« 祝・開通♪ | Main | カウントダウン »

December 09, 2006

メルヘンではなく

 すぐに帰ってくるのですけど、ムスメが研修でアメリカ に行っていて、夕べは一人ご飯でした。冷蔵庫からいろいろ取 り出し、ホットプレートでジュージュー焼いて、おいしゅーご ざいました♪です。
 ゆっくりできそうだったので、D VDも一枚借りてきました。「ククーシュカ ―ラップラ ンドの妖精―」、この映画、始まるなり、あらすじが紹介 されます。今、戦争をしているロシアとフィンランドの兵士の 2人が、ラップランドの先住民族の女性に助けられ共同生活を 始めるのですが、それぞれ違う言葉を話し、笑ってしまうくら い、なりたたない会話をします。説明しておいてもらわないと状況 が飲み込めないかも。(笑)
 ちょっと驚く展開の話のようにも 思いますけど、それは"自然"と考えた方が良さそう です。すっきり晴れ渡ることのない空に、どこか寒々とした景 色の中、ラップランドの妖精―アンニがとにかくたくましいで す。(^^;
 兵士の遺体に自然にふるまえる情や、傷ついた二人の 兵士との会話、シンプルな暮らしを見ていると、生きることに 理屈なんかいらないと思えてきます。そして本当にあっけらか んとした反戦への訴えです。

 何となくフィンランドつながりで選んできたDVDです 。少し先のシベリウスのコンサートのチケットを買ったので、 最近シベリウスのCDを聴いていました。その中に「トゥオネ ラの白鳥」があります。トゥオネラとは黄泉の国との境を流れ る川の名前です。
 子どものときに読んだ手塚治虫さん の漫画です。「トゥオネ ラの白鳥」を聴くと突然涙を流し、わからない言葉を話 し出す子どもたちが世界中に数人いることがわかり、その謎を さぐるために集められます。そして、その子たちは前世で、軍 に銃殺された一家だったことがわかると言うようなお話でした 。どんな世界をイメージさせてくれる曲なんだろうとドキドキ しながら読んだと思います。そして子どものときは前世や来世 と言ったものも信じていたかもしれませんね。

 この前の日曜の"集い"のときに、壇上にあが られていた子どもさんの一人が、いじめによる自殺について話 されました。死んだら楽になると思っていたがそれはまちがい だった、自殺した人の来世はもっと苦しみが待っていると知っ た。だから死んだらいけないんだ・・・。
 それに対し て大江健三郎さんは、ダンテの「神曲」を読みなさいとおっしゃられました。 自殺と言うのは、自分を殺すことであり、人を殺すのと同じく らい悪いことである。自殺すれば身体はなくなってしまい生ま れかわることはない。今を大事に生きなさいと。

 すみません、とりとめもない話を。でも、まず素朴に生 きろと言うことなのかなと今は思っています。

|

« 祝・開通♪ | Main | カウントダウン »

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference メルヘンではなく:

« 祝・開通♪ | Main | カウントダウン »