« 細く長く? | Main | 季節はずれに »

June 02, 2006

日付は変わって

 映画の日の昨日は、ムスメと午後に待ち合わせて映画を観る約束をしましたが、あまり時間がなかったので、一番、駅に近い京都シネマにしました。
 ムスメはいつもシネコンばかりで、ミニシアターの映画はあまり興味がなかったのですけど、「戦場のアリア」は"おすぎのおススメ"だったそうです。場内に入るなりスクリーンを見て「わー、ちっちゃい!」と驚いていました。

 第一次大戦中のクリスマス・イブに前線各地で実際に起きた、フランス・スコットランド連合軍、ドイツ軍の兵士による<クリスマス休戦>という出来事の物語化です。
 綺麗な映画です。でも、観終わった時に、私はやや物足りない気がしました。少しうとうととしていたので、見逃した場面がたくさんあったからか・・・。(^^;

 あとでパンフレットを見ると、監督インタビューで、《本作は史実が基になっていますが、映画化にあたって、もっとも気を配った点は?》と言う問いに、《フランス軍、ドイツ軍、スコットランド軍の、それぞれの陣営に平等な視線をそそぐことです。ですから、印象的なキャラクターをそれぞれに配置し、観客が感情移入しやすいようにしました。歌にたとえるならば、誰かひとりが主役でソロパートを担うのではなく、複数でコーラスを奏でるような感じを目指したんです。》と答えられています。
 ソプラノとテノール歌手の二人が、凍える戦場で聖歌を歌う場面も、スコットランド軍の司祭(兵士の面倒をみるために志願)による、戦場での宗派を超えたミサも、劇的なものではなく、ひととき取り戻した人としての感情が、そこに集う人たちを自然に寄り添わせたというふうに思えました。
 ソプラノ歌手役のダイアン・クルーガーさんのインタビューに《いわゆる「戦争映画」とはまったく趣を異にした作品なので、観て驚く人もいるのではないでしょうか。》とあります。
 それについては《そうね。映画を観る前はどうしても、『ああ、また戦争映画か』って思われてしまうかもしれない。でも実際にこの作品は戦争自体ではなく、むしろ平和や希望を描いている。だから観た人がそれを語ることによって、クチコミでもっと観客が増えてくれることを祈るわ》と話されています。そう、静かな訴えなのですね。

 あとドイツ軍将校役のダニエル・ブリュールは、「ラヴェンダーの咲く庭で」での、天才ヴァイオリニスト役は、役柄のせいもあって、あまり好きになれないなと思いましたが、この映画では精悍な雰囲気で、同じ人とは思えませんでした。
 それと、この映画も歌は吹き替えですが、まだそんなに違和感はありませんでした。

 鶏の燻製、ナスの揚げ煮、プチトマトのなんだったっけ?
  同じビルの地下にある鮨レストラン 閒aidaのランチです。バーのような雰囲気のお店なので、夜にくるとよさそうです。


マグロ、イクラ・サーモン、牛たたき江戸前チラシ?
 小どんぶりのセットとチラシ寿司です。どちらにも上の前菜と赤だしが付いてきて、1500円と1200円でした。
 久しぶりに美味しいサバ(手前の二切れ)を食べました。前菜も少し目先を変えた味付けがしてあり、品数もあり満足しました。
 東京のお店がこちらに出店されたのかと思いましたが、その逆で祇園のお店でした。銀座にも出店されているようです。

幅広くゆるやかにが119番(^^; これも同じビルの「リスン」と言うお香のお店で買いました。種類が豊富で、それを少しずつ選ぶことができます。
 これは「LARGO」です。ネーミングはあまり意味がないのか(^^?水と蘭の香りになるそうで、花の香りと言っても、さわやかです。

|

« 細く長く? | Main | 季節はずれに »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

京都」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

暮らし」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62944/10355615

Listed below are links to weblogs that reference 日付は変わって:

« 細く長く? | Main | 季節はずれに »