« 最後のお願い | Main | またまたテスト »

April 09, 2006

Frei aber froh(自由に、しかし楽しく)

 京都市交響楽団創立50周年記念演奏会
~ブラームス ツィクルス~に行ってきました。
 ヨハネス・ブラームス作曲
 交響曲第一番ハ短調op.68[指揮:大友直人]
 交響曲第二番ニ長調op.73[指揮:井上道義]
 交響曲第三番ヘ長調op.90[指揮:大友直人]
 交響曲第四番ホ短調op.98[指揮:井上道義]
 午後二時開演で、アンコール曲が終わったのが七時半頃と、一日ゆったりと過ごせる企画でした。それでも時間を感じず、アッという間に終わってしまった気がします。
  ホワイエにバーカウンターがあります。今日はドリンクサービス付きでしたから、まだ、明るいうちでしたが、ワインを注文している人が多かったようです。
  二番と三番の間に、一時間半の休憩がとってあり、ロビーコンサートがされているときに、私服に着替えた井上氏もいらっしゃってました。
 この休憩の間に、そのあと「指揮者対談」もありました。お二人はどちらも戌年で一回り違います。大友氏が指揮者を志された当時、井上氏は新進気鋭の指揮者として活躍されていた、憧れの先輩だったそうです。
 オーケストラを運営していくにあたっての思いなどを話される、やんちゃな井上氏と、収めようとされる大友氏のかけあいが、おかしかったです。
 アンコール曲は「ハンガリー舞曲第一番からフィナーレ」でした。これもリハーサルなしで、お二人が交互に指揮をされ、最後まで楽しめるよう努められました。
 つけくわえると市長の挨拶までありました。これはハプニングだったんでしょうか・・・(^-^?
 大友氏が常任になられたころから、京響のコンサートも、ほとんど行かなくなり、その間に楽団の方もだいぶ入れ替わられました。今年も七人定年を迎えられたそうです。
 寂しくなりましたが、18年度の演奏会一覧を見ると、気になるコンサートが目白押しです。また、これを機会に、ちょくちょく足を運ぼうかなと思います。

 コンサートホールの隣にある府立植物園が、桜並木のライトアップをしています。帰りに少し寄ってきました。今までライトアップは綺麗とは思わなかったのですけど、あれだけたくさん満開になったソメイヨシノの下にいると、「降るような」と喩えるのがぴったりのような気がしました。画像のアップをできないのが残念です。

|

« 最後のお願い | Main | またまたテスト »

音楽」カテゴリの記事

Comments

ワイン片手にほろ酔い加減でクラシックてのもいいですね。あこがれますのぉ

Posted by: 和田歩人 | April 10, 2006 19:37

いいでしょ♪
十年前、このホールに一番感動したのは、このバーだったかもしれない。文明開化だーーーって(笑)

Posted by: winter-cosmos | April 10, 2006 19:46

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Frei aber froh(自由に、しかし楽しく):

« 最後のお願い | Main | またまたテスト »