« 続・夏は夜 | Main | 目覚まし »

June 29, 2006

1本目のバナナ

ブライトンホテル アトリウムコンサートに行ってきました。夜は雷雨の予報が出ていて、怪しいお天気でしたが、持ちこたえてくれました。

 今日(28日)のプログラムです。
 ~スペインへの誘い~
 ピアノ:熊本マリ
 ギター:荘村清志

 ショパン:夜想曲第20番嬰ハ短調(ピアノソロ)
 イルマル:バーデン・ジャズ組曲(ギターソロ)
 タルレガ:アルハンブラの思い出(ギターソロ)
アルベニス:「スペイン組曲」より”セビリャーナス”(ピアノソロ)
ロドリーゴ:愛のアランフェス(デュオ)
ロドリーゴ:「ある貴婦人のための幻想曲」より”カナリオス”(デュオ)

 このあと、アンコールが4曲もあったので、終わったときには、ほとんど9時でした。
 熊本マリさん、ノクターンのような曲より、趣くまま弾いているように聴こえる曲の方が良さそうな・・・、と思ってしまいました。アンコールの「おてもやん」(奥村一 日本の民謡ピアノ曲集)と、もう一曲もかなり早い曲でしたが、イキイキと演奏されているようでした。

 クラシックのギターを、生で聴いたのは初めてです。想像以上の深い音に引き込まれました。まだ、アルハンブラの思い出がずっと頭の中で流れているようです。(笑)

アーモンドのケーキが美味しかった♪  これは今日のオミヤゲです。ホテルメードのケーキを詰め合わせて1,500円で売っています。預けておけるので、コンサート前に、買っておかれることをおすすめします。

|

« 続・夏は夜 | Main | 目覚まし »

音楽」カテゴリの記事

Comments

ううう、聴きたかったです。アルハンブラにアランフェス、大好きな曲なんですよ~~(残念)
蒸し暑い日々が続いてますね。いよいよ、祇園祭の七月ですな。体調整えていきましょう・・・といいつつ、わしは酒ばっか飲んでますが(苦笑)

Posted by: 龍3 | July 01, 2006 00:39

微妙な時間と場所なんですよね。ふらっと行くにはいいけど、タイミングが合わないと、30分では終わってしまっているかもしれないし。聴きたい曲をチェックして、目指していかないと。京都で京響以外の演奏の聴けるチャンスですから。(笑)
ギター、良かったですーー♪
アントニオ古賀さんのチケットをもらい、演奏を聴いたことがあります。生で聴くと興味のなかった曲も好きになるなと思ってました。
荘村さんの演奏を聴いていると、ギターは"ちいさなオーケストラ"と言われるのがわかったような気がします。
水無月に焼酎(ですか?)美味しそうです。オハギで日本酒を飲むとは、甘辛両刀の譬えだと思ってましたが、本当に合いそうな気がしてきました。(^-^)

Posted by: winter-cosmos | July 01, 2006 09:10

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 1本目のバナナ:

« 続・夏は夜 | Main | 目覚まし »