« 光は暗闇の中で輝いている | Main | 歳末には »

December 24, 2005

イブには

2005_12240001 今年最後のコンサートです。 
 この演奏会は歴史が古く、1925年にハレルヤコーラスが歌われたことを契機に始められたそうですが、その後、戦時色が濃くなるなか、中断を余儀なくされます。
 戦後、物資の乏しい中、再開はされますが、再び中断せざるをえない状況になります。
 そして1965年に再開され今年で41回目です。これも演奏される側の情熱と、たくさんの支える人があってのことでしょうか。
 今日も演奏が始まる頃には、P席(パイプオルガンのすぐ前の席)まで埋め尽くす人です。
 オルガンのある曲を、その席で聴くのは辛いですが、チケットの売れ行きはよく、当日に販売する座席が残らなかったそうです。
2005_12240012
 個性的な外観のホールの中は、下の画像のエントランスホールを中心に、通路がらせん状になっています。
 ゆるやかなスロープなので、そのぶん距離が長いですし、敷地全体もゆったりとしています。
 楽屋口が表の通りに面しているので、演奏会が終わったあと、着替えた演奏者の方が、先に外に出ているといったこともあります(笑)

|

« 光は暗闇の中で輝いている | Main | 歳末には »

音楽」カテゴリの記事

京都」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference イブには:

« 光は暗闇の中で輝いている | Main | 歳末には »