« November 2006 | Main | January 2007 »

December 30, 2006

冬ごもり

 年末のお買い物に行って、駅ビルの屋上から北山を眺めてきました。雪は、まだほんのちょっぴりですね。探さないとわからないくらいです。まだお正月の準備も何もできていないのに、こんなのんきなことをしている場合ではないのですけど。(笑)
 出たついでに、本も一冊買ってきました。検索でたまたま見つけた本ですが、amazonの紹介文を読み、気になったので。
 お正月こそは、ゆっくり本を読もうと思っています。(努力目標)

「永山則夫 聞こえなかった言葉」 薬師寺幸二著
日本評論社 2006.12

 「永山事件」から三七年が経過し、主人公の永山則夫も平成九(一九九七)年八月一日に刑死した。私は永山事件の風化を恐れて、この原稿を書き始めた。しかし、実際に書いてみて驚いたのは、永山の残した小説に見られる家庭の貧困、父親のギャンブルと出奔、兄たちの末弟である永山に対する暴行、母親の無視、母親の生活の崩れ、長期に渡る不登校、頻繁な転職などなど・・・これらはすべて、現在の非行少年たちが抱えている問題なのである。そして家裁の試験観察の問題、法務省の保護観察の問題・・・永山事件で明らかになった少年司法、矯正の問題も、何と現代性をもった課題であることか。

 もし、少年司法の関係者が永山事件にもっと多くを学んでいたら、どれだけの少年事件を防止し、再犯を阻止できたことだろうか。これは決して私ひとりだけの思いではないと思う。「永山事件」を再び検討し、その中から少しでもよい、少年犯罪防止のためのヒントを得たい。それはきっと『無知の涙』を流した永山則夫の思いとも通じているに違いない。
(「おわりに」より)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 29, 2006

甘党に一票

HOT・おぜんざい やっぱりこんな寒い日のオヤツは、おぜんざいです。と言っても夏は氷と食べるので、年中、小豆は買い置があります。
 今、お餅を食べるとお正月に新鮮味がなくなっちゃいますけどね。お疲れ気味なのか、こってりしたのが食べたいとの注文です。年末年始も子どもらはアルバイトが休みではないので、これで風邪予防です。(^^ゞ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ひとりごと

 夕べは、雪の予報が出ているだけあって寒かったです。朝方から降りだした(?)雪は、青い空を舞う風花でした。
 きっと北山はうっすら雪化粧をして綺麗だろうな、よく見える場所に行きたいな・・・。あーnn、いつもなら寒くて出かける気がしないはずなのに。(^^; 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 28, 2006

年忘れ

 今日は本当の忘年会でした。駅前の居酒屋で低価格・飲み放題、写真を撮るほどのこともなく食べて飲んで終わってしまいました。この時期に場所を確保するだけでも大変でしょうから、文句を言ったら不届きものかもしれません。
 今年もあと三日、今から年末年始の雑事のノルマを消化するのが憂鬱で、ぼーっとしていたい気分です。年始は、ゆっくり目にお休みがあるので、今しばらくのしんぼうなんですけどね。(^^ゞ

おかしなおせち おせちも、これですませておきたい・・・。鏡餅

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 27, 2006

ぷち忘年会

 ことし最後のコンサートです。と言っても室内楽のミニコンサートです。
 コーヒーとデザートを食べたあと、順序逆ですが、エスニック好きの友達といっしょだったので近くのタイ料理のお店に行きました。
プミポン国王?
D大の近くなので、お店の中は学生さんらしい人が多いです。気軽な雰囲気で、現地の味が楽しめます。

ココナッツジュースオムレツと鶏の唐揚げ焼きエビ焼きそば

 ココナッツジュースはココナッツのスライス入りで、砂糖水みたいに甘かったです。辛いお料理を食べたときにはいいかもしれません。(^^;
 どれもおなじみのメニューですが、スパイシーで一味違います。友達は辛いものが苦手なので注文しませんでしたが、グリーンカレーはいちおしです。
 食事をし終わって外に出ると10時過ぎでした。今日は本当に暖かくてTシャツの上にカーディガンを羽織っただけでも平気です。明日は午後から雪の予報なんですけど。(^^?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 25, 2006

「美しい国」再び

 私の「美しい国」と言う記事のコメントを読まれて、心配されている方があるかと思ってお知らせしておきます。
 私がブログにのせている画像を、某イベントのオープニングセレモニー用の映像の素材として使いたいと申し出をいただき、メールで詳しい内容はお聞きしました。そのイベントは自●党の1月の党大会だそうです。安倍首相の「美しい国」を表現する映像のため、日本人の心象風景を使ったモノをイメージされているそうです(素材ですから加工されることも、編集上使用されないこともあるでしょう)。
 ちょっと悩まなくもないですけど、もし使われたら安倍さんに私の写真をよく見てくださいね、と気を送っておきます。これが私たちの暮らす町です。かけがえのない郷土です。見過ごさないでくださいねー。(^^;

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 24, 2006

リアルタイム

最新サンタ発見情報
 サンタさん追跡サイト(→こちら)を開いたら、ちょうどサンタさんは日本上空でした。ひっそり嬉しいです。
 サンタさんのそりは新幹線の2倍も早いそうです。(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サンタがいっぱい

 夕べは買い物に出かけた先に、ちょうど近くの教会の聖歌隊の方が来られて、クリスマスキャロルを聴くことができました。やや高齢化が進みつつも、とてもお上手なので、しんしんと冷える街頭に100人余りの人が足を止め、いっしょに口ずさみながらのひとときでした。
アスティスプマンテ
 フォンタナフレッダ箱の中は?  ケーキとチキン(子どものバイト先で予約することになりました)の都合で、これを開けるのは明日になりそうです。今晩は冬至の日に入りそびれた柚子風呂で温まろうと思います。

 それにしても、町中サンタだらけですね・・・。ケーキもチキンもピザも売らないといけないので。(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 23, 2006

それだけが心配

 先月、頼んでいたムスメの振袖が仕立てあがりました。気に入った着物と出遭うのは縁だと思いますし、最近、よく見かけるモダンな着物が私は苦手で、古典的な柄のものを探していたのもあって、こんな間近になってしまいました。もちろん、お金に糸目をつけないのならいくらでもあったでしょうけど。(笑)

 少し前の記事に着物の事を「タンスの肥やし」と書きましたが、これは、いろいろな思い入れの込められた言葉です。親から子、祖母から孫へと受け継いでいく宝物ですから、タンスの中にあっても、気持ちをゆたかにしてくれるものです。そう思ってムスメも大事にしてくれるといいのですけど。(^^;

かんざし 振袖は姉のものを借りていたので、私は持っていませんでした。ですからムスメには新しいものを用意しましたが、小物は全部私のものを譲るつもりでいます。
 このかんざしが似合いそうな着物です。あとはテルテルぼうずを作って、いいお天気になりますよう祈ります。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 22, 2006

キャンドルの光の中で

キャンドルライトサービス  毎年、冬至の日は燭火礼拝に行きます。しばしローソクの光だけで過ごす時間となります。
 今日は比較的暖かでした。いつも寒くて自然に早足になるのに、今日はのんびり(心の中で)歌を歌いながらの帰り道でした。

 このことを書くのは、もう3回目になるので、今日はちょっと違う話題を。
 たくさんの人が来られますから、この集まりには毎年手話通訳がつきます。以前、勉強したことがあるので、お話を聞きながら、あー、こんなふうに手話で表現されているな・・・、とぼんやりながめていました。
 身体を動かすので通訳するのは体力も要りますし、集中力が落ちればできません。何人かで順番に交代されていきます。一人は専門にされている方でしょう、特別上手な方がいらっしゃいました。次に代わられた方は、最初つまってしまわれました。でも、見ている方のためには、遅れても話をつなげていかないとだめです。ちょっと苦戦気味かなと思ったときに、「そして、沈黙が訪れた」と説教者の言葉が耳に入りました。その方は、一瞬、間をあけて、それを「長く・待つ」と表されました。

 手話は手の動きで表す単語の他に、50音を指の形で表した「指文字」を使います。例えば小指を一本だけ立てて「イ」です。アルファベットの"i"を表しています。Vサインのように人差し指と中指を立てると「ウ」です。同じくアルファベットの"u"を表しています。その手を横に動かせば濁音、手前に引くと促音、上にポンと上げれば半濁音、人差し指で縦にスッと線を引くように動かせば長音です。これで片手で表そうと思えば、言葉を全部表現できることになります。でも、指文字を使いすぎるとカナばかりで書かれた文章を読んでいるようなものなので、わかりづらくなってしまいます。
 さっきの「沈黙が訪れる」を、何て手話で表現したらいいのか考えつかなかったときに、例えば「チ・ン・モ・ク」「来る」としてしまったら、前後がわかっていればいいですが、いきなりだと「チンモク」・・・?となってしまうかもしれません。

 最初、ぼんやりながめていたときに、「神様・言った」「赤ちゃん・小屋・生まれた」・・・手話を単純に言葉に置き換えていったら、子ども向けのお話みたいだなと言う気がしました。「神様」と「主」 、「赤ちゃん」と「みどりご」、聞いたときの印象が全く違うと思います。専門でされているのだろうなと思って見ていた方は、それぞれの手話と同時に、口の動きでその単語を表されていました。口の動きと手を合わせて見ることで、説教者のお話の表現を忠実に再現され、とても内容がうまく伝わっているように思いました。
 これは、あくまでも私の感想です。どうあるべきだと言うよりも、こんな表現の方法なんだなと思っていただけるとよいのですが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 21, 2006

でんきを消して、スローな夜を。

 明日は、冬至。キャンドルナイトですね。ゴールデンタイムの午後8時からの2時間、電気を消そうと思うと、ちょっと努力がいるかもしれません。私も今日は、そのための心の準備だけはしました。(笑)
冬季限定・洋梨コンポート  頑張ったごほうびです。見たことのない種類を売っていましたから。
 我ながら安上がりですね。(^^;

 あっ、snow_dropさんに教えてもらいました。コークのバナーか、文字の間に現われる雪の結晶、靴下のアイコンをクリックして出てくる画像で、サンタさんからのプレゼントが落ちてきたら、それもクリックしてください。(^-^)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

あと4日

クリスマスカクタス  デンマークカクタスはクリスマスの頃に咲くので別名クリスマスカクタスとも言うそうです。
 茎の太い花は好きではないので、あまりタイプではなかったのですが、去年この「マドンナ」(と言う品種です)をいただいて、初めてじっくり花を見ました。思っていたより数倍美しい花です。去年から水遣りだけで特別な手入れもしませんでしたが、先週の土曜に室内に取り込んだあと、急に花芽が育ちだしました。なんとかクリスマスに間に合いそうです。こちらもクリスマスまでカウントダウンです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 20, 2006

キッチンガーデニング?

ただいま23cm  これも悩みます。長イモはいつも細長い紙袋に入れ、吊るして保存していますが、取り出してビックリです。芽が長く伸びています。こんなに伸びたのは初めてです。
 向こう側にもう一箇所芽が出ています。たいてい伸びていても、このくらいです。切り取って食べてしまえばそれまでですけど、今度は長イモ栽培にチャレンジしましょうか・・・。でも、どうやって。(^^;

 ネットで少し調べてみました。春に種芋を土に植えると、朝顔みたいにツルを伸ばして花も咲くみたいです。このまま土に埋めたら良さそうですね。でも、寒いから駄目かもしれない。部屋の中で何かにからませて育てればいいでしょうか。(^^?

| | Comments (0) | TrackBack (1)

December 19, 2006

はじめまして

「はじめまして
ドモホルンリンクルです」  「美容・コスメ」のカテゴリーは初めてです。
 テレビでおなじみのS社の基礎化粧品・無料お試しセットです。
 少し前にびっくりするようなCMを見て、いつもの好奇心です。思わずネットで申し込んでしまいました。そのCMと言うのは、化粧品の入っていたチューブを、ハサミでジョキジョキ切り開いて内側についているものを綺麗にぬぐいとり、お手入れに使うと言うものです。
 高価な化粧品だと、ちっちゃな絵具のチューブくらいのサンプルでも、内容量で換算したら千円単位になるものがあります。実際このサンプルを単純に計算したら、4千数百円分(4~6日分)になりました。あのCMくらい徹底して使わないといけないような気になるのかもしれません。(^^;

| | Comments (6) | TrackBack (0)

December 18, 2006

家宝にします

中華・冷麺皿  Photo-weblogの散歩道さんの「ラーメン談義・・完結編 」を読ませていただいて。くるくる渦巻きの食器を見ると、これに盛ったら、いつもの炒飯や焼きそばも美味しそうに見えるかもしれない・・・、と衝動買いしてしまいました。(^^;
 裏に値札が貼ってあり、1枚100円でした。はがしてみると、その下に200円、そのまた下に400円の値札、全部はがすと、なんとこのお皿は。
↑写真クリックしてください。

 「国の宝」でした。(わが家ではかなりうけました。)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 17, 2006

期間限定

ウインターベル  某清涼飲料のオマケです。いい年してすみません。(^^;
 冷たい飲み物は飲まないのですけど、かわいいので1個(1本)買った勢いで集めてしまいました。もう一つ高い方の"ミ"があるはずなんですが、このオマケ付を売っているところがあまりなくて、1オクターブで断念です。これでも第九の「喜びの歌」くらいなら鳴らせるんですよ。(笑)
 オマケついでに、その清涼飲料メーカーのサイトでブログパーツを見つけました。宣伝が入っているので、サイドバーの下の方に貼っています。バナーもその雰囲気に合わせて作ってみました。クリックしてみてください。

追記:このjava script 冬・雪・winter・プレゼント・ツリー・クリスマス・X'mas・イルミネーションの語句に リンクがつくみたいです。このページのbodyが白でわかりにくいですが、雪の結晶のアイコンが前に自動的に入ります。プレゼントには靴下、靴下にも靴下・・・。他に何があるんでしょ?

続・追記:サンタ もつきますね。(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 16, 2006

硫黄島からの手紙

柚子風呂用 柚子風呂用の柚子が売っていました。今度のキャンドルナイトの日の過ごし方は、冬至ですから柚子風呂に決定ですね。
 今日の朝刊の1面に、国会前で改正教育基本法が可決、成立した知らせを受けたデモの参加者の方の写真がのっています。寒い中、体調を崩された方がなければ良いのですが。今はゆっくり温かいお風呂にでも入って身体を休めていただきたいです。
 今朝のテレビで、映画の「硫黄島からの手紙」の話題が出ていました。その中で、大戦で亡くなられた方々が何を護ろうとしていたのか、それは郷土であり家族である。そのことを忘れてはいけないと話されていました。
 併せて、その孫、子の世代である私らが、この教育基本法を護ろうとたくさんの方が力を尽くされたことも決して忘れはいけないと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

近日上映

 今週のレンタルDVDです。ぼんやり見られる映画がいいなと思いながら、これと言って思いつかなくて「ミュンヘン」を持ってカウンターに行きましたが、クリスマス向けのものが並べてあった中の一本で「疲れた大人のために・・・」と書かれたパッケージにひかれて、それも借りました。(笑)
 「天使のくれた時間」と言う映画です。ニコラス・ケイジはなんとなく癒し系の役のイメージがあります。セレブなビジネスマンと言う役どころで、いきなり「女ごころの歌 」を歌いだす場面には、少し前にしていた「結婚できない男」と言うドラマとだぶって見えました。最初だけ少し見て寝てしまいましたが、ほんわかできるストーリーのようで期待できそうです。(^-^)

不都合な真実 これは、まだ少し先ですが昨日の夕刊に「不都合な真実」の広告が出ていました。見逃さないように、ムスメが映画館に行ったついでに前売りを買ってきてもらいました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

冬本番

 明日は府北部に雪の予報が出ています。ぐっと寒くなるようなので、今日が最後のチャンスと思い、ベランダの植物の冬越しの用意をしました。
 この数日の寒さで弱ったものは、鉢を替えるなどして室内に取り込みました。素焼きの鉢のタタリ(重いのです)で腰が痛いです。(^^;
ケナフの実
凛々子のトマト
 ケナフもトマトの凛々子もさすがにへたれていたので、枯れてはいませんでしたが、あきらめて抜きました。
 カゴの中は凛々子トマトです。結局、赤くなりませんでした。(悲)上にのっているのがケナフの実だと思うのですけど。花が咲いたあとガクの部分がそのまま残っていました。大きさは花のあるときと、それほど変わりません。
 変わった形なので、このままドライにして残そうと思います。ただしトゲだらけで要注意です(痛)。

 これは記録のために書いておきます。カーネギーと言う種類の白いヒヤシンスを6球植えました。これもきっとタイムリミットなのでしょう。6球で300円でした。(安)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 15, 2006

何も言えない

 去年の9月の選挙の開票結果を見て、気分が悪くなったけれど、今日はそれ以上かもしれません。これが「改正」なんでしょうか・・・。まだ、この先何が待ち受けているのでしょう。

[教育基本法改正] 論議なお足りず禍根残す(沖縄タイムス)
防衛庁の省昇格も成立、内閣不信任案は否決 臨時国会(asahi.com)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

December 14, 2006

今年もMerry X'mas

京セラ本社ビル
 京セラのツリーです。今日は試験点灯だったようです。お金のかかるイルミネーションより、アイデア賞なこんなツリーがいいですね。
 遠くからでもよく見えますから、何でもないときにフッと目にすると和みます。明るい話題のないときに、町を照らし続けてください。

| | Comments (0)

きになる話

どんぐり・12月13日  今日のドングリくんです。昨日は傘をすぼめたようになっていましたが、二日間、室内においていたら葉が綺麗に開きました。外はやっぱり寒かったようです。冬越しは室内に決定です。

 親戚の農家で、秋に採れた栗をお正月まで保存するには、土に埋めておかれます。ちょこっと根が出かけていましたが、確かに芽は出ていませんでした。10年あまり前に秋に根の出かけたクヌギのドングリをもらって、しばらく育てていたときは、そう言えば、最初、全部土に埋めておいたかもしれません。

 これは別の話題です。11日に買ったお酒ですが、凍りました。4時間くらいでシャーベットみたいになっていました。そのまま冷凍庫に入れておいたら、完全に凍っていました。サイトに書かれていた「3~4時間」と言うのは、少しとろっとなったところを飲むと美味しいと言う事ではないかと思います。(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (1)

December 12, 2006

冬支度

 今年初めて息が白くなったような気がします。室内で冬越しさせるものを掘りあげるために、土を買ってきてそのままになっています。どんぐり・12月12日
 今年、一番気がかりなのはこの子です。自然ではドングリで冬越しして、春に芽を出すのだとしたら、この状態で外に出していたら、枯らしてしまいそうです。どうしたものでしょう?過保護ママです。
乙女桜  
 ニューフェイスです。花がしょげていたので100円で売っていました。「桜草」と札に書かれていましたが、「西洋桜草」ですね。「乙女桜」の呼び名の方がかわいいです。乙女ちゃんです。
 自分が化学繊維の服が嫌いなので、植木鉢もプラ鉢は息苦しそうに見えます。鉢を素焼きのものに替えてあげれば元気になるかと思っています。(^-^)

| | Comments (3) | TrackBack (0)

December 11, 2006

米のシャンパン

月の桂にごり酒 新酒です。日本酒の好きな 人はこれが美味しいとすすめられます。売っているのを見かけたので、とりあえず1本買っておきました。
 今、サイト (保冷・開栓のご注意とお願い)を見て気がつきました。「開栓前は、冷凍庫(マイナス25℃程度の冷凍庫)で3~4時間冷やす方がよい。」だそうです。なぜでしょう?

 《酒が凍りにくいのはなぜか》(月桂冠)では「アルコール濃度15%の水溶液の凝固点は、マイナス7度」だそうです。↑のお酒は17度です。不純物が多いから凍らないのでしょうか?試してみたいような、そのまま入れていることを忘れてしまいそうな。(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 10, 2006

おみやげみっつ♪

スタバ1号店限定コーヒー豆、マグ
Nodame Cantabile  ムスメが帰ってまいりました。オミヤゲは、スタバ1号店限定のコーヒー豆とマグ、「Nodame Cantabile(英語版)」、あとは洗濯物の山です。(^^;

 "のだめ"は$10.95で、ずいぶん高いです。こっちで洋書を買うようなものですね。擬音もちゃんと訳されてますが、「ぎゃぼー」は「GYABO~」です。(笑)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

カウントダウン

 G大の定期演奏会 に行ってきました。

モーツァルト:交響曲第35番ニ長調"ハフナー"KV.385
モーツァルト:ミサ・プレヴィスハ長調"すずめミサ"KV.220
ショスタコヴィッチ:交響曲第5番ニ長調op.47
指揮:尾高忠明
京都コンサートホール

 1曲目はモーツァルトが富豪の子息のために作曲したものだそうで、小編成ながら重厚な雰囲気です。ちょっと2楽章が、変わっていて、パンフレットの解説には「おどけた、ユーモアあるエピソードを持った2つのテクスチュアが交互する」とありますが、まるで鼻歌のような曲です。(^^;
 2曲目は、オルガン・合唱・ソリストつきのミサ曲です。"すずめミサ"と言うのは鳥の囀りのようなヴァイオリンの装飾音型に由来するそうです。「厳粛で荘厳と言った教会音楽とは対極の世俗的な性格をもつ作品」と位置づけられることもあるそうです。男声の厚みがある合唱で、なかなか荘厳な雰囲気でしたよ。
 でも、なんと言ってもショスタコヴィッチです。1楽章と4楽章のような力強いところに目(耳)がいきがちでしたが、フルートやヴァイオリン、ハープetcの音色も美しく、こんな繊細な曲だったのかと思いました。ソロの部分も多いですが、どのパートにも華があり、難しくても本当に演奏のし甲斐があったろうなと思います。「ブラボー」と言ってもらえるだけの価値のある、力強い演奏に惜しみない拍手は鳴り止む事がありませんでした。
 さあ、今年もあとわずかです。あと一回くらい、何か演奏会にいけるといいなと思ってます。(^-^)京都駅ビル  駅ビルです。今年のイルミネーションは去年とほとんど同じもののようです。質素倹約です(すみません、ちょっとずれていますね。リースが動いています)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 09, 2006

メルヘンではなく

 すぐに帰ってくるのですけど、ムスメが研修でアメリカ に行っていて、夕べは一人ご飯でした。冷蔵庫からいろいろ取 り出し、ホットプレートでジュージュー焼いて、おいしゅーご ざいました♪です。
 ゆっくりできそうだったので、D VDも一枚借りてきました。「ククーシュカ ―ラップラ ンドの妖精―」、この映画、始まるなり、あらすじが紹介 されます。今、戦争をしているロシアとフィンランドの兵士の 2人が、ラップランドの先住民族の女性に助けられ共同生活を 始めるのですが、それぞれ違う言葉を話し、笑ってしまうくら い、なりたたない会話をします。説明しておいてもらわないと状況 が飲み込めないかも。(笑)
 ちょっと驚く展開の話のようにも 思いますけど、それは"自然"と考えた方が良さそう です。すっきり晴れ渡ることのない空に、どこか寒々とした景 色の中、ラップランドの妖精―アンニがとにかくたくましいで す。(^^;
 兵士の遺体に自然にふるまえる情や、傷ついた二人の 兵士との会話、シンプルな暮らしを見ていると、生きることに 理屈なんかいらないと思えてきます。そして本当にあっけらか んとした反戦への訴えです。

 何となくフィンランドつながりで選んできたDVDです 。少し先のシベリウスのコンサートのチケットを買ったので、 最近シベリウスのCDを聴いていました。その中に「トゥオネ ラの白鳥」があります。トゥオネラとは黄泉の国との境を流れ る川の名前です。
 子どものときに読んだ手塚治虫さん の漫画です。「トゥオネ ラの白鳥」を聴くと突然涙を流し、わからない言葉を話 し出す子どもたちが世界中に数人いることがわかり、その謎を さぐるために集められます。そして、その子たちは前世で、軍 に銃殺された一家だったことがわかると言うようなお話でした 。どんな世界をイメージさせてくれる曲なんだろうとドキドキ しながら読んだと思います。そして子どものときは前世や来世 と言ったものも信じていたかもしれませんね。

 この前の日曜の"集い"のときに、壇上にあが られていた子どもさんの一人が、いじめによる自殺について話 されました。死んだら楽になると思っていたがそれはまちがい だった、自殺した人の来世はもっと苦しみが待っていると知っ た。だから死んだらいけないんだ・・・。
 それに対し て大江健三郎さんは、ダンテの「神曲」を読みなさいとおっしゃられました。 自殺と言うのは、自分を殺すことであり、人を殺すのと同じく らい悪いことである。自殺すれば身体はなくなってしまい生ま れかわることはない。今を大事に生きなさいと。

 すみません、とりとめもない話を。でも、まず素朴に生 きろと言うことなのかなと今は思っています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 07, 2006

祝・開通♪

Kyoto_exp
 ココログのメンテナンス、53時間は長いです。すごく久しぶりに更新する気がします。(;_;)
 勝手ですね。二日くらいなら更新しなかったことは何度もあるのに、できないとなると寂しいです。(笑)
 鴨川と建設中の京都高速です。水面に映る月が綺麗で写真を撮ったら、ずれずに撮れているものが2枚あったのでアニメーションにしました。この道路、不思議なところをつないでいるのですけど、そんなに利用者あるのでしょうか。(謎)

| | Comments (2) | TrackBack (1)

December 05, 2006

臨時休業

ただいま工事中 今日の10時から、7日のお昼の3時までココログのメンテナンスなのでお休みします。
 日曜の"集い"のことで、あと一つエントリーしたかったのですが、もう少し考えてからにします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 03, 2006

つなぐ―次世代へのメッセージ

同志社・今出川キャンパス 「憲法と人権を考える集い」に行ってきました。早くからたくさんの方が並ばれて、開場の時刻にはあふれる人の列です。二百人は会場に入れなかったのではないでしょうか。ロビーにモニターがあったので、そこで数十人は場内の様子を伺うことができましたが。
 講演「私らの憲法―本当に自分のものにするために」講師は大江健三郎さんです。話題の中心は、やはり教育基本法の改定についてでした。1935年に生まれられた大江さんが、戦後の新憲法や教育基本法をどんな気持ちで受け止められたのか、そして戦後60年の間、護られてきた教育に対して今の危機感、さらにこのまま改憲へ突き進んでいくことへの大きな不安。現状では議会的には勝つことができないけれど、現行の基本法を心の中に持ち続けていくようにおっしゃいました。具体的には基本法自体は短いものなので、リーフレットを作って胸のポケットにいれましょうと。
 会場で大江さんの新刊のエッセイ集「『伝える言葉』プラス」(朝日新聞社)を買いました。その中に、この前買った「なぜ変える?教育基本法」辻井喬・藤田英典・喜多明人 編(岩波書店)にも収められていた《「教育の力にまつべきものである」―改正案から欠落している一句―》(『世界』2006年7月)が収められています。今日の講演の内容の大筋はこの中に書かれていることでした。
 二部の応募作文の入賞者とのフリートークでも思いましたが、場をなごませるのが本当にお上手で、心の中に小さなともし火をいただいて帰ったような気がします。

 日弁連の教育基本法改正法案についての意見書が、大変良い文章のように話されていました。ご一読ください。→こちら

| | Comments (0) | TrackBack (1)

December 02, 2006

タンスの肥やし

年に一度は着物を着ましょう "月に一度は着物を着ましょう" でしたか、以前こちらの某社タクシーの後ろの窓の広告にかかれていたのは。
 確かに着物姿の人を見かけることは京都では格段に多いのでしょうけど、日常的に着ていると言う人は、今ではお商売をされているお宅の奥さんくらいではないかと思います。
 普段着慣れていないと億劫ということもあるので、着て行って差し支えないところには着て行こうと思っていた頃もありました。それがもうかなり前です。着物で出かける予定だった日がどしゃぶりで、洋服で済ませたことで縁がきれてしまったような気がします。
 大げさですけど、着物を着るようにしようと言う気がふつふつとしてきています。寒くなってきたからかもしれませんね。着物は暖かいですから。(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 01, 2006

電気を消して

 素朴な疑問・・・。今晩、テレビで「ALWAYS三丁目の夕日」の放送があるのに、レンタルショップでそのDVDが全部出払っていました。あまり関係ないですか。(^^;

青色ツリー  新作のDVDは借りられる期間が短くて、借りたのに見る間がなくて返却ということがよくあるので、たいてい旧作の中から選んできます。今日は「NOEL」を借りてきました。これ、結構前の映画だと思うのですけど、最近お店に入ったらしくて、この前行ったときは新作でした。
 「クリスマス・イブのニューヨークで起きた、ささやかだけれど温かい愛の奇跡の物語」だそうです。6人の登場人物のお話が、それぞれどこかで重なっていくようです。「大停電の夜に」に似ているかも知れない。ほんわか気分になれそうですね。ツリーも出したし、準備万端で見ましょうか♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

スローな夜を

 パソコンの電源を入れたままにしていたら、タスクバーのネットの接続ツールのアイコンにビックリマークがついていました。何も考えずにメッセージが出るままに、OKのボタンをポンポンとクリックしたら、接続が無効になってしまいました。(T_T)
 ツール上で設定の変更ができるかと開いてみましたが変わりなく、で、マイネットワークのネットワーク接続を開いて見るとLANの接続が切断になっていたので、接続に変えたらそれで元に戻ったみたいです。
 デジカメもケーブルの接触が悪くなったのか、なかなかパソコンにデータを移せません。わからないこと続きです。(^^?

光は暗闇の中で輝いている  もたもたしている間に12月になってしまいました。いつもの100万人のキャンドルナイトのサイトをのぞくと「ひとあし、お先に大阪のキャンドルナイト」が、この1日の午後6時から早々とあるようです。
 参加の形はいろいろです。一晩だけでも、1時間でも2時間でも電気を消して、普段にはない感覚を味わういい機会になります。一度サイトをのぞいてみてください。
→電気を消して、スローな夜を。「100万人のキャンドルナイト

 私はたぶん去年と同じ過ごし方をするつもりです。そう、去年は大雪でしたね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2006 | Main | January 2007 »