« January 2007 | Main | March 2007 »

February 28, 2007

続・イカナゴ情報

イカナゴのクギ煮  イカナゴのクギ煮ができました。去年と比べるとだいぶ大きく育って身がしっかりしているので、炊きやすかったです。
イカナゴ・釜揚げ
 1kg買って、200gだけ釜揚げにしました。このままポン酢で食べてもいいですが、昨日のサイトに紹介されていた「ビルバオ風」が美味しいです。イカナゴ・ビルバオ風
 乾燥スライスガーリックと輪切りのタカの爪を入れたオリーブオイルを煮立てて、釜揚げにした上からかけました。シンプルな食べ方なので、ちょっといいオーガニックのオリーブオイルを買った価値がありました。(^^ゞ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

冬の終わりに

ムラサキハナナ  ムラサキハナナが咲きました。去年は3月8日に咲きましたが、写真を見比べると勢いが違います。
乙女桜  花屋さんの店先でへたれていた桜草も咲き始めました。夕方の風は、まだまだ冷たいですが、春ですね。

モスラ~♪ この子も春を待っていたようです。帰ってきたら変身(羽化)していました。やっぱり"蛾"でした。(^^ゞ
 9日にサナギにはなったものの、あの弱り気味だった様子では羽化できるかわからないので、駄目だったらドングリの鉢にでも埋めようと思っていたところです。埋められてはかなわないと思ったのかも。(笑)
 この子は夜行性ではないかもしれませんが、夜の旅立ちです。元気でね~。

ドングリ・2月28日  最後にドングリの近況を。半分枯れかけの葉っぱで、なんとか冬を越しました。(^^v

 あっ、イカナゴ買いました。暖冬の影響か去年と比べるとかなり大きめです。クギ煮ができたらエントリーします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 27, 2007

イカナゴ情報

 もうあと1日で三月です。この数日、寒い日が続いたので春の実感がわきません。それでも魚屋さんに28日からイカナゴが入荷しますと貼紙がしてありました。こちらではあまりなじみのないものでしたが、2年前に初めて買って「クギ煮」(佃煮です)を炊いてみて、すっかりファンになりました。「瀬戸内海に春を告げる魚」だそうです。
兵庫県漁連

 遅い時間に買って帰って、それからクギ煮にするのも、ちょっと大変ですが、サイトの中に目先を変えたお料理がのっています。スペイン料理のウナギの稚魚のようにオリーブオイルで煮るのもお手軽でおいしそうです。是非、明日買わないと。(^^ゞ

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 26, 2007

「美術と名庭のひととき」

 去年、桜の時期に行った博物館から案内が届きました。バリアフリー新法(高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律)の基準に合わせて施設の整備をするために閉館されていましたが、3月10日から新しい展示をされるそうです(優待券のオマケつきです ^^ )。
 事前申し込み(応募者多数の場合抽選)の要る特別鑑賞会もあるようです。行ってみたいけど5月の平日です。(^^;
 平安神宮の「神苑」や山縣有朋の別邸だった「無鄰庵」などの名園を手がけた庭師七代目小川治兵衛が、住友家当主の依頼で作られたと言う住友有芳園(非公開)も見学できるようです。
お問い合わせはこちら→泉屋博古館

| | Comments (0) | TrackBack (0)

もしかして花粉症?

 風邪気味です・・・。土曜日もこの日をのがすと期限までに行きそびれてしまうと思いながら、寒くてなかなか出かけられませんでした。昨日はアマチュアオーケストラの定期演奏会に行くつもりだったのですが、やっぱりぐずぐずしていたら遅れて最初の曲はのがしてしまいました。(^^;
 メインはモーツァルトの交響曲40番です。気持ちだけでもあったかくなるような明るい曲が聴きたいなと思いつつ、意気込みの感じられる演奏でまあまあでした。20代の若い人がほとんどのオーケストラで人数も少なく、こじんまりとしています。まだできたてのオーケストラですが、大学のオーケストラで弾いていた人たちが多いようです。管楽器がミスをすると目立ちますがが、そんな場面もなく本当に上手でした(特にクラリネットが) 。難を言えばヴァイオリンがのってくるまでに時間がかかるようで、出だしのばらつきが気になりました。丁寧には弾かれていますが、音が今ひとつなめらかではなく今後に期待です。

 演奏会を開くにはホールの使用料、プログラムの印刷代等々、結構なお金がかかります。練習に通う交通費やその会場費もばかになりません。
 昨日はテレビで映画の「スウィングガールズ」をしていました。この中で楽器代のためアルバイトをする場面があります。管楽器ならフルートかクラリネットあたりがお手軽で、それ以外は一番安い練習用のものでも結構します。弦楽器もヴァイオリンなら高校生のバイト料くらいでも買えなくもありません。
 お正月にNHKのドラマで、生活保護を受けている母子家庭の女子高校生が学校の吹奏楽で楽器を始め(フルートだったと思います)、音大に進学したいと言って、お母さんと衝突する場面がありました。小さなときからレベルの高いレッスンで積み上げたような子が行くものだと言う先入観はあるかもしれませんが、そんな子ばかりではないのも事実です。ただ、みんな小さいときから本当に音楽が好きでした。好きこそものの上手なれです。
 ドラマの方はちょっとステレオタイプな筋書きだなと思いましたが、楽器を続けたいのなら音大に行く以外の道もありますし、夢はあきらめちゃ駄目!とだけエールをおくりたいような気分でした。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 24, 2007

「雛まつりとお人形」

 コンタクトレンズを去年買い換えたときに、新しいものに無償交換できますから、かならず一年以内に来て下さいねと言ってもらっていました。その期限が3月3日です。駅前のそのお店に行きがてら、気になっていた博物館の「雛まつりとお人形」を見てきました。
京都国立博物館

京都国立博物館  今日は常設展が無料の日だったようで「雛まつりとお人形」も含めて無料で見ることができました。紅梅・白梅 敷地内の梅の木も見ごろです。もう少し暖かければ良かったのですが、ちょっと今日は肌寒いです。
見ごろ過ぎ?
 念願のお雛様とのご対面です。江戸生まれの「段飾り」は、高さもあるので普通の家にはとても飾れるような大きさのものではありませんでした。珍しいのは雅楽の奏者 や舞を舞っている人のお人形があることです。お嫁入り道具のミニチュアと言うか、実際に使えそうな大きさのお道具類もたくさん並べられています。
 うちにもある関西生まれの「御殿飾り」は、確かに博物館以外では見たことがありません。現在ではまったく見られなくなってしまったように解説に書かれていますが、いつごろまであって、どうしてすたれてしまったのか気になるところです。展示されているお雛様は全部江戸時代のものばかりです。うちのお内裏様は大正の末の品物だと思います。御殿だけもっと古いものだったのでしょうか?

追記(2007.2.25):大正から昭和にかけて、「御殿飾り」は関西で大流行したようです。彦根城博物館のサイトにのっていました。
こちら

 それと博物館のサイトに画像のある白木の御殿と、もう一つ別に塗りの施された屋根の御殿が、今回88年ぶり(だったと思います)に展示された幅が3mあるというものです。御殿飾りの方は、お内裏様の他は官女ばかりで(たくさんいらっしゃいます)おなじみの五人囃子はありません。「段飾り」と含めて共通したお人形は何故か右大臣と左大臣です。見に行って余計に気になることが増えてしまいました。でも男雛と女雛を左右どちらに並べるのが正しいのか、この時期話題になりますが、両説とも根拠があるそうで、どちらが正しいとは言えないそうです。今のようにセットでお雛様が売られていたわけではないでしょうから、お人形の種類もそれほど理由はないのかもしれませんね。

 隣の展示室にお香の道具類がたくさん展示されていました。香道の心得がないので、残念ながら見てもまったくわかりません。変わったものはお香の香りを当てると駒(馬です)を進めることのできる"ボードゲーム"です。まちがえると落馬もあるそうです。(笑)いずれにしても繊細な細工のされたものばかりです。時代はお雛様の方が古いのですが、お道具類や古いお人形は、子どもの頃なら普通の家庭でも見られたものに近いので、こちらの方が非日常な世界ではありました。

 博物館の向かいに古くからあったホテルが、外資系に変わったので、ちょっとのぞいてお菓子を買って帰りました。以前の建物を改装されただけなので天井が低いですが、ずいぶんすっきりとしました。基調になる色に建物全体が統一されているので落ち着ける雰囲気です。
ハイアットリージェンシーの
マロンクランブルタルト  マロンクランブルタルトです。渋皮のついた大粒の栗が入っています。甘すぎずバターのいい香りがします。(^^

| | Comments (0) | TrackBack (1)

February 23, 2007

やっぱり二十歳の青春

みそかつサンド  私の場合、たぶん緊急着陸でもないかぎり(縁起でもない)、行くことはないだろうと思う中部国際空港の空弁です。パンにお味噌をつけて食べるなんて、ありえな~い!と言わず、機会があればお召し上がりください。美味しいです。
 帰りに近くのスーパーで見つけました。ちょっと謎の味かもしれないので一箱だけ買ってみて、ご飯前に一切れずつ分けっこして食べました。カツの柔らかさに感激です。

 しばらく遠出はできそうもないですけど、旅行は行きたいですね~。↓昨日の20周年記念の青春18は、5日分で8000円とかなりお得です。人気がでそうなので混むでしょうね・・・。でも1600円で乗り放題は魅力です。(^^
 テクテク歩く旅行が好きです。↓の写真も手に「地球の歩き方」を持っています。(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

続・二十歳の青春

青春22  はるか昔なので、細かいことは忘れてしまいました。これは凱旋門の上じゃないかと思います。
 二十歳より少しいってますが、四捨五入すればまだOKな頃です。もう倍ほど若い頃の写真をのせたことがありますが、そんなに変わってないはずです。今も(謎)。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

February 22, 2007

二十歳の青春

 これはおすすめサイトと言うわけでもないのですけど、一番好きなサイトです。Logo_louvre綺麗だな~と思ってときどき眺めています。↓
 色あいと機能的なところと、デザインが素敵なのは当たり前ですね。(笑)

 日本の美術館ならこちら→ 21st_century_museum_of_contemporary_art,kanazawa 
こちらは、日帰りで行けなくもないところなので、もう少し気候がよくなったら行ってみたいなと思っています。『まちに開かれた公園のような美術館』は、オープンスペースの展示に敷地全体が楽しめるようです。青春18で行っちゃいましょうか、もう売ってるんですね。(^^ゞ→ 「JR発足20周年・青春18きっぷ」の発売

| | Comments (0) | TrackBack (0)

宵の明星

 最近、日が長くなってきましたね。そろそろ明るいうちに家に帰れそうです。火曜日でしたか西の空に細~い三日月が沈みかけていて、そのすぐ近くに金星が見えます。これ、もう少し前に見ていたら、並んでいたかもしれないと思いながら眺めていました。
宵の明星

やっぱり便利です。(^^
Yahoo!きっず星空シミュレーション

かわいいのでサイドバーに時計も貼りました。水・金・地・火・・・火星が梅干みたいです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 21, 2007

続・公平性の確保?

 17日のエントリーで紹介しました、朝日新聞の「母子加算廃止なぜ」と言う記事はasahi.comに掲載されていないようなので、ちょこちょこ検索で来られる方があり、保護費が27万円と言うことで調べてらっしゃるようです。その記事中の説明では「保護費は地域や子どもの数・年齢によって違い、女性の場合は月21万円。これに児童扶養手当などの6万円を合わせた計27万円がひと月の平均収入だ。」(小学生の子どもさんが二人いらっしゃる40代の女性)とあります。その保護費のうち母子加算2万5100円は4月から減額が始まります(07年度から3分の1ずつ減額し、09年度に全廃)。
 あと以前は16~18歳も母子加算の対象だったものが、05年度から減額が始まり07年度に全廃です。減額の取り消しを求めて提訴された女性の場合はこちらがあてはまります(児童扶養手当は4万円)。

 こちらの最低賃金は686円で、近辺のコンビニの時間給が700円です。保護費の21万円分を手取りでもらうために、仮に25万円働こうと思えば約357時間です。パートをいくらかけもちしても無理な数字です。「公平性の確保」をしようとのお考えなら、この差を埋めようと、どうしておっしゃていただけないのかと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 20, 2007

もれなくついてくる

Go with me!  せっせと食べ続け、お買い物バッグをゲットしました♪
 パン15袋分の景品にしてはよくできています。内ポケットつきで、本体の布地の裏側はコーティングもしてあります。
 とりあえずは図書館バッグにしようかと思います。最近、仕事で一日活字を読んでいるので、家では新聞くらいで力尽きて、ほとんど読めずに返してしまうことの方が多いのですけど。(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 19, 2007

「森と湖の国」

 久しぶりに"普通"のコンサートです。今日(18日)のソリストの諏訪内晶子さんは京響とは初共演です。チケットを買うのが少し出遅れて、最初に行ったチケットピアではS席の1階は完売で、3階正面しか残っていません。ホールのチケットカウンターにA席の2階席の後列ですが、中央あたりが空いていたのでそちらにしました。お美しいと評判の諏訪内さんです。よく"見える"席がいいかなとも思いましたので。(笑)

京都市交響楽団第497回定期演奏会
京都コンサートホール
指揮:井上道義 独奏:諏訪内晶子(ヴァイオリン)
シベリウス
組曲「カレリア」op.11
交響曲第7番ハ長調op.105
ヴァイオリン協奏曲ニ短調op.47
交響詩「フィンランディア」op.26

 まず一曲目は井上氏のダンスを踊るような軽やかな指揮で始まりました。フィンランドの自然の情景が目の前に広がっていきます。
 今日のパンフレットの「フィンランディア」の解説です。「現在では第2のフィンランド国歌として知れ渡り、歌詞も付けられている。
 曲は冒頭から異様である。悲劇を象徴する重々しいモティーフで始まり、金管楽器の強烈な響きが、休止符にさえぎられてもなお、怒涛となって押し寄せてくる。続いて闘争へのエネルギーが爆発し、ティンパニーなど打楽器も加わり、音の洪水となる。圧制に向けられた民衆の怒りはすさまじいばかり。やがて木管で優しい旋律が表れて明るい気分に転換し、金管が力強くこの国の未来を称えて終わる。」・・・読んでいて、なんだかうらやましくなりました。うらやましがってるだけではだめですね。(^^;

シベリウス
ヴァイオリン協奏曲ニ短調  ずいぶん以前に新日鉄のCMで諏訪内さんの演奏が流れていたのはチャイコフスキーのコンチェルトでしたか(違ったらゴメンナサイ)、力強い演奏が印象的だったと思います。上半身の大きく開いたラベンダーのシンプルなドレスで登場された姿は、圧倒的な存在感です。演奏はもちろん素晴らしく、息をとめて聴き入ってしまいます。最近アマチュアの演奏会に行くことの方が多かったので、いつもと違う楽器の音色にひたってしまいました。 
 演奏が終わり微笑みながら軽くお辞儀をされる様子は、とても親しみやすい雰囲気で、違った一面を見せていただいたような気がします。今日は時間的にはやや短めでしたが、去年のブラームス ツィクルス(4月)のパンフレットで、この演奏会の予定を見てから楽しみに待ちに待った甲斐がありました。(^^

| | Comments (0) | TrackBack (1)

February 18, 2007

目にも楽しく

長久堂  コンサートホールから北に10分ほど歩き、もうほとんど山裾と言う雰囲気のところにあるお菓子屋さんです。
 子どものときに食べて、こんなお菓子があっていいのか!と思った「わさび餅」が気になって足をのばしました。
わさび餅 求肥にワサビ粉が入っています。子どものときは、甘い・辛い!・気持ち悪い~!(大変失礼を)と思って食べられませんでした。今ならもしかして美味しく食べられるのでは?と言う好奇心です。
 結果は、思っていたより数倍美味しかったです。確かに後口が、つーんと辛いのですが、それが爽やかに感じるのは大人になった証拠なんでしょうか。(笑)
 せっかく来たので、少しずつ生菓子と葛湯を買いました。
野に遊ぶ雛うたげ 「野に遊ぶ」と「雛うたげ」と言うお菓子です。左側は露のしずくが綺麗です。右側はチラシ寿司に見えますか?ちょっとした遊び心ですね。
鳰の浮巣(におのうきす) これは抹茶と桜の葛湯です。お湯を注ぐと、中から・・・。
ピース・ピース
 二羽の水鳥が現われます。
 こんな細工がほどこされたものを見ると、京都のお菓子だなと思います。お味の方も、あっさりとした甘さで、おいしゅうございました。(^^

| | Comments (4) | TrackBack (0)

鉱山のカナリヤ

死にたくない! いま、生活保護が生きるとき  今日はコンサートに行ったので、帰りに買ってきました。
 「貧困救う全盲の闘士」と言われた竹下弁護士の編著です。


「死にたくない! いま、生活保護が生きるとき」
竹下義樹 吉永純編著(青木書店2006.9)

 生活保護は鉱山におけるカナリヤにたとえられることがある。生活保護が「泣く」ときは、社会保障が泣く前兆であり、市民生活が危機にさらされる前触れであろう。他の社会保障制度のような業界圧力団体がなく、利用者の意向が政策に反映されるシステムに欠けている現在の生活保護制度では、国の本音が露骨に現われる。生活保護のあり様は、この国の社会保障をどのようにしていくか、国のあり様を先取りするものと言ってよいだろう。それゆえ生活保護を利用しやすく安心できるものに変えていく取り組みは、この国自体の建て直しであり、倫理や品性を取り戻す闘いでもある。
(はじめにより)

 すみません、もう少し読めたら続きを書きます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 17, 2007

公平性の確保?

 Wind Calmさんが、今日の朝日新聞「生活」面の「母子加算廃止なぜ」と言う記事について書かれています。
→ 『朝日』の立場 

 去年だったと思いますが、こちらの女性が母子加算が減額されることに対して訴えを起こされ、高校に通う子どもさんに新しい服の1枚も買ってあげたいからと話されているところがテレビに映っていました。
 その女性は、確か保護費を16万いただかれているようでした。家賃を6万払って、残り10万円で生活していくのは大変なのはわかりますが、それだけ手取りでもらおうと思えば20万は働かないといけないわけで、今から仕事を探してそれだけの仕事を得るのは至難だと思います。知り合いにも、ご主人の借金が原因で離婚後パートをかけもちし、公営住宅に入居できたおかげで高校生の子どもさんとなんとか生活できている、と言う話も聞きます。
 その女性は精神的な疾患があるそうなのですが、一見しただけでは、その窮状が感じられませんでした。定時制高校に通われていると言う子どもさんも、年齢から考えればアルバイト程度の収入は得られなくはありません。現実と照らし合わせれば、難しいだろうなとテレビを見ながら思いました(でも、その現実の方が問題ありなのですから)。まして今日の朝日のケースは、Wind Calmさんがおっしゃるとおり「手取り27万円なら・・・ と誰しも思ってしまうのではないだろうか。」です。

 「母子加算廃止なぜ」の記事中に『安倍首相は国会で、「保護を受けている世帯と受けていない世帯の公平性の確保」と説明した』とあります。
 同じ朝日の今日付け社会面の記事、「孤立した妻 介護放棄 仕事3つ働き通し」の一部です。

病弱の夫(63)を放置し死亡させたとされる事件で保護者責任遺棄致死の疑いで逮捕された妻でパート従業員●●(50)は「時間もお金もなく頼る人もいなかった」と大阪府警の調べに供述している。三つの仕事を掛け持ちしながら、深夜まで働き通しだった。なぜ周囲に助けを求めないまま、夫を死に追いやったのだろうか。

 月収は手取り約23万円。そこから家賃7万2千円を納め、夫が無職になった際に生活費として消費者金融から借りた100万円余りの返済を月5万円ずつ続けていた。自分の借金約100万円も返していたという。

 昨年11月、●●容疑者は淀川区役所を訪れ、生活保護の受給資格などを尋ねたが申請しなかったという。申請しても月収などから支給されなかったとみられる。

 この記事まで逆効果になりかねないですね。(^^;

追記:「母子加算廃止なぜ」の記事中の内容の補足を21日にエントリーしました。→こちら

| | Comments (2) | TrackBack (4)

February 16, 2007

ぶさいくどすなぁ

 昨日の記事で京都のお雛様が御殿に入ってらっしゃるのを見ていて、前に読んだコラムのことを思い出しました。→「京の着倒れ
私は、お行儀よくはありませんが、この内容は納得がいきます。
 もうかなり前です。「報道ステーション」が「ニュースステーション」で、司会は久米宏さんだったときです。「あなたの京都度チエック」と言う特集があり、その質問の10項目のうち2つだけは今でも覚えています。「あなたは河原町のジュリーを知っている」と「自分には貴族の血が流れていると信じている」です。これを聞いて、うん、うんとうなずいた人は確かに京都人かもしれません(?)。この、あとの項目に真面目な顔をしてうなずいた人を見て、私はあっけにとられましたが。 (^^;

 そう言えば、最近ニュースを賑わしているこちらのお宅の話題も
一澤帆布の社長側が、前社長側に11億円の賠償求め提訴
 先のコラムの「京都では良い職人を育てるのは厳しい目を持った顧客であると言われ、常に真剣勝負をしている感があります。 それゆえ、客を見ながらものづくりが行われ、職人と顧客との間に連帯感が出来、馴染みになるのです。だから技術や感性が磨かれるのです。」そのとおりだと思います。だから、これでなおさら評価は、はっきりするだろうなと思います。さあ、どちらが本物でしょう・・・?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 15, 2007

雛まつり再発見!

 今日は風が強いから寒く感じます。それでもヴァレンタインが済むと、今度はお菓子屋さんのお雛菓子の広告です。それに催促されるようにお雛様も出さないといけないなと思います。
 新聞の美術館・博物館の催しの案内に「雛祭りとお人形」と言うのがありました。ずっと以前に、同じ展示を見たような気がしますから、毎年この時期になると常設展といっしょにしているのかもしれませんね。
 関西風の御殿飾りは、うちにも簡単なものがありますが、初出展の幅三メートルの御殿飾りは、見に行く値打ちがありそうです。

追記(2007.2.16):今日のN●Kのニュースでこの展示の紹介をしていました。かなり豪華です。行かなくちゃ♪

一応御殿ですおじゃまします大正時代の物?中はパズル

 2年前に携帯で撮った写真なので小さいですが、だいぶ傷んでいるのでデジカメで撮るのはやめておきます。(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (1)

期間限定

 すみません、あまりにおもしろいので貼ってみたくなりました。
ポインターでつついてみてください。

他の3つも楽しいです。→期間限定ブログパーツ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 14, 2007

続・Happy Valentine

ハートの海苔巻き
チョコバナナケーキ  なんとかできました。節分のときに巻き簾が見つからなかったので、一つ買いました。ピンクのハートに見えますか?(笑)
 ヴァレンタインの晩御飯でした。(^^ゞ

※こんなの作れたらいいな~→房総の太巻き祭りずし

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Happy Valentine

Happy Valentine  大人(?)ですからシンプルに、手作りチョコ(のつもり)です。よろしければお持ち帰りください。(^^ゞ
 今年は珍しいチョコを探しにも行かなかったので、現実でも盛り上がりに欠けるのですが、それでも楽しいヴァレンタインです。
 時間の余裕があれば、去年、好評だったチョコバナナケーキを焼こうかなと思っています。バナナケーキにビターの板チョコを、さっくり混ぜて焼くだけの簡単なものです。家中に甘い香りが立ち込めてSweet Homeです。(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 12, 2007

カレースプーン一杯の幸せ

エコポイント  お買い物バッグを持参してエコポイント五点で五円のキャッシュバックです。これは図書館の近くのスーパーで、たまにしかお買い物しませんから、もう何年になるのか一度も引き出したことがありませんでした。その間にたまっていたポイントが四千円近くなっています。映画を見て、美味しいランチでも食べるくらいにはなりますね。それにレジ袋一枚でカレースプーン二杯の原油の節約ですから、これはちょっと頑張りましょうか。(^^ゞ

※LLサイズのレジ袋に必要な原油が18.3ミリリットルだとするとカレースプーン約2杯分です。
レジ袋の使用枚数と原油消費を試算する

追記:平○堂 お買い物袋持参率(19年1月)
 有料化していないお店にしては高い方では?
 イオンは15%、10年前に有料化した京都生協は90%です。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

February 11, 2007

減量に一役

 今日の朝日新聞の日曜版に、《千里の道も「18.3ミリリットル」から》と言う記事がちょうど載りました。スーパーでよく使われているレジ袋(LLサイズ)を1枚使わずに節約できる原油は18.3ミリリットルだそうです。

 みんなでレジ袋を使うのをやめたら、全体では55.8万キロリットルの節約になる。だが、年間の原油輸入量に対する割合は0.23%。国産品に限っていえば0.1%にすぎない。ちなみにガソリンは原油利用の約4分の1を占めている。
 千里の道も一歩から。レジ袋は、環境問題を考えるきっかけにすぎない。私もレジ袋はもらわないだけでなく、車もなるべくやめて歩くか、自転車にのろう。おなかの脂肪を燃やせて一石二鳥だ。

 最後のところが一番うん、うんとうなずけたりしますね(笑)。私が行くことのあるスーパーは、レジ袋をもらわないとカードにスタンプを押していただけて、20個たまると100円の金券としてつかえるようになっています。決まったお店しか行かないのなら、それでもいいですが、あちらこちらのお店のカードをいっぱい持って歩くのはちょっと・・・です。お買い物金額に応じたポイントをつけてくれるカードに、そのぶんをポイントとして加算する方式をとっているところがありますが、まだこれが一番便利かなと思います。→ エコポイント

| | Comments (4) | TrackBack (1)

February 10, 2007

お買い物バッグいろいろ

おまけのバッグ  お買い物バッグです。この三つは何かの景品で、実際に使ったことのあるのは右の赤いものです。折りたたんでクルッと返すと中に小さな袋がついていて、その中に入れると手のひらサイズになります。薄くても丈夫で、土つきの野菜なんかをいれて汚れても、洗えばすぐ乾きます。上二つは商品のロゴが大きく入っていることくらいが難です。

《追記:左側のバッグは濡れると持ち手のところから色が出ます。初めて持って出たら雨が降り出し、本体の白い部分が赤く染まりました。肩にかけたりすれば、洋服に移染しますね。(^^; 》
ミスド・バッグ
 下の青い袋のものはすぐれものです。広げるとスーパーのお買い物カゴの大きさで、内側に保冷シートでできた袋がついています。上の青い布のところは収納袋とおそろいの紐と留め具でしぼれるようになっています。本体の色もうるさくなく好きなのですが、収納した状態でお弁当箱くらいあります。日常的に持ち歩くには大きすぎます。これを入れるためのバッグが必要になりますから、お休みの日のまとめ買い用ですね。

キタムラとアフタヌンティーのバッグ  こちらは買ったものです。左側は老舗のバッグ店のもので、予約販売だったのですが、受け取ってがっかりしました。コーティングした布だとコンパクトにならないからでしょう、普通の木綿の布でパッとみた感じ100円で売っているバッグと大差ないです。附属のミニバッグは皮革の持ち手でかわいいので(こちらだけナイロンの裏地もついています)、小物を入れるのに使いました。右側の2倍はしたと思いますが、お出かけ用と言う雰囲気ではなく、かと言って日常の食料品を入れるには汚れがしみ込むので不向きです。じゃぁいつ使うの?と結局お蔵入りです。
 右側の雑貨屋さんのバッグが一番無難で使いやすいです。何種類か、色違い、サイズちがいもあり、使ってらっしゃる方をよく見かけます。傷めやすいものなので、あまり高いものは必要ないですね。

《追記:「エコバッグ」で検索していて見つけました。東京まで買いには行けませんけど(^^; かわいくていい感じです。→こちら

 この先レジ袋は完全に有料化になるのでしょうか?もうかなり前から生協はレジ袋を有料化しています。袋の貸し出しもしてもらえますが、手提げを持っていないときだと他のお店にしようと思ってしまうこともあります。もらわなければすむことですが、レジ袋の費用まで負担するのも・・・とも思います。
 お店の方も悩みはつきないだろうと思います。備え付けのレジ袋を一枚分の五円だけ料金箱に入れて何十枚も掴んで行く人がいるとか、持参のレジ袋に未精算の商品をいれ万引きすると言ったことも聞きます。モラルの問題になっちゃいますが。(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (1)

春ですね

ムラサキハナナ
 3連休♪のスタートは、あいにくの曇り空で、 ややひんやりとしていますが、ムラサキハナナに早々とツボミがついているのに気がつきました。去年は2月24日に最初のツボミを見つけたので、2週間ほど早いことになります。今回はこぼれた種から自然に芽が出たものをそのまま残しました。わさわさと葉を茂らせてたくましい様子です。(^^ゞ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 09, 2007

続・一歩前進?

 犬小屋の地下室の津和さんに「うそー!」と書かれてしまった、京都市のゴミ事情。前回の記事に書きそびれたことのひとつに、焼却灰の溶融施設とは焼却灰を高温で溶かして処理し、道路路盤材などに利用する施設で、最終処分量を大幅に削減できるそうですが、建設費が高くて、なおかつ維持費もかかると言うすぐれもののようです。
 今年度の建設計画にあがっていたものを落札した企業体の中に、「ダンゴ(談合)3兄弟」でおなじみの企業があったので、いったん撤回されました。そのときの落札額が29億9250万円だそうです。(→こちら
 とにかくゴミを減らすしかありません。(^^;

| | Comments (2) | TrackBack (0)

クローズアップ

 NHK大阪放送局の「関西クローズアップ」。今日のテーマは「狙われた生活保護」です。

 国民に最低限の生活を保障する生活保護。その制度の盲点を突き、生活保護費を不正に得ていた詐欺グループが大阪で摘発されました。グループはホームレスに生活保護費を不正に申請させ、その一部を騙し取っていました。生活保護をめぐっては、更に、一部の病院がホームレスに不必要な入院をさせて、多額の医療扶助を得ている実態も明らかになっています。

 番組のインタビューを受けた方によると、入院すると歯科医までやってきて、虫歯の治療までしていただけるそうです。不必要な検査もどっさりと、と言う現場の方の声もありました。
 生活保護には生活扶助・教育扶助・住宅扶助・医療扶助・介護扶助・出産扶助・生業扶助・葬祭扶助と8種類あって、この中で支出の大半は医療扶助だそうです。
 5日の記事で紹介しました朝日の記事の「市は財政難の中、約15億円(06年度)の野宿者対策関連予算を計上、自立支援センターの入所期限の延長なども検討しているが、目立った成果はあがっていないのが実情だ。」これはどこが問題なんでしょうね・・・。(^^;

大阪市西成区の生活保護受給の現状(西成区生活保護受給者聞き取り調査の概要)2006・6・23修正版(PDF)

| | Comments (0) | TrackBack (2)

変身!

 左上のニャンコを期間限定で、ピンクのヴァレンタイン仕様に変えました。幸せな夢を見ながらハートをふりまいています。
 こちらアオムシくんも変身しました(よう化)。この三日間、苦しそうに(見えました)ときどきけいれんするように動く以外は身体を縮ませていて、エサも食べている気配がないので、もうとても無理だと夕べ書きかけました。それが今朝のぞいてみるとこの姿です。変身・2月9日
 脱皮したばかりで、横に脱ぎ捨てたあとがあり、かなり散らかっていますがお許しを。
 もうあと少しです。大空に飛び立っていける日が来ますように!(^^ゞ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 07, 2007

一歩前進?

ビンが空いたら詰め替えよう  京都市のゴミ収集は「家庭ゴミ」と「資源ゴミ」、「金属ゴミ」の三つに分別です。「家庭ゴミ」は「燃えるゴミ」、「燃えないゴミ」と分別の必要がなく、全てを焼却処理されています。そして、その残灰は埋め立てられますが、焼却灰溶融炉建設の計画もあるようで、ゴミのためにたいへんなお金が必要になっています。そう思えばやっぱりゴミは減らさないといけません。(^^;

 24日に詰め替え用のカップ麺のことを(→こちら)記事に書きました。このあと、今、少し減量できそうなことを考えてみました。特別なことは何もありませんが、まず肉類の発泡トレーです。二週間で4枚だったのですが、これも回収ボックスに入れればリサイクルしてもらえます。
 資源ゴミ(缶・ビン・ペットボトル)の中で、うちの場合、特にかさばっているのは空き瓶です。これは詰め替え用を買うようにするしかありません。
 あとレジ袋なんですが、仕事帰りはもらっています。これは最初は野菜の保存袋に利用して、そのあとはゴミ袋です。収集のときに指定の袋が破れてゴミが散らばるのを防ぐため必ず二重にしています(たいていのお宅がそうされていると思います)。それでも、必要以上の枚数をもらっていますから、もっとお買い物バッグをもって出かけないとだめですね。
リサとガスパール   今、CMをしているこのキャラクターのお買い物バッグは、かわいいから気になっています。使わないのに景品をもらうから、それがゴミになっちゃうんですけどね。(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (2)

February 05, 2007

Home, Sweet Home

 午前のテレビのニュースで、大阪市が長居公園の野宿者を強制排除している様子の中継を見ましたが、あまりに短く事務的な内容に言いようのない気持ちになりました。
長居公園の野宿者を強制排除 大阪市、世界陸上控え(asahi.com)
「説得に応じなかったので、やむを得ず代執行を行った。今後は安心して憩える公園となるよう努めたい」との市長の談話です。
 紙面の方ではもう少し詳しく書かれています。《市職員は昨秋以降、野宿者に対し、「野宿は本来の生活スタイルではない」などと、市の施設への入居を訴え続けてきた。しかし大部屋でプライバシーが守られないことや、入所期間が半年に限られることなどから敬遠され、応じた人は1人もいなかった(中略)市は財政難の中、約15億円(06年度)の野宿者対策関連予算を計上、自立支援センターの入所期限の延長なども検討しているが、目立った成果はあがっていないのが実情だ。》

 別の番組でのインタビューに答えた野宿者が、仕事から(公園の住まいに)帰ってきたらホッとすると話しておられました。金額にすればわずかでも、自分で働いたお金で生活していると言う満足感は代えがたいものがあると思います。

 違う話題ですが、このニュースをネット検索していて見つけました。
柳沢厚労相発言に抗議文 西本願寺、首相宛に送付(京都新聞・電子版)
 西本願寺のサイトを見ましたが、まだ掲載されていないようです。でもこの記事の「国の責務を個人の責任に押し付けかねない重大な問題をはらんでいる」、そのとおりだと思います。これは、最近いろいろな場面で感じることです。
 個人で解決できない問題を抱えて公園に最後まで残られた6人を、排除したから何かが解決したかのような市長の談話に疑問です。

追記(2007.2.6):「厚生労働大臣の「少子化対策」関連の発言問題に関する見解の表明」(西本願寺)

| | Comments (2)

February 04, 2007

Tonight’s Sky

 ちょっとプラネタリウム気分です。子ども向けのソフトなのでわかりやすくて、場所や時間も指定できるので便利ですね。
Yahoo!きっず星空シミュレーション
 (ソフトのダウンロードが必要でOSがWindowsに限られます。)

 たまに見るのならこちらの方が綺麗ですが。
HubbleSiteTonight’s Sky

| | Comments (0) | TrackBack (0)

まだまだアオムシ

ほふく前進? アオムシを外に出して死なせたかと思った次の日、夕方帰ってきたら、また丸まって動かなくなっていました。もしかしてサナギになるのかもしれません。気を取り直して次の日、まったく同じ姿勢です。あと1日だけ様子を見ようと思った土曜の朝むっくり動き始めました。(^^;
 玄関の下駄箱の上は寒かったようです。小さいうちは、それでも大丈夫だったのですが。暖房の入った部屋にいると活発に動き出しました。涼しいめの場所でゆっくり育てて、羽化を3月にできないかと思いましたが、ちょっと無理そうです。もう立春なので、そんな心配もいらないでしょうか。(^^?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 03, 2007

うちは大福

おやつは豆大福  海苔巻きにするつもりでいたのに、巻き簾がみつかりません。仕方ないので手巻き寿司になりました。まるかぶりするなら、こちらの方が食べやすくていいのですけどね。(^^;
 今日は買い物に出かけると、お店に焼き魚のにおいが立ち込めていました。イワシも塩焼きになったものを買って帰る人も多いみたいですね。ともかく節分の晩御飯でした。

→「京都の節分鬼は外~
福は内~

| | Comments (5) | TrackBack (0)

ジャンケンポン

クリックしてください

 ココログには gif か jpg のファイルしかアップロードできないと思っていたので、これはお試しです。よろしければ義理チョコ用にお持ち帰りください。(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

次世代への贈り物

 昨日の夕刊のコンサート情報を眺めていると、琵琶湖ホールでいい演奏会を見つけました、それに"青少年割引"があるのですね。S席(3000円)・A席(2000円)がともに1000円!これはお買い得♪
 子ども向けのコンサートなら中高生くらいまでは割引のあるときがありますが、一般のコンサートで、それも25歳未満までが対象です。ホールの自主事業のものはみんなこの割引があるようですね。
滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール
 京都駅からJRで10分かからないのに、ふだん行く機会のない場所だとおっくうで、1998年に開館して、ずいぶんなるのに行くことがありませんでした。こちらはオーケストラピットがあるので、オペラの公演もちょくちょくしていますから、公演カレンダーはときどきのぞいていましたが、そのときには演奏会の予定がたまたま入ってなかったんですね・・・。

 京都もこんなサービスがあったらいいのになーと、ひっそり?思っちゃいます。(^^ゞ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 01, 2007

美を味わえる子どもに育てる

岩城音楽教室 本屋さんの棚で岩城宏之さんがにっこり微笑んでおられました。
 サブタイトルの「美を味わえる子どもに育てる」にひかれて買いました。この文庫(光文社・知恵の森文庫)が2005年の8月初版で、もとになる本は1977年に出版されたものです。ずいぶん前に書かれたものですが、文庫版のための前書きに「三〇年ぶりにこの本を読み返し、敢えて内容を直さないことにしました。少々恥ずかしい、照れくさい気もしますが、音楽をやるためには、元気な体が一番大事、ということをこの本から読み取っていただければ嬉しいと思います。」だそうです。
 うちの子も食べていけるほどには、ほど遠いのですが、おこづかい程度なら楽器が弾けます。ここに至るまでいろいろ思わなかったわけではありませんが、これで良かったのだなとしみじみ思えてきました。
 「のだめカンタービレ」が音大生の本音部分だとしたら、こちらは指揮者の本音でしょうか。「のだめ」で音楽に興味を持たれた方にも次はこの本をおすすめしたいです。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« January 2007 | Main | March 2007 »