« 京都発 | Main | 薔薇の木に薔薇の花咲く »

July 22, 2006

緑は未来への希望

 7月16日に放送された「黒柳徹子のコートジボワール報告」(朝日放送 16:00~17:30)、一部ですが書き出してみました。

 黒柳徹子さんはユニセフの親善大使として、飢餓や戦火に苦しむ国への訪問を続けられ、コートジボワールは24カ国目となります。
 1999年軍事クーデターが起き、宗教や民族の対立が激化、その後2002年反乱軍の蜂起で全土が内戦状態となります。
 フランスの植民地だったこの国は、独立後、豊かな農業国として経済成長を遂げます。 テレビに映る、高層ビルが並ぶ市街地や、高速道路を走る車の列を見ていると貧しさなど感じません。でも、その一方で、内戦にかりだされ、死を目の当たりにした少年兵。HIVに感染していることを「終わりではなく、何かの始まり」と現実を受けとめる幼い子。人身売買が横行し、カカオ農場で奴隷のように働かされる20万人とも言われる子供たち。
 子供を働かせるならカカオを買わないと言う国が増えたので、子供らは学校へ戻ることができました。それでもまだ多くの子供は強制的に働かされているのだそうです。
 一歳未満で死んでしまう子が1000人に117人と言う状況で、ようやく育った子供たちです。10人に一人が栄養失調、5人に一人が発育障害と言う地域もあるそうです。
 
 明るい話題もありました。ワールドカップで活躍したコートジボワールのチームを、国の代表として全ての人が認めていることで、南北の二分化など消え国の統一が可能だと思わせてくれたというユニセフの方のお話もありました。
 ストリートチルドレンである子供たちを集めサッカーを教える人たちがいます。サッカーボールを懸命に追う子らは、ブラジルチームよりもいい選手になりたいと夢を話します。

 国旗のオレンジは北部のサバンナ地帯、緑は南部の森林地帯、白は国民の協調と団結を表わし、そのオレンジは繁栄を、緑は未来への希望を象徴しているそうです。多くの人がそうあってくれること願っています。

 ranoさん、この番組を紹介されようと思われたお気持ちや、御自身の感想を書き込んでいただけると嬉しいです。

*追記:ranoさんから→こちらが番組プロデューサの田川氏のサイトです。番組制作にあたってのお話や、番組へ寄せられた感想をのせられています。ご覧ください。

|

« 京都発 | Main | 薔薇の木に薔薇の花咲く »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

ranoです。
コメント、ありがとうございます。
私は、フツーの勤労主婦?です。
日本以外の国に興味というか、関心を持つように
なったのは、アジアの国々にいってから。観光で有頂天になっていた私は、物乞いする子どもたちや、ホテルで働く幼い少女・そして外国人相手に売春をする若い女性たちをみることがありました。私の見た、接した人達はみな笑顔が素敵で、でもはにかんださみしい表情もしていました。生まれた国の違いで、偏見にもあい、また貧困による生活の中、生きていかなければいけません。自分の有頂天さを反省しながら、国の現状など知らない私が少しづつわかってきたことは、日本にいてこそ知りうることも多いということです。機会があれば、メディアでも本でも、講演会でも、情報がある場所(日本)があります。それは、ライブではないにしろ、多くの人の力と実行により、伝えられます。(この解釈は人それぞれですが)黒柳徹子さんのユニセフロケも一年に一度行われ、23回目?の実行です。国の現状は違うにしろ、日本とはあきらかに、違うことは、子どもたちの医療と教育です。コートジボワールもそうです。世界ばかりに目をむけてなんていえませんが、今の日本に生きているということは、幸せなことです。内戦もありません。武器をむけての部族の争いもありません。チョコレート消費国の日本がチョコを消費するたびに、コートジボワールでは、子どもたちが働きます。高価なダイヤモンドを買うと、貧しい人達が、働きます。他にも先進国が消費すればするほど、発展途上国は悪循環にもなります。専門家でもない私ですが、関心をもつにつれ、日本にも多くの人が頑張っていることを知りました。その一人に黒柳さんやスタッフの伝えていく、続けていく、心意気です。私みたいなフツーの主婦がちょっとでも関心をもってほしい・・そんな気持ちで、番組の案内をいたしました。私の感想はプロデューサーの田川一郎さんのHP、「ボクが作った番組」コートコボワールにあります。田川一郎で検索していただくとHPがあります。番組紹介の終わりあたりです。実名で載っています。このブログでは本名は控えさせてもらいますが、読まれるとこれか!とわかると思います。他の方のコメントもありますので、興味のある方はそちらを・・と思います。長くなってしまいました。一時、ちょっとマスコミで走っていましたが、今は視聴する側にまわりました。投げられたボールを返すつもりで、反応しています。今回、このようにネットで取り上げていただいて嬉しい限りです。
ありがとうございます。
アドレスを記入いたしました。
何かあれば、ご連絡ください。
お問い合わせの答えとはなってないかもしれません。長くなって失礼しました。
ご自愛ください。

Posted by: rano | July 22, 2006 21:35

 早速のコメントありがとうございます。
私がここで紹介させていただいたことは、どれほどのお役にも立てていないと思いますが、一人から一人へと何かが伝わっていければいいなと思います。
 番組の終わりに募金のお願いがありました。何をするにも本当にお金が必要です。でも、それだけではないことも番組で紹介されていましたね。
 子供らを学校へ戻す力になったのも、多くの人の働きかけがあってのことです。
 辛い暮らしの子供らに夢を持たせたのは、一個のボールです。
 
 これからもお仕事に主婦業に、毎日お忙しいでしょうけれど、頑張ってくださいね。

 あの、一つだけ・・・、半角のカナ文字を使われますと、メールが文字化けすることがあるので、使われませんようにご注意を↑。(^-^)

Posted by: winter-cosmos | July 22, 2006 22:15

番組は観てないし、少しずれるのですが。

うちの近くの激安スーパーでは大手メーカーの大袋入りチョコレートがいつも半額の248円です。いくらで仕入れているんだろうと思ってしまいます。昨年、過酷で非人間的な児童労働によってカカオがつくられ、チョコレートになることを知りました。ただ、どこでフェアな製品を買ったらいいか、よくわからず。。。24日の記事を拝見して、参考にしようと思いました。

付加価値のついた高級なチョコレート商品もコンビニやスーパーにならぶようになりましたが、一人でも多くの人が甘みの裏の苦味に気づき、少しでもできることをしようと思うことこそ「チョコレート効果」なのではと思います。

Posted by: tamy | July 24, 2006 23:21

↑あのチョコが1枚420円(100g)です。市販のものと比べると高いですが、それだけの味はします。

スターバックスが、フェアトレードの商品も一部扱うようになったのも、市民等からの圧力があったからとか。
http://www.starbucks.co.jp/ja/company_cto_02.htm
消費者である私らにもできることはありますね。

Posted by: winter-cosmos | July 25, 2006 00:03

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 緑は未来への希望:

» AK-47(カラシニコフ) [大学生が社会について色々書くブログ]
子どもだからと甘くみるな、彼らはわれわれ大人以上に戦える……。ただ撤退するということが彼らにはなかなかできないのだ。 ――リベリアの政府系民兵組織指揮官 何故少年兵は戦場に出なければならないのか。理由はいろいろある。 しかし、その最たる理由。それは武器の..... [Read More]

Tracked on July 23, 2006 15:08

» 私のなかの「チョコレート革命」 [tamyレポート]
最近、チョコレートが体にいいなどとして、「チョコレート効果」も含めてコンビニでも [Read More]

Tracked on July 27, 2006 00:08

« 京都発 | Main | 薔薇の木に薔薇の花咲く »