« 風は強く冷たくとも | Main | パーツは何でしょう? »

January 11, 2007

枕の天使

 今朝のワイドショーで取り上げられていましたので、ご覧になられた方もあると思いますが、「枕の天使」とご両親は呼ばれている少女についてです。
脳障害の少女の体を現在のまま“停止”に 家族は愛情からと説明The "Ashley Treatment"

 一つ前のエントリーで紹介しました「折れない葦」の中に、対照的な内容のものがありました。
→ 「医療」のすき間で揺れ ~法の壁、家族は限界
 こちらのお嬢さんも、まだ二歳で食べ物をのどに詰め、低酸素脳症の後遺症で体の自由と言葉を失われます。

  十七年かかって、母は前を向けるようになった。私たちもいずれ老いる。娘の施設入所を決める日が来るかもしれない。でも彩さんの声を聞き、話しかけながら、歩めるうちは歩んでいこう。
一月九日。「レンタルでいいのに」とみきさんが言うのも聞かず、夫の敏夫さん(四四)が紺色のはかまを買ってきた。彩さんの成人式。
 おめでとう。晴れ着を身にまとい、彩さんが白い花のように輝いた。

 何が正しいとは考えにくいことです。でも自分がその立場にたったら、たぶん「歩めるうちは歩んでいこう。」だと思います。

|

« 風は強く冷たくとも | Main | パーツは何でしょう? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 枕の天使:

« 風は強く冷たくとも | Main | パーツは何でしょう? »