« おいしおす。 | Main | まったりです。 »

May 03, 2005

梢は高し・・・。

2005_05030009 あまり綺麗に撮れませんでしたが、桐の花です。
 タンスを作る木だと考えれば、大きな木で当たり前ですが、結構高い所に咲いているので、前を通りがかっていても何年も気づきませんでした。2005_04270009
 こっちは少し前に撮ったものです。

2005_05080006 追記:5/8満開です。

|

« おいしおす。 | Main | まったりです。 »

自然・環境」カテゴリの記事

Comments

へぇ×20!!
桐って 始めてみました。
どんな花なのか、木なのか、ぜーんぜん知りませんでした。
ちょっと脳みそに溝が刻まれた感じ♪
色もいい色ですね。

Posted by: ビスケ | May 04, 2005 at 00:16

 「桐」て紋の図柄で知ってるだけで、あれが一部分だなんて、想像したこともありませんでした。
 視界に入る高さよりずっと上の方に枝がついています。花がついている時に、たまたま通っても、よく見えないので桐だとわからないかも。
 ちょっと発見♪

Posted by: winter-cosmos | May 04, 2005 at 05:22

娘が生まれたら庭に桐を植え、お嫁入りの際、箪笥を作って持たせる・・・・。
私の親はそこまでしませんでしたが、実家の隣家が娘さんの成長を願って桐を植え、 伸びるのが早く、10年もすると2階の屋根の高さほどになっていたのを思い出しました。
結局、その桐は箪笥用にはならず、娘さんの嫁入り後も大木がお庭に残っていましたが、邪魔になったのか、いつのまにか切り倒されていました。

Posted by: まーどんな | May 04, 2005 at 11:55

わたしのマンションの窓からも、ちょうどお向かいの駐車場に咲いている桐の花が、ここ数日見えています。
茶道では、桐の木に鳳凰が住むということから、桐の文様を書いた棗を凡鳥棗なんて呼びますねー(凡+鳥→鳳)。

Posted by: らら美 | May 04, 2005 at 14:29

>まーどんなさん、最近は作り付けのクローゼットの家ばかりで、タンスが売れないみたいですね。震災のときもすっかり悪者にされてましたし。私も和ダンスの前で寝ているので、ちょっと考えなくもないです。 
 
>らら美さん、お茶やお華も、昔はみんな習いましたね(私はお菓子を食べに行っていただけですが・笑)。今は水屋や床の間を見たことのない子もいるみたいで、家の中に舞台があるて言うから何かと思えば床の間ことだった、と友達が言ってました。

 そう思うと、この二十年でずいぶん生活というより文化でしょうか・・・変わってしまった気がしますね。

Posted by: winter-cosmos | May 04, 2005 at 17:03

桐の花、初めて見ました。高いところでひっそりと咲いていてとてもきれいなお花ですね。
ホント、たんすのイメージしかありませんでした。ふふふ。気づかれたwinter-cosmosさん、すばらしいです。今頃の京都、気持ちよさそうですね。
夕焼けもとてもきれいですね。

Posted by: cinnamonspice | May 05, 2005 at 08:35

 何かの時に「桐の花」が話題に出ました。そう言えば通り道にそんな木があったな・・・と思ってよく見たら桐でした。
 それからしばらくして、田舎の方に行った時に、大木になった桐の木が二本、花を咲かせているお宅を見たことがあります。
 娘の成長を願って美しい花を咲かせる木を植えるなんて夢があっていいですね。でも娘に桐のタンスを持っていけ、なんて言ったら、手入れが大変だからいらない!て言われそうです(笑)
 こちらは日中強い日差しで、もうすっかり初夏ですねー。要UVカットです(((((^-^;

 

Posted by: winter-cosmos | May 05, 2005 at 09:23

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62944/3964805

Listed below are links to weblogs that reference 梢は高し・・・。:

« おいしおす。 | Main | まったりです。 »