« 京都の秋に | Main | 連休二日目 »

November 03, 2006

続・楽しい音

 午後から京都コンサートホールの「京響 こどものためのコンサート」に行ってきました。

演奏:京都市交響楽団
指揮とお話:大友直人
ホルン独奏:垣本昌芳(京響・主席奏者)
ピアノ独奏:伊藤恵
テーマ=ドイツ・オーストリア~心躍る音楽形式~
J.シュトラウス:トリッチ・トラッチ・ポルカ
ブルックナー:交響曲第4番第3楽章
モーツァルト:ホルン協奏曲第1番第1楽章
J.シュトラウス:皇帝円舞曲
シェーンベルク:弦楽合奏曲「浄められた夜」から
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番変ホ長調「皇帝」第3楽章
ブラームス:交響曲第1番第4楽章

 年4回の通し券のうち、今日で3回目です。曲が豪華なので、今日はちょっと楽しみにして行きました。編成が違う、この短い曲ごとに楽器に椅子や譜面台を移動させ、ステマネさん(ステージマネージャー)大忙しだったでしょうね。
 その舞台転換の間を利用して、曲の解説です。曲には「形式」と言うものがありそれぞれの曲の違いを聴いて帰ってくださいと言うことでした。それぞれの曲のいい部分を聴かせていただき、もっと聴きたくなりますね。伊藤恵さんは指揮者の大友氏と高校の同級生だったそうですが、この10分間のためにお出ましいただくのがもったいないような、思いが込められた躍動感のある演奏でした。
 美しい曲ばかりでここちよい時間ではありましたが、悲しいかなマジックテープのついたケースに入ったオペラグラスと缶に入ったドロップ、アルミキャップの缶ジュース持参で来ていた子がいました。
 野外コンサートのように気楽にクラシックを聴けるのも好きですけど、今日は違います。一瞬の小さな小さな音色もみんなは聴こうとしています。演奏中にカンカラ音をたてて飴を出して食べたり、マジックテープをべりべりっとしてはいけません。(^^;
 それと気になったのは、今日も親子で遅れて入ってきた人がやたら多くて、教育目的で連れてくるなら、遅刻しないと言うことが大前提だと思います。(^^;
 平日の夜のコンサートはなかなか行けませんが、近々予定されているそうなのでブルックナーが聴きたくなりました。

|

« 京都の秋に | Main | 連休二日目 »

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 続・楽しい音:

« 京都の秋に | Main | 連休二日目 »