« とどこおりなく | Main | 雨・雨・・・ »

July 19, 2006

夢のあとで

月鉾  巡行の記事の補足です。バナーに使った画像は、月鉾が御池通りを西に進んでくるところです。御池通りの、歩行者に限り横断できる交差点から撮りました。鉾を正面から撮れたのはちょっとラッキーでした。
 裃を着た町内会の役員さんが前を歩かれています。役員さんはお揃いの傘をさされていますが、袴のヒザの辺りから下はぐっしょりぬれていました。
 月鉾は真木(しんぎ)の鉾頭に三日月が掲げられています。真木とは鉾の上に天を指してそびえる木のことです。大きな建物が増えたので、鉾が大きく見えなくなったといわれます。それでも、こうして全体を見ると大変な高さです。
 変な例えですが、木製ジェットコースターは木のきしむ音がするから、同じ高さや速さでも怖いらしいですね。鉾が進むのをテレビで見ていると、滑らかにすすんでいるように感じますが、実際はギシギシときしむ音がします。辻回しのときにも大きな音がするので、迫力があります。

 来年の巡行は平日なので観ることができるかわかりません。なんて、まだお祭りが終わってもいないのに、気の早い心配をしています。(笑)

|

« とどこおりなく | Main | 雨・雨・・・ »

京都」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 夢のあとで:

« とどこおりなく | Main | 雨・雨・・・ »