« 聞こえますように | Main | 頑張って♪ »

June 07, 2006

OFF

 日が長くなったな・・・もうすぐ夏至、と思うと同時に100万人のキャンドルナイトを思い出すようになりました。短い時間でも、電気を消して、窓を開け、自然の風の中で過ごすのは新鮮です。
花火もいいかな 普段から心がけていれば、いいのですけど。家にあったキャンドルは全部使ってしまったので、今回はどう過ごしましょうか、なんて考えている時点で駄目ですね。(^^;

*100万人のキャンドルナイトとは?<できた経緯>から転載します。
2001年5月。景気をよくするために、どんどん原子力発電所を作ってどんどん電気を供給しよう、というブッシュのエネルギー政策に反対してカナダで「自主停電運動」が起こりました。

この流れに参加した辻信一とナマケモノ倶楽部はその後、毎月『カフェスロー』で「暗闇カフェ」を催すことにしました。

さらに2002年10月、辻信一は、縁あって知り合った、有機食材宅配のパイオニア「大地を守る会」の会長である藤田和芳をこの環境文化運動へと誘い、大地を守る会は、会員に向けて「でんきを消してキャンドルを」と呼びかけました。その後、大地を守る会に「久しぶりにゆっくり家族と話した」「子どもと絵本を読んだ。子どもも喜んだ」と読んでいても楽しい感想が集まったので、これはもっとたくさんの人に呼びかけてもいいかもしれない、とふたりは考え、12月、さらにまわりの人たちに声をかけ、一緒に名前をつけたり、キャッチフレーズを考えたり、呼びかけ文や、でんきを消す日と時間を決めたり、最初の呼びかけ人を集めたりして、準備しました。

こうして2003年6月22日。100万人のキャンドルナイトは始まりました。

|

« 聞こえますように | Main | 頑張って♪ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

こんばんは
昨年のこの日を思い出しTBさせていただきました。
ホタルの季節ですね。
ちょうど20時ごろから(ホタルの習性で真っ暗の夜になってから)光りだすはずです。
どこか、観にいけたらいいのですけど・・・
雨の多いのもこの季節の特徴ですよね。

Posted by: isshy | June 08, 2006 22:52

Markさん=isshyさんですね。(^-^)b
ホタルはまだ見たことがありません。以前は市内(山の中ではない)でも生息しているところがあると聞きましたが、今でも観られるのでしょうか?
たぶん、この日の、この時間は子供らも帰っていないので、ゆっくりといい時間になるか、電気を消したら、気持ちよく(_ _)zzzのような気もします。(笑)

Posted by: winter-cosmos | June 09, 2006 09:01

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference OFF:

» 夏至の夜のちょっとしたいい話・・・ [2005年06月19日(日)] [★mark's blog archives★]
私はもうかなり前の6月に生まれました。そのせいかどうか、この季節は梅雨でジメジメしていようと、蒸し暑かろうと、なぜか大好きな季節です。どう表現すればいいのか、身体の芯からこの季節を喜んでいるようです。幼い頃から、紫陽花の花が好きでした。(柄にもないこというな!って聞こえてきそうですが・・・)それから、アマガエル、カタツムリ、そしてホタル。。。みんなこの季節の生き物たちです。これから本格的な梅雨ですが、その梅雨も明けたら夏が待ってます。楽しくてしかたないですね。ワクワクしますよ。アホみたいですが・・・... [Read More]

Tracked on June 08, 2006 02:10

« 聞こえますように | Main | 頑張って♪ »