« 東から? | Main | 昔ながら »

January 30, 2007

貧困救う全盲の闘士

 今日の朝日の夕刊の特集記事 ニッポン人・脈・記 で紹介されているのは、20日の法律援助を広げる市民の集いで講演された竹下弁護士です。

弁護士の魂⑤ 貧困救う全盲の闘士
 ホームレス、ワーキングプア、100万世帯を超す生活保護。私たちの社会で、持てる者と持たざる者の差が広がっている。
 日本弁護士連合会も目を向け始めた。昨年10月の人権擁護大会のシンポジウムで初めて、正面から「貧困」をテーマにすえた「格差社会に立ち向かおう」と実行委員長になったのは竹下義樹(55)。全盲の弁護士である。

 残念ながら、asahi.comには掲載されていないようです。
 「『貧困の連鎖』を断つのは生活保護。その拡充に、我々も取り組まなければ」と竹下弁護士が事務局長をされている全国生活保護裁判連絡会のサイトです→こちら

|

« 東から? | Main | 昔ながら »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

トラックバックありがとうございました。朝日新聞(関西)では、31日朝刊、生活面の「ひととき」も、すごくいいです。

Posted by: うに | January 31, 2007 20:23

こちらこそありがとうございます。
「無意識のうちに受け容れてしまっている価値観」に気づかないといけないのでしょうね。
「ひととき」のように、現行の民法の枠の中に納まりきれないいろいろな形や心が存在するということも。

Posted by: winter-cosmos | January 31, 2007 22:30

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 貧困救う全盲の闘士:

« 東から? | Main | 昔ながら »