« 遅いお昼です | Main | 夢のあとで »

July 17, 2006

とどこおりなく

「くじ取らず」の長刀鉾  朝からの強い雨で、人出はたいしたことないのですけど、傘でさえぎられて、観る場所を選びました。
 11時少し前に、御池の新町に先頭の長刀鉾が到着しました。お稚児さんは、ここで鉾から降りられて、鉾だけ鉾町に帰っていきます。その降りられるところを見ようと思いましたが、かなり無理がありました。(^^;

長刀鉾・御池室町

市役所前烏丸御池 巡行中も交差する大通りに限っては車も通れます。信号は全赤で、鉾が通過するまで車は停止します。

新町御池の辻まわし放下鉾・辻回し一回目 見せ場の辻回しです。地面に敷いた割竹に水をかけてすべらすのですが、今日は必要ありません。結局、最後まで雨はやむことはなく、曳き手や車方のみなさんはびしょぬれでした。
 お昼過ぎになると帰られる人が多いので空くのですけど、今年は駄目です。お願いしていい位置に入らせてもらえたので、なんとか撮ることができました。
 途中、待機している鉾が遠くから見えていたので、このあたりで前半の鉾がつかえたのか、後半の到着時刻はやや遅れ気味でした。

祇園祭2006→こちら(いろいろ詳しく載っています。ご参考まで)

|

« 遅いお昼です | Main | 夢のあとで »

京都」カテゴリの記事

Comments

ずっと「やまぼこ」と読んでいましたが
ほんとは「やまほこ」なんですね。昨日のニュースで
はじめて知りました。雨の中、おつかれさまでした。
一度は、京の祭りも見てみたいですね。

Posted by: 和田歩人 | July 18, 2006 at 15:49

winter-cosmosさん、こんにちは。
どしゃぶってましたね。アスファルトにはねる雨がTVでも確認できましたもん。
辻回しのバキバキいう音大好きでーす(笑)。

Posted by: つきちん。 | July 18, 2006 at 17:11

>和田さん、鉾町周辺で育ったものは、特に思い入れが強いので、雨にも負けずです。(笑)
時代祭りや葵祭も優雅でいいですけど、祇園祭は参加型ですから、ご旅行で来られても楽しめると思いますよ。(^-^)

>つきちん。さん、こんにちは。
ほんと、願いむなしく降りました~。水も滴るいい男が勢ぞろいです。(私もびしょぬれでした)(^^;
竹が割れる「バキバキ」と鉾のきしむ「ギシギシ」ですよね。ライブの迫力です。(笑)

Posted by: winter-cosmos | July 18, 2006 at 19:48

トラックバックありがとうございました。
巡行は、長刀鉾の稚児が、四条通の注連縄を刀で切って落とすところや、御池通の終結の勇姿、そして最後に鉾町に帰っていく狭い路地の道行きが好きです。
しかし、今年の土砂降り、半端ではなかったですが、運営に携わった人々のご苦労、盛り上げた人々の熱気には頭が下がるばかりです。

Posted by: 龍3 | July 19, 2006 at 23:44

コメントありがとうございます。
去年は新町を鉾について歩きましたが、今年は混雑していて、引いてしまいました。
↑本当にひどい降りで、一歩通りに出たとたんに(パ○ツまで)びしょ濡れだったようです。(^^;
次の日、仕事を休むわけにいきませんし、学生アルバイトの人も、試験期間だというのに風邪をひかれてなければいいですが。

有料の観覧席(3100円は高いですね)の方も気の毒でしたね、後ろの人のために傘はささない決まりだそうですから。半分くらいは席も空いていましたが、最後までがんばってごらんになられている方もたくさんいらっしゃいました。

はー、でも、やっぱりお祭りはワクワクしますね。(笑)

Posted by: winter-cosmos | July 20, 2006 at 00:12

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62944/10982149

Listed below are links to weblogs that reference とどこおりなく:

» 祇園祭 山鉾巡行 [晴れ、ときどきKYOTO Life]
□ 祇園祭 山鉾巡行 at 京都市内  大雨のなか、京都の夏の風物詩「祇園祭 山鉾巡行」が午前9時から行われました。4年前くらいに一度、雨が降りましたが、これだけ降るのも珍しい。  取材陣も観光客もずぶぬれでしたが、なかでも「くじ渡し」を務める正使役の人はみな、かさもささずに扇を使った所作を披露していました。  さすがにこの雨では懸装品もビニールをかぶったままで、「蟷螂山」のカラクリかまきりも披露されず。残念ですね。人出も最高タイだった昨年(24万人)を下回りそうです。 (結局、13万人で大幅減。3... [Read More]

Tracked on July 22, 2006 at 01:55

« 遅いお昼です | Main | 夢のあとで »