« お菓子バトン その2 | Main | お菓子バトン その4 »

February 09, 2006

お菓子バトン その3

 うちの「おふくろの味」て何?と子どもに聞きましたら、「バナナケーキ」と答えが返ってきました。
 バターを一箱(200g)に砂糖200g、卵6個、バナナ大きいものなら2~3本、小麦粉200gを、この順番にハンドミキサーで混ぜて、天板に流しオーブンで焼いた、ごく簡単なものです。
 夕食の支度をしながらでも作れますし、小さい頃、よく食べていたからのようです。これが「お気に入り」手作り編のベストワンです。
 中学生くらいからお菓子作りを始めて、当時よく読んだ森村桂さんのエッセイで、このバナナケーキを知ってから、ずっと作り続けています。
 これは出来立てのアツアツが美味しいのですけど、本の中に冷ましてからの方が美味しい作り方が書かれていました。
 エッセイなので、正確な作り方はのってなかったと思いますが、沸かしたミルクに重曹を入れて、ワッと膨らんだものを、合わせた生地に流し込むのが秘訣でした。
 切り分けると、バナナの筋が綺麗な紫色に見えるところが、お気に入りのように書かれていました。
 その本をかなり前に失くしてしまい、記憶だけがたよりですが、バターが上の分量より多めで、ミルクは20ccくらいだったと思います。こちらの方がずっと美味しいのですけど、家中にバナナの焼ける甘い匂いが立ち込めているうちに、"すぐ食べたい"わが家には不向きで、作る事がなくなってしまいました。

 ベストツーはなめらかプリンです。有名なパステルのなめらかプリンですが作り方を公開されているので、生クリームを安く買えたときに作ります。
 今はこちらにもお店がありますが、それまではときどきデパートで売られていることがあり、噂どおり美味しくて、見かけるとは買ってました。
 二年半前に私が入院して、ドクターから柔らかいものから食べ始めるように言われたときに、ムスメがネットで、その出来たばかりのお店の場所を調べて買ってきてくれました。
 当時ムスメは家と学校の往復以外は、一人で出かけたことがなかったので、遠くはないのですけど、電車に乗って買いに行ってくれたのには驚きました。
 作り方を知ってからは買ってないので、申し訳ないですが、好きなお菓子ベストスリーには入れたいと思いますm(_ _)m

 あと一つは、お善哉です。小豆はたいてい買いおきがしてあるので、これも食事の支度をしながら、ことこと炊いておきます。
 この話も一度書いたような気がしますが、高校の同級生のお宅で、定期試験の時期になると、お善哉を炊かれるお母さんがいらっしゃって、話題になったことがありました。
 風邪をひきやすいこの時期には身体が暖まっていいオヤツですし、夏は冷やしてかき氷をかけてもいいです。とにかく簡単なので。
>続く

|

« お菓子バトン その2 | Main | お菓子バトン その4 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62944/8578246

Listed below are links to weblogs that reference お菓子バトン その3:

« お菓子バトン その2 | Main | お菓子バトン その4 »