« 続・本日のお茶は | Main | 後日談 »

June 21, 2006

Candle night

Candle night

私たちは100万人のキャンドルナイトを呼びかけます。
2006年の夏至の日、6月21日夜、8時から10時の2時間、
みんなでいっせいにでんきを消しましょう。

ロウソクのひかりで子どもに絵本を読んであげるのもいいでしょう。
しずかに恋人と食事をするのもいいでしょう。
ある人は省エネを、ある人は平和を、
ある人は世界のいろいろな場所で生きる人びとのことを思いながら。

プラグを抜くことは新たな世界の窓をひらくことです。
それは人間の自由と多様性を思いおこすことであり、
文明のもっと大きな可能性を発見する
プロセスであると私たちは考えます。

一人ひとりがそれぞれの考えを胸に、
ただ2時間、でんきを消すことで、
ゆるやかにつながって「くらやみのウェーブ」を
地球上にひろげていきませんか。
(呼びかけ文より)

金蓮花茉莉花茶  ポットの中のお茶は「金蓮花茉莉花茶」です。これも中国の工芸茶です。金蓮花の花がとても綺麗でした。お茶は普通のジャスミン茶です。
 金蓮花の花言葉は「愛国心」のようです。今日のお茶を入れるために、不二の水を、朝、汲みに行きました。学問成就だけお願いしておこうと思います。

Mahler TheSymphonies
BostonSymphonyOrchestra
SeijiOzawa  二時間、せっかくですから、ちょっと長い曲を聴こうと、マーラーの八番と五番(一楽章から三楽章はとばして)にしました。
 このために朝から頑張ってしまったので、うとうとしながらいい気持ちで聴くことができました。(笑)

|

« 続・本日のお茶は | Main | 後日談 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

ろうそくの灯りでお風呂、入ってみました。
部屋中暗いので、お風呂上がりにハダカでうろうろしても外から見られないし、のんびり良い感じでした♪

Posted by: yukidarumako | June 22, 2006 at 15:46

炎に浮かび上がる、おみ足がセクシーです。
お風呂用に浮かべる、花の形をした石鹸があったので、お風呂もいいなと思ったんですけど・・・うん?もしかして裸(セミヌード?)でビールを飲んでいるところを、だんな様に目撃されたとか。
それならドキドキものです。(@_@)

Posted by: winter-cosmos | June 22, 2006 at 19:34

蛍を見に行きました。
高槻市の芥川上流・・・
よく見えましたよ。
蛍って、8時きっかりから光るの知ってましたか?
不思議なんですがそうなんです。
彼らは性格に時間を見極めるんですよ・・・笑
フライングなしです。

Posted by: isshy | June 24, 2006 at 15:10

 いいですね~~、神秘的な話です。そんな瞬間
に出会えたら感激するでしょうね。

 isshyさんが、そのエントリーされるのを楽しみにしてました。でも、書いちゃうと来年の夏至の日に、いっぱい人が集まってしまいますね。(^^?

Posted by: winter-cosmos | June 24, 2006 at 19:26

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62944/10622314

Listed below are links to weblogs that reference Candle night:

» 夏至 [雪だるまのつれづれ・・・]
今日は、1年で一番夜が短い一日。 これから、だんだん暑くなってくるにしたがって 少しずつ陽は短くなっていくんだよなぁ・・・ なんだか不思議。なんて、ぼぉ〜としながら考えていて そういえば、100万人のキャンドルナイト この間、小物入れを整理していたときに、キャンドルあったなぁ。 ・ 一人、参加してみました。 久しくのんびりお風呂に入っていなかったので、 今日はタロを寝かしつけた後、のんびりもう一度入り直しました。 ろうそくの炎だけのお風呂は、なかなかです。 ... [Read More]

Tracked on June 22, 2006 at 15:45

« 続・本日のお茶は | Main | 後日談 »