« お菓子バトン その4 | Main | 補足です。 »

February 09, 2006

お菓子バトン その5

 「うまい棒の味」は駄菓子のことでいいのでしょうか???
 初めてお金を自分で使ったのは、多分、駄菓子屋さんでだったと思います。子どもの足で五分以内に行ける距離に、三、四軒はあったでしょうか。
 「あてもん」が一番人気だったはず。ヒモの先に飴がついていて、大きいのを当てるとか、十円でクジをひいて、当たれば大きなお菓子がもらえると言ったものでした。
 他に、ちっちゃい瓶に入った、真っ赤な練り梅のようなものは「アンズ」と呼んでいたかな。
 三角形のビニール袋に入ったジュースとか、あと、どんなものがあったでしょう・・・。一枚5円もしないオセンベイ、酸っぱいスルメ、これは食べずにザリガニを釣るための餌になるときもありました。
 薄暗いお店に、所狭しと並べられたお菓子やオモチャ、まだ「うまい棒」のなかった時代です。

 次に回す方ですが、「お菓子バトン」としてではなくても、難しい記事をいつも書かれている方も、たまに懐かしいお菓子の話なんかを書いていただけると嬉しいです。>終わり

|

« お菓子バトン その4 | Main | 補足です。 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

お菓子バトンのルーツ

A la recherche du pain perduさん→ 心のレンズ in京都の じゅぴさん
→FIELD & STREAMの isshyさん→ ねんりん便り→ 緑の森を楽しく歩いた様

現在はここまで分かりました、 緑の森を楽しく歩いた様→その先?
どなたがバトンタッチしてくださるのかも楽しみになります。

はじめのA la recherche du pain perduさん以前は分かりません。

早速にお菓子バトンUPして頂き有難うございます、
お手数かけました、昔を思い出していただいたりもしました。

お上手に書かれていらっしゃいますので私のページ
からもみなさんに見て貰えますようにお知らせします。今後も宜しくお願いします。

Posted by: ねんりん便り | February 09, 2006 at 17:15

 すみません、長々とお付き合いいただいて。 あと、市販のお菓子の話になると、もう止まらなくなるかも知れないので、やめておきます(笑)
 こちらこそ、どうぞよろしくお願いいたします(^-^)
 

Posted by: winter-cosmos | February 09, 2006 at 17:37

winter-cosmosさん
楽しいお話でしたね。うれしいです。
お菓子はやっぱり人生に必要ですね。笑

こんなに、長編のバトンを私はいまだかつて見たことがありません。でも楽しい文面だし、よかったです。これからもねんりんおやじさんともども、isshy もよろしくお願いします。

Posted by: isshy | February 11, 2006 at 01:09

おはようございます、isshyさん。
申し訳ありません、いつ終わるのか、と思うような話になってしまい。思い入れが半分以上入っていて、グルメ記事じゃないですね(笑)
こちらこそ、これにこりずに、よろしくお付き合いいただけると嬉しいです。

あーーー、でも、本当に美味しかったな。「アンミツ」食べた~い(涙)

Posted by: winter-cosmos | February 11, 2006 at 10:13

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62944/8579829

Listed below are links to weblogs that reference お菓子バトン その5:

« お菓子バトン その4 | Main | 補足です。 »