« 鉱山のカナリヤ | Main | 「森と湖の国」 »

February 18, 2007

目にも楽しく

長久堂  コンサートホールから北に10分ほど歩き、もうほとんど山裾と言う雰囲気のところにあるお菓子屋さんです。
 子どものときに食べて、こんなお菓子があっていいのか!と思った「わさび餅」が気になって足をのばしました。
わさび餅 求肥にワサビ粉が入っています。子どものときは、甘い・辛い!・気持ち悪い~!(大変失礼を)と思って食べられませんでした。今ならもしかして美味しく食べられるのでは?と言う好奇心です。
 結果は、思っていたより数倍美味しかったです。確かに後口が、つーんと辛いのですが、それが爽やかに感じるのは大人になった証拠なんでしょうか。(笑)
 せっかく来たので、少しずつ生菓子と葛湯を買いました。
野に遊ぶ雛うたげ 「野に遊ぶ」と「雛うたげ」と言うお菓子です。左側は露のしずくが綺麗です。右側はチラシ寿司に見えますか?ちょっとした遊び心ですね。
鳰の浮巣(におのうきす) これは抹茶と桜の葛湯です。お湯を注ぐと、中から・・・。
ピース・ピース
 二羽の水鳥が現われます。
 こんな細工がほどこされたものを見ると、京都のお菓子だなと思います。お味の方も、あっさりとした甘さで、おいしゅうございました。(^^

|

« 鉱山のカナリヤ | Main | 「森と湖の国」 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

京都」カテゴリの記事

Comments

こんにちは!
これはもしかして、以前コメントで教えていただいた、わさび餅でしょうか!!

求肥自体が少しニガテなのですが
とっても気になります。
見かけたら、試してみますね!

それにしても、和菓子って本当に美しいですね。
季節を感じますし、気がつかないところまで
細かいこころくばりをほどこしてありそうです。
茶と桜の葛湯、わぁぁ~!って声を出してしまったほど、かわいいです!

Posted by: a-carl | February 19, 2007 12:31

そうです、ふ・ふ・ふ、未体験の不思議味です。
お店に行ってみると、まだもう一品、ありました。
「求肥昆布」昆布を粉末にして練りこんであるそうです。これも美味しいみたいですよ。また、ふつふつとしたら買ってみます。(^^;

あの水鳥は、お店ではちゃんと並んで浮かんでいた(見本ですね)のに私がすると寝転んでしまうんです。でも、これはかわいくてマイブームになりそうです♪

Posted by: winter-cosmos | February 19, 2007 19:24

きゃー、きれい!
日差しも春らしくなり、そんな春らしさにぴったりの色をしたお菓子の数々ですね。
葛湯はそんなに好きじゃないのですが、中から水鳥なんかがでてきちゃったら、ついつい、飲みたくなっちゃいますね。
さすがは京都です。(笑)

Posted by: らふぁえる | February 22, 2007 03:09

この日は細々と買い物をして帰ってきたので、お菓子(↑チラシ寿司)の入った箱が転げないか神経使ったんです。それが手提げから出すときにムーンサルトのように落としてしまいました(きゃぁー!)。(笑)
葛湯、これはおいしいです。粉くささが全然なくって。あと小豆味ともう一つありました。梅見がてらのぞいてみてください♪

Posted by: winter-cosmos | February 22, 2007 07:55

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 目にも楽しく:

« 鉱山のカナリヤ | Main | 「森と湖の国」 »