« おくればせながら | Main | 土一升に金一升 »

May 21, 2006

楽じゃない?

2006_052000a05 「のだめカンタービレ」
二ノ宮知子(講談社)
 14巻まででていますが、子供がブ*ク・オフで3巻まで買ってきてくれました。

 主人公は"のだめ"こと野田恵、天真爛漫??なピアノ科の学生と、同じくピアノ科で、指揮者志望の有名ピアニストの息子のエリート音大生千秋真一、イケメンです。
 この二人のほのかな???恋物語と、晴れの舞台に立つため、日々努力する音大生の、おかしいような、悲しいような日常です。
 3巻では小柄な女の子が交通費がなく、コントラバスをカートにのせて、自宅から10kmの道のりを歩いてきます。
 車で移動できるようになればいいですが、大きな楽器は本当に大変です。
 もうだいぶ前の話ですが、私鉄の地下通路を若い女性がコントラバスをカートにのせ、ひっぱっているところを見た事があります。階段しかない駅だったので、降りるまで必死だったでしょうね。もちろんソフトケースでしたが。
 まだ中学生か高校生くらいの男の子が、コントラバスを地下鉄の自動改札のところで持ち上げて、何とか通そうともがいているところを見たこともあります。学習して今頃は、車椅子用の改札を通っているかな・・・とか。
 ソフトケースに入れたチェロを自動改札にぶつけて、割ってしまったそうで、楽器屋さんに修理に持ち込まれていたこともありました。楽器を傷めたショックも大きいでしょうし、弦楽器は弓の毛替えや弦と言った消耗品代だけでもばかにならないのに、修理となると涙が出そうになるだろうなと思います。
 そんな、こんなの現実的なことも、音楽が好きだからのりきってこられるんだろうなと思うと、ひっそりとエールを送りたくなります。

 この本、突っ込みをいれずに、単純に笑ってほしいです。二ノ宮知子公式サイト

|

« おくればせながら | Main | 土一升に金一升 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

おやじなんですけど
時点が違いすぎてコメントのしょうが無い
のが寂しいです。

Posted by: おやじさん | May 21, 2006 16:56

それもいいのじゃないでしょうか・・・(^^;

Posted by: winter-cosmos | May 21, 2006 18:29

おう、この漫画、前から評判を聞いていていつか
読もうと思っていたのですが、やっぱり面白いですか。これは絶対に買いだな。
 音楽系の漫画だと、ピアノの森もおもしろいですよね♪

Posted by: 和田歩人 | May 23, 2006 11:50

コミックは「動物のお医者さん」以来です♪
「ピアノの森」それ、おススメですね。また、買ってきてもらおう。(笑)

Posted by: winter-cosmos | May 23, 2006 19:23

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 楽じゃない?:

» 『のだめカンタービレ(15) 限定版』 [ダメだし書店]
僕「あの、これはまだ発売されてませんが・・・」 店長「GWぐらい好きにやらせてよ [Read More]

Tracked on May 21, 2006 10:25

» のだめカンタービレ [和田草子]
 緑の森を楽しく歩いたのwinter-cosmosさんからのT/Bです。  前から人気があると聞いていたので読もう読もうと思っていて、ついに昨日 漫画喫茶で読んできました。本棚探してもなかなか見つからず、パソコンで 検索したら、なんと少女漫画だったんですね。 ...... [Read More]

Tracked on May 26, 2006 19:34

« おくればせながら | Main | 土一升に金一升 »