は、どこもかしこも混みあっています。お買い物を済ませて入った妙に空いた映画館も異空間です。

 昨日から上映だった「ツォツィ」を観ました。南アフリカのスラムで暮らす少年ツォツィは、生きるためお金のためなら人を傷つけるのも当たり前の毎日を送っています。最少限の字幕でも絶えずバックを流れる迫力ある音楽から、そのツォツィの昂ぶる気持ちがひしひし(びしびし)と伝わってきます。直球で飛んでくるような、なんともやりきれない気持ちの連続に、観終わったときにはヘトヘトになりましたが、嫌な疲れではありません。登場人物のそれぞれが、受けとめようによっては"どん底"の状況なのかもしれないけれど、こだわりを捨てた前向きな姿には希望が感じられます。人生訓のような押し付けがましさのないところが好きな映画です。

 昨日は早々とノースリーブの洋服を着た人を見かけました。今日も暑くなりそうです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 27, 2007

鳥羽の藤

水環境保全センター  藤棚の通り抜けに行ってきました。甲子園球場13個分と言う広い敷地の水環境保全センターにある全長120mの藤棚です。
 中に入るのは初めてで、半分、社会見学のようです(広いので敷地内の移動はマイクロバスです)。下水をろ過しているだけでなく汚泥を加工するプラントになってるんですね。
ノダフジとシバザクラ
ノダフジ
 想像していたより小さめの、そよそよとかわいい藤です。全部で2種(3品種)37本の藤が植えられているそうで、甘い香りが一帯に漂っています。
グリーンアドベンチャー 30分しか居られなかったのでここで引き返しましたが、散策路が奥に続きます。
モッコウバラのアーチ
向こうに見えるのはソーラーパネル
水生植物もところどころに 敷地の外にも小川のある散策路が作ってありました。こちらにも藤棚があり、植えられている他の花も、ちょうど見ごろです
疏水物語 おみやげは「京都市が誇る水道水」です。災害備蓄用に、ろ過・加熱処理がされているので5年間保存できるそうです。いただいたときはよく冷やしてありましたが、せっかくですから飲まずに持って帰ってきました。最近、地震が多いのでお守り代わりに置いておきます。(^^
※一般公開は29日までです。→詳細はこちら 

| | Comments (0) | TrackBack (1)

April 26, 2007

キッチンガーデニング その2

春キャベツのロールキャベツ 晩御飯は春キャベツのロールキャベツです。今日は中に刻んだソーセージとご飯を入れて、ショウガ味のアンをかけました。なかなか好評です。(^^v
春キャベツ
 5号館のつぶやきさんのところで、ちょっと楽しいことを教えていただいたので試してみようと思います。
 くりぬいた芯から花が咲きましたら拍手喝采(自分でします)。乞うご期待です。(^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 25, 2007

本格和菓子?

抹茶入りわらび餅 わらび餅です。今日は昼間、びっくりするほど雨が降って、夕方は涼しい目でしたが、お腹がほっとするオヤツが食べたくなったので。
 作り方は簡単です。専用の粉をお水で溶かして、透明になるまで加熱します。抹茶を入れたので濃い色をしていますが、苦くありません。これでほんのり香りがするくらいです。冷やして固め、きな粉(お砂糖と塩を少々混ぜて)をかけて出来上がり。
わらび餅粉お水で溶かしてでんぷん糊の実験みたい
 初めて作ったお菓子がわらび餅だったと思います。あと子どもが自分で作るオヤツに「はったい粉」がありました。麦焦がしと言う方がわかりやすいのでしょうか?煎った麦の粉をお砂糖と塩を少し入れてお湯か番茶で練って食べました。
 今でもたまに見かけますね。今、食べて美味しいと感じるかちょっと謎なのと、お腹がふくれるオヤツなので食べきれないだろうなと思って眺めているだけですが。(^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 24, 2007

胡桃日記

胡桃・4月23日 一年前に買ったとき、くっついていた殻に虫がついていたのに気がつかず、どんどん葉っぱが落ちてしまった胡桃です。今年は早めに殺虫剤をまいておいたので、今のところ無事です。
 胡桃もイチョウみたいに雄雌の木が二本ないと結実しないらしいのですが、「菓子胡桃」と言う種類なら一本でも実ができるそうです。買ったときについていた札には胡桃としか書いてなかったので種類がわかりません。まずは花が楽しみですが、うまく実ができるとなお嬉しいです。収穫できるようになったらリスを飼おうと言ってたんですね。(笑)

どんぐり・4月23日  ドングリも元気です。全然変化なしですけど。
 ずっと前にクヌギのドングリを育てましたが、一年くらいたたないと変化がわからないほど、本当にゆっくりしか成長しなかったと思います。たぶんこの子もそうなんでしょうね。(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 23, 2007

隠し味は?

たこ焼き・その1  夜店の話↓を書いたら、「たこ焼き」が食べたくなって焼いちゃいました。
たこ焼き・その2 家で焼くのは何ヶ月ぶりでしょう。久しぶりに焼いたら少し焦げました。(^^;

| | Comments (2) | TrackBack (0)

山椒日記

 ハムスターがほしい~。ハムスター・まも日誌
おまた たかこ(小学館)
 ハムスターもいろいろいますが、私は普通のゴールデンハムスターが好きです。
 以前、夜店で「ハムスター釣り」なんて言うのがあって、ムスメが釣って来た子がうちにいました。(注:私は実際に見たことはありませんが、針金の先に「たこ焼き」に入っているくらいのキャベツがさしてあって、食いついた子をそのまま上げることができるともらえるのだそうです。)それが、いつからかペットショップからもハムスターが消えてしまいました。
 見かけなくなると、ないものねだりで探してしまいます。市内に扱っているお店を見つけ、行ってみると一月前に生まれた男の子が居たらしいのですが、ほんの今しがた売れたばかりで、次はいつ入るかわからないと言うことです。ペットに関する法律が変わって、小動物は買った人の氏名や連絡先を聞かないといけないので、めんどうだから扱うお店がなくなってきたのだろうとのことでした。
 がっかりはしたものの、お店でプラスチックのケースに入っている年取ったハムスター(二歳)を見ていると、やっぱりカゴにいれないと飼えないものはやめておこうと思いました。

山椒・4月23日  それで結局"獲らぬタヌキの"ですが、アゲハのお母さんが卵を産みに来てくれることを期待して山椒の苗木を買いました。そのうちアオムシ日記になることを楽しみにして。(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 21, 2007

ゴミゼロへの第一歩

 昨日の夕食のときに、テーブルの上のフリカケの袋を見るとプラごみのマークが目に入りました。
  私:よそやったらこんなんも分別しんなんのやなー。
ムスコ:そうや、その話(燃えるゴミと燃えないゴミを分別しない)をしたらびっくりされたわ。いい焼却炉があるんやなーて。
  私:さすが(友達は)工学部やなー、よう知ったはるわ。
ムスコ:その人は学生と違う、S県の職員や。
  私:(納得)そうやな、そのために、(市指定の)"高いゴミ袋"買うてるんやわ。(笑)
物理学者、ゴミと闘う なんて話をしていました。今日、お買い物も兼ねてブラブラしていると、この本の帯の文字《「燃やして埋める」は大間違いだ!》が目に飛び込んできて、これは買わないといけないと言う気になりました。

 「物理学者、ゴミと闘う」広瀬立成(講談社現代新書)2007.4
 物理学者の著者のところに「近所に、ゴミになったプラスチックの処理施設が計画されていて、近くの市の説明会があります。この会合に出席して、科学者としての意見を述べてほしい。いっしょに闘ってほしいんです!」とご近所の主婦が訪ねて来られたのだそうです。その日から8年間に及ぶゴミとの闘いが始まります。

「たこ壺」科学の限界
 「科学者」として地域の活動に引っ張り出されたぼくだったが、物理学研究という「たこ壺」から這い出たことは、楽しいことばかりではなかった。世の中の「ホント」ばかりでなく「ウソ」も見えるようになったからだ。
 「持続可能な地球を・・・」「環境にやさしい・・・」と美辞麗句を並べたてながら、やっていることは科学の常識に反することであったり、市民活動に政党が横槍を入れてきたり、また環境に名を借りて利権を追い求める人々がいることを知って、「何とかしなければ」というあせりをかんじることもしばしばだった(そういえば、ここ数年、晩酌の量が増えたようだ)。

「美しい国」?
 日本のほとんどのゴミは、「燃やして埋める」ことによって処理されている。日本のゴミ焼却炉は約1800基もあり、なんと世界の3分の2を占める。そのなかには、1日の処理能力が200~600トンという大型焼却炉も数多くある。たとえば東京23区では、ほとんどの区に巨大な焼却炉があり、1日数百トンのゴミが燃やされている。(焼却施設からの熱を利用した温水プールを、ありがたいと思っている人も多いかもしれない。しかし、考えてほしい。もとをただせば、それはあなた方の税金とゴミでまかなわれている。だから胸をはって利用すればよいのだ。ただし心地よい温水を供給するために、多くの資源が無駄になり、温暖化ガスなどの排出があることも忘れてはいけない)

 この本のタイトルは、ややためらいを感じながらも、ゴミ問題に対する著者の決意表明でもあるのだそうです。(^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 20, 2007

花暦

墨田の花火・4月20日 アジサイの墨田の花火のツボミです。えー?もうアジサイと何でも早いように思いましたが、去年は4月18日にツボミを見つけています。と言うことは例年通りになるのでしょうね。

 一緒に調べてみたら、去年のソメイヨシノの開花宣言は3月27日でした。そのあと4月20日にソメイヨシノがだいぶ散ってしまったと書いています。と言うことは桜も去年とそれほど変わらなかったんですね。(^^;

ミニシクラメン シクラメンが盛りです。店先に並ぶのがクリスマスの頃なので冬のイメージがありますが、花時はまだしばらく続きそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 19, 2007

秘密の花園

鴨川の菜の花
 この菜の花すごくないですか♪どこまで続いているか確かめに行きたいくらいです。
 眺めていると、ちょっと鬱々気分がすっきりしました。
じたばた 夕日に向かって!
 走ってるつもり。(笑)

| | Comments (4) | TrackBack (0)

April 17, 2007

「反省文を出しなさい!」

 昨日の記事で紹介しました世論調査の「刑事裁判に参加する場合に不安に感じる点」の回答のひとつに「被告人やその関係者の逆恨み等による身の安全性」があります。それなりの事件に関わるからと言って、一般人の裁判員の身辺まで警備していただけるかと言えば、それは否かもしれません。でも、今日のような事件が起きると本当に腹が立ってしかたありません。

選挙戦の街に銃声数発 市長、背後から撃たれる
(asahi.com 2007年04月17日22時26分)

 同じく、昨日紹介しました本の"お言葉"に「暴力団にとっては、石ころを投げたぐらいのことかもしれないが、人の家に銃弾を撃ち込むと相当、罪が重くなるわけです。」《殺人未遂幇助、銃刀法違反(発砲)の罪に問われた被告人に対して、懲役11年の実刑判決を言い渡して。 (前橋地裁 2005.4.18)》
 負けちゃいけないんですよね。

※裁判員の参加する刑事裁判に関する法律→こちら
 「裁判員の関与が非常に難しいようなごく例外的な事件」→こちら

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 16, 2007

判決は、淡々と出します。

裁判官の爆笑お言葉集 「裁判官の爆笑お言葉集」
長嶺超輝 幻冬舎新書
 土曜日の催しに行った帰りに買いました。読み物として面白いです。ただ「爆笑」と言うのは部数を売るためにつけられたネーミングでしかないと思います。そんなに不真面目な内容ではありません。裁判のプロでも悩まれるのか、プロだから悩まれるのか。私はしみじみとした気分で読みました。
 タイトルは《一審で地域住民側が敗れた「川辺川利水訴訟」の控訴審。裁判官3名と当事者双方が出席して、訴訟の弁論展開を打ち合わせた場で。》の裁判長のお言葉だそうです。

 「裁判員制度に関する特別世論調査」の概要(H19.2)
こちら(pdf)
 この中の質問で「刑事裁判に参加する場合に不安に感じる点」の回答の1位、2位は「自分達の判決で被告人の運命が決まるため責任を重く感じる」と「冷静に判断できるか自信が無い」です。選ばれたら参加するでしょうけど、~ん、やっぱり不安はありますね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 15, 2007

真実の行方

 10日の記事に書きました催しに行ってきました。
現職弁護士たちによる裁判・評議劇 真実の行方 
~あなたの意見が評議を変える~
「あるべき裁判員裁判とは何か」を一緒に考えませんか
京都弁護士会

 同じ事件で二通り、旧態依然の法廷と、例えればわかりやすい授業の中学校の先生と言った雰囲気の法服を着ない裁判官の法廷が演じられます。合間にコメンテーターに意見を求めてはいかれますが、台本が弁護士会の問題意識に基づいて作られたものですから、ここに導いていこうとされているのだなと見えてしまうのは仕方ないかなと言う印象です。
 事件は未成年の妹と付き合う妻子ある男性に腹を立てた青年が、その男をナイフでケガを負わせるというもので、殺意があったかなかったかが争点でした。そして取調べの際の自白の強要が問題になります。丸刈りで強面(?)の取調官が強圧的に尋問する様子の録画されたものが後者の法廷ではスクリーンに映し出されます。
 現実でも審理を"迅速"にすすめるためには裁判官が想定した内容で事が運ばれていくのだろうかとは考えさせられますね。疑似体験のような気分で見ることができ色々考えることができました。
裁判員になりました
―疑惑と真実の間で― 配付資料は日弁連の裁判員制度について解説された漫画と取調べの可視化についての冊子、もう1冊は最高裁発行のブックレットです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

続きます・・・

怖~い! 揺れました。12時17分三重震源の地震は京都府南部の震度は3でしたが、長く揺れていたので、もっと大きな揺れが来るかとと思ってヒヤッとしました。
 少し前の北陸の地震のときは、震度2か3でも用事をしていたら気がつかなかったのですけど。(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 14, 2007

さくらさくら

しだれ桜と白い花木  さわやかなお天気で自転車日和でした。弁護士会の「裁判・評議劇」(こちらは別でエントリーします)に行ったあと、御所の中を通り抜けて帰りました。
 桜はまだまだ盛りです。しだれ桜も綺麗ですが、この向かいの白い花を咲かせている木は何でしょう?
ザイフリボク
 近くで見ると可憐な花です。ザイフリボクと言う木のようです。御所のサイトの中に解説がありました。→こちら
 「サクラとおなじバラ科のなかまで、別名シデザクラともよびます。初夏にはおしろいをつけたような黒味をおびた紫いろの実を結び、秋にはとても美しく紅葉し、冬芽は特徴的で、紅色のつんととがった芽鱗は、ふかふかした白い毛にふちどりされていてかわいらしく、四季を通じて楽しむことができる木なのです。」だそうです。
ザイフリボク

 蛤御門の近くだったと思います。この桜が今日は綺麗でした。晴れやかに咲いています。
何桜でしょう?

わらび 今日のオヤツは御所の向かいのお菓子屋さんで買いました。これは「わらび」と言う名前で、つぶ餡が求肥で包まれています。こちらは「わらび餅」が美味しいと評判のお店です。スーパーでパック入りになっているものとは全然違いますので。
 残念ながら今日は夕方だったので売り切れていました。是非にと言うときは、おとりおきのお願いをされておいた方がいいかもしれません。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ひまわりはあなたのために咲いてます

国民投票法反対読本  道で配られていたものをムスメが持って帰ってきました。配られている団体については、名称以外詳しく書かれていないので、最初みたときに、ん?と言う気はしてしまいました。

 夕べのニュース番組の出演者が大学の講義でたずねたところ、学生で国民投票法案について、ちょっとでも知っている人は300人中6人だったと言ってらっしゃいました。本当でしょうか?(^^;
 うちの子は、その6人になんとかはいるようでした。でも、詳しい内容になると難しくてよくわからないのが現実です。
 日弁連のサイトの憲法改正国民投票法案に意義あり!と言うページに整理されているので読もうと思います。→こちら
 まず、2005年の意見書を読もうと思い開きましたが、ゆうべは10時ごろから頭がもうろうとしていたのでまだ読めていません。ごめんなさい。→こちら

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 12, 2007

続・バオバブにご用心

 葉桜で検索していて、こちらの記事を見つけました。
桜前線異常あり:関西の桜異変」(janjan 2007.4.10)

桜の異変に気づいたのは、会社の食堂(2階)から眺められるソメイヨシノを見たときだ。いつも社内にいながら花見を楽しめたのだが、今年はほとんど花が咲かないまま、葉桜となってしまったのだ。

 こんな記事もありました。(追記:4月15日)
桜に異変? 枝先に花咲かず若葉 左京・鴨川沿いのヤエベニシダレ」(京都新聞電子版 2007.4.15)

 桜は花芽の時期に寒さにさらされないと花を咲かせないそうですが、どうなのでしょう。うちのサクランボは、一つも花を咲かせないまま葉桜になってしまいました。苗木を買って一年目ですから咲かなかったのかな・・・とは思いながらも、去年はいつまでも暑かったうえに、冬らしい気候のときが少なかったのでそれが原因なのかとも。

バオバブの種・4月12日  今日も日中はTシャツ一枚でいいようなお天気でした。もうそろそろかなとバオバブの種を"お湯"につけました。去年、絵本を買って、もらった種です。添付されていた「バオバブの育てかた」によると、80℃前後の湯に一晩置くと種は水を吸って膨らむので、それを土に埋めるそうです。半袖姿が心地良くなる頃に、と書いてあったのを思い出して準備してしまいました。よく見ると発芽の適温は日中25℃、夜間20℃と書かれています。少し早すぎましたね。
 このアフリカが故郷の木がここで育つと言うのも奇妙ですが、心配になるくらい大きく育ってくれると嬉しいです。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

April 11, 2007

商店街でお買い物

とようけ饅頭  日曜に買ったお饅頭です。甘さひかえめの大豆餡(緑色の方は緑大豆)がお豆腐と柔らかいお餅でくるまれています。とようけ饅頭
 要冷蔵なので、ちょっと雪見大福を連想しますが、なめらかなお餅が本当に口当たりがいいです。お茶は日本茶となら何でも合いますね。

 お饅頭といっしょに香りのいい七味も買ってあったので、夕べは釜揚げうどんをしました。
粉だし・まぐろ 味付けにはこれを使いました。粉末のマグロだしです。おだしの専門店のものでカツオよりあっさりしています。温めたおうどんの上にパッパとかけるとフワフワといい香りがします。

 日常の買い物はどうしても一度に済ませることのできるスーパーになりますけど、あちらこちらの商店で、お店の方とちょっとしたお話をしながら買い物をするのは楽しいです。(^^

| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 10, 2007

あなたの意見が評議を変える

裁判員、目立つ市民誘導 模擬制度で課題 》
(asahi.com 2007.4.10)

 市民の「健全な社会常識」を裁判に反映させるために09年までに導入される裁判員制度で、プロの裁判官が、ふつうの市民から選ばれた裁判員の考えを誘導しすぎるおそれがないかという懸念が強まっている。・・・

 そうですよね。だって「裁判員は専門的な知識がないことが前提となっています。必要な法律の知識や裁判の手続については、裁判官から説明が行われます。裁判官、検察官、弁護士は、審理を迅速で分かりやすくするよう法律で決められています。難しい法律用語も分かりやすい言葉で説明されます。」ですから。
裁判員制度とは

 ちょうど今日、ポストに届いてました。
 現職弁護士たちによる裁判・評議劇 真実の行方 
~あなたの意見が評議を変える~
「あるべき裁判員裁判とは何か」を一緒に考えませんか真実の行方
→詳しくはこちら

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 09, 2007

わさんぼん

御善哉&和三盆  昨日からコトコト小豆を炊いておきました。炊きたてはさらっとしていますが、一晩おいておくととろりとします。
 今回は普通の御善哉より薄味にしました。上にのせてあるのは和三盆です。干菓子なんかに使われるお砂糖で、口溶けがよくてあっさりとした甘味です。国内産のお砂糖は数少ないようで、作られる方も少なくなって貴重になりつつあるのでしょうか?これは100グラム入りのものを人からいただきましたが。

いちご&和三盆  イチゴにかけたり、直接食べると違いがよくわかります。デパートなんかでも売っているみたいです。普通のお砂糖よりは、ややお値段高めですが、ささやかな楽しみに。(^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

たかが一票、されど一票

 「意中の人」には当選していただけました。T都のIさんじゃありませんよ。(^^;
"統一地方選 花見の前に投票済まそ" 「意中の人はもう決まりましたか。」(京都新聞電子版2007.4.8)
 京都市議選の投票率は0.37ポイント持ち直して44.49%、府議選は0.52ポイント上昇で46.11%です。初投票のムスメも行きましたよ。知り合いからすすめられた人に入れたみたいですけど、最終的に決めたのは自分ですから。まずは参加することに意義があります。

上記社説に「知事や市長を選ぶのに比べて関心が少ないのは否めない。」とありますが、私の勝手な思いでは、少なくとも知事選よりは自分で選んだ気がしました。
 今度は7月です。夏もすぐにやってきますよ。(^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 08, 2007

風信子

ヒヤシンス・カーネギー  去年の12月にホームセンターで球根を買ったヒヤシンスの「カーネギー」が咲きそろいました。
 新しい苗や球根を買うときは、選べる範囲で芳香性のあるものを買っています。この花も玄関に置いていると、ドアを閉めていても香りが部屋の中にまで漂ってきます。和名で「風信子」か「飛信子」と書くのだとか。当て字のようで香りが風にのって届くと言う意味合いではぴったりかもしれませんね。
 白いヒヤシンスの花言葉は「心静かな愛」「控えめな愛らしさ」だそうです。毎日見かける盛りの桜は本当にあでやかで、この花のシンプルさになんだかほっとします。

| | Comments (3) | TrackBack (1)

神だのみではなく

小学校の桜 投票所の桜です。昨日は勝運を授かると言うお水を汲んで来て、お茶を沸かしていっぱい飲んだので、私の一票はパワーが違う・・・なんて駄目ですね。信仰心のない人にご利益はないでしょう。(^^;
 でも大勢に影響はなくても貴重な意思表示です。

北野天満宮・梅 そのあとお花見に行ったわけではないのですが、近くまで行ったので北野天満宮の中を通り抜けてきました。北野の天神さんと言えば梅の名所です。ぽっちり梅が咲いているのは見えますか?
北野天満宮・桜
 ソメイヨシノはちょうど盛りです。

2007_04080025_北野天満宮・カエデ
 カエデのバックになっている桜が、種類が違うもののようで、ほとんどツボミです。まだしばらくお花見が楽しめますね。

 昨日、美味しい番茶を買ったので、近くのお豆腐屋さんで豆腐でできたお饅頭と、ここのを食べると他のお店のでは物足りなくなると評判の七味を買って帰りました。サイト内にあるので画像は省略です。(^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 07, 2007

桜寺

墨染寺
 小さくて目立たないところですが、美しいと評判の桜のあるお寺です。→墨染寺(ぼくせんじ)
墨染桜
 ソメイヨシノより遅れて咲き、その咲き始めの白さが薄墨のように見えると言われています。少し赤みが差して来ていますね。

 せっかく近くまで行ったので、このあと藤森神社で不二の水を汲み、近くのお茶屋さんでお茶を買って帰りました。今日は小雨まじりのお天気ですが、明日は晴れますように。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 06, 2007

アルプス乙女

アルプス乙女4月6日
 リンゴ~の花びらがぁ~♪白くなり、去年より17日早く咲きました。「りんごの南限」で検索してみると信州と書かれているページあり、北陸と書かれているページありで少なくとも京都よりは涼しい気候の所です。姫リンゴだとどうなのかわかりませんけど、このまま気候が暖かくなりつつあるとしたら・・・実がならなくなっちゃうのでしょうか。
 以前ブログの記事に樹木葬という形があることを書かれている方がありました。木の下に埋葬すると言うよりお墓の近くに木を植えるらしいのですが。
 何となく最近、私もどうせならこの木にしたいななんて思っています。赤い実が毎年なるなんて嬉しいかなとか。(^^ゞ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 05, 2007

速達です

ぽすぴ ~切手をつくる。切手でつながる~
こちら
私の切手  サイドバーの切手部分をクリックすると、その切手の方のサイトにリンクしています。
 面白そうなので参加してみましたが、ちょっと目まぐるしく変わりすぎて、せわしないからしばらくしたら消します。(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

花の色

乙女桜
 昨日はみぞれ混じりの雨が降り出すはで不安定なお天気でしたが、今日は気持ちのいい青空です。ささやかなベランダ園芸にも花の季節がめぐってきました。
アルプス乙女
 アルプス乙女も明日には咲きそうです。咲いてしまうと真っ白の花びらになりますが、まだほんのりピンクです。

西洋カラシナ
 菜の花(西洋カラシナ?)も盛りです。いつもと違う、自生地の眺めの良い所を見つけました。(^^
そよそよ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 04, 2007

桜舞い散る中に

京都府庁・枝垂れ桜 京都府庁・枝垂れ桜 京都府庁・枝垂れ桜 京都府庁・枝垂れ桜 京都府庁・枝垂れ桜 京都府庁・枝垂れ桜 京都府庁・枝垂れ桜

 今日から日曜日まで京都府庁の旧館は一般公開されています。
詳しくはこちら
 中庭の桜も美しいですが、建物も本当に素敵です。「創建時の姿をとどめる現役の官公庁建物としては日本最古のものとなっている。」ですし、お庭も「明治から大正期を代表する庭師であり、平安神宮神苑や山形有朋の別邸であった無鄰庵庭園を手がけた七代目小川治兵衛が庭園の設計をしている。」です。
詳しくはこちら
 桜が散ってしまうまでに是非。(^^

| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 03, 2007

桜吹雪

桜吹雪
京都府庁の桜です。はらはらと花びらが舞って、映画のワンシーンのように綺麗です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

桜吹雪でしょうか?

 夕べからぐっと冷え込んできています。全国的に気温が下がりますが、特に3日の東京は雪が降ってもおかしくないお天気になるようなことを天気予報で言ってました。せっかくの桜が心配ですね。

イェーイ♪ 今日はココログが午後3時から24時間のメンテナンスです。その間、書き込みetcができなくなりますので、それまでにできれば携帯から桜情報の投稿をしようと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 01, 2007

HAPPY FEET

ハッピーフィート  ムスメがつき合ってくれたので「ハッピーフィート」を見てきました。(^^;
 もうかわいいし、楽しいし、迫力があるし、パパペンギンはかっこいいし。(笑)
 実写の「皇帝ペンギン」もムスメと見に行って、あれも良かったのですが、娯楽だと思えば比べ物になりません。音楽もすごく良くって、子どもよりむしろ私らの年代の方が見ていてパタパタ足が動きそうなのでは(見に来ているのは大人ばかりでした、子供連れは一組くらいだったような・・・)。お話も予想外の展開で、テレビでも、ただかわいいだけのCMと違うものを流せばいいのにと思います。
 エンディングロールでは、スクリーンの所に舞台があって、本当にそこでペンギンが踊っているように見えました。最後まで頭を空っぽにして楽しめる映画です。(^^

 お昼ご飯は、近くのカフェで食べました。ここは 京都市登録有形文化財に登録されていて今は多目的スペースとして生まれ変わったビルの地下にありあます。
2007_04010010_1 2007_04010009_2
 水菜とヒジキとヒヨコマメの和風カレー(カップスープとサラダ付)とプレートランチです。
琥珀流し ここで珈琲を飲んだので、映画を見たあとは老舗の和菓子屋さんに入りました。
 つぶ餡と柔らかめの寒天に甘酸っぱい桜の香りのシロップがかかっています(玄米茶付)。ひんやりと口当たりが良くて美味しかったです。

Estrellita  あと、このお店の雑貨をムスメがほしがっていたので、のぞいて帰りました。
ARANGI ARONZO・ワルモノ これはムスコにオミヤゲです。気に入ってくれるといいのですが。(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

安さの秘密は?

元気や  この値段、エープリルフールではありません。最近、町のあちらこちらでこの名前の看板を見かけ、気になっていたところテレビのニュースでも紹介されたようです。
 子どもらも食べてみたがっていたので買って帰りました。
250円弁当 見たところ、ホカホカ弁当と変わりありません。注文してから作られるのではないので、タイミングによっては冷めているかも知れませんが、私が買ったときはご飯は温かかったです。千切りキャベツが入ってないところが寂しいかな・・・?
 この他にハンバーグ、カキフライ、チキン南蛮(?)の3種類がありました。あと単品のオカズもあるようです。チキンの端っこがちょっとシーチキンを連想させるものの結構美味しいです。↑のお箸袋を手がかりにお店を見つけてください。(^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2007 | Main | May 2007 »