« もはや戦後ではない? | Main | 夏だから »

July 11, 2005

ぼちぼちです。

2005_07110010 祇園祭です。六月の中ごろから商店のBGMに、お囃子がながれていました。
 曳初めの様子が明日はテレビで映るんじゃないかと思います。
 鉾建てが始まると、ちょっと気をつけないと車で通れない所ができます。交通規制は始まってませんから気のせいですが、今日は心なしか道が混んでいました。
 うちは鉾町(鉾を保存・管理・運営している地区)。ではないので、お祭りだからと特別なことをするわけではありません。でも知り合いがお囃子をしていたり、鉾を曳くボランティアをしたりするので身近ではあります。
 今年は宵山(巡行の前日)が土曜日で、山鉾巡行が日曜日です。大変な人出になりそうです。

|

« もはや戦後ではない? | Main | 夏だから »

京都」カテゴリの記事

Comments

遠い都の行事ですが、もうそんな季節なのね、と、毎年思います。
たまに古い文書を見ることがあるのですが、その中で「例鉾」と書かれてることが、これってもしかして、山鉾のことかなあ・・と。
無事に「疫病退散」のお役目はたせますように。

Posted by: owl | July 12, 2005 06:51

 おはよう♪
 市内にいても、鉾の建つ通りに住むか、通勤でもしていないと、そんなに意識はわかないみたいです。そう、いつだったか、この時期に朝の通勤電車に浴衣を着た女の子が乗ってきて、あー、お祭りなんだ、とびっくりしたことがありました。
 夜店がでるから、子どもの頃は、毎日みたいに通いましたけど、今は混まない時にちょっとのぞきに行くくらいです。
 私一番好きなのは巡行の朝、交通規制がかかる直前に、車で鉾の間を通るんです。なんとも言えない緊張した雰囲気です。

 本当にたくさんの人の思いを担ってますから、無事お役目果たされる事を私も祈らせてもらいます。 

Posted by: winter-cosmos | July 12, 2005 09:16

葵祭り、祇園祭、時代祭り、と絵巻物語を見ているような京都の行事ですね。
こちらも夏祭りが各地で始まりました、ただ週末の開催で殆んど見ることはできませんが。
遠くで鳴る笛や太鼓の音を仕事をしています。昔のように生活と隣り合わせのお祭りが少なくなり、単なる行事や町おこしの催事になってしまって淋しい気もしますが。

Posted by: 散歩道 | July 12, 2005 13:20

 道が混んでいるから、お祭りを思い出すなんて味気ない話ですね(笑)
 もういつまでも鉾を同級生が曳く、と言うこともなくなってきますから、今年くらいはしっかり見ておこうかと思います。場所を選べばそんなに人ごみにもまれることもありませんし。 
 やっぱりいくつになってもお祭りは楽しみです(^-^)
 

Posted by: winter-cosmos | July 12, 2005 15:08

私もお祭り大好きです。
私の実家の近くでは こんなに大きなお祭りはないのですが、平塚の七夕祭りがあります。子供のころから毎年連れて行ってもらっていました。

祇園祭、いちどでいいから見てみたいです。

Posted by: ビスケ | July 13, 2005 10:13

うん、やっぱり世界中から観に来られるだけあって、それだけの価値はあると思います。お祭りを支えている、本当にたくさんの人の心意気が結集されていますから。
雅やかなイメージですが、直接関われるのは男性です。私らは気持ちだけは送らせてもらおうと思います。

Posted by: winter-cosmos | July 13, 2005 12:18

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ぼちぼちです。:

« もはや戦後ではない? | Main | 夏だから »