« パーツは何でしょう? | Main | 一粒の愛を »

January 13, 2007

前向きに

 9日の記事に関連のある内容なので、おまけくらいの感じで読んでいただけると良いのですが、ずっと前に書いた記事です。→こちら

 「障害者手帳」が交付されると、市営のバス、地下鉄などが介助者を含めて無料になります。体調を崩してから交付までに開きがありましたから、そのときには母は公共の乗り物に乗れるような状況ではありませんでした。
 一番役に立ったのは、手帳があると警察で交付していただける「駐車禁止除外指定車」の標章です。外出と言っても病院に行くだけですが、玄関に一番近いところにある指定の場所に止めることができましたから。あと、ちょっとありがたかったのは、車を母の名義にすれば、自動車税が減免されたことでしょうか。
 舗装具は、うちの場合、「車椅子」でした。当時、母は、ベッドから起き上がって、室内の洗面までくらい歩くだけでも、健康な人が100mを全力で走ったときのように息を切らしていました。ですから自力で歩くことは、もうほとんどできない状態です。手帳の交付から、車椅子が支給されるまでにさらに時間がかかったので、実際には、その車椅子もほとんど使うことはありませんでした。
 当時、まだ子どもらも小さかったので、私一人で母を介護することは物理的な負担になっていました。それが制度を利用することで、少しでも負担を軽くすることができると思うと、精神的には支えになっていました。そのときは前しか見る余裕がありませんでしたが、やはり、「歩めるうちは歩んでいこう」だったのだと思います。

|

« パーツは何でしょう? | Main | 一粒の愛を »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 前向きに:

« パーツは何でしょう? | Main | 一粒の愛を »