« うつつをぬかしてはいけません。 | Main | 春はもうすぐ♪ »

February 08, 2005

この木、何の木。

 何だか重いことを書いて、自分でも余計に沈みそうなので、ちょっと晴れやかな気持ちになれる一冊を。
 この本は北海道で生まれ育った友達が教えてくれました。
harunire
「はるにれ」写真 姉崎一馬 福音館書店

 何も言葉はありません。1979年1月発行の「こどものとも」から1981年に日本傑作絵本シリーズとして出されたものです。この本もたくさんの方が、持ってらっしゃるだろうなと思います。

 移ろう季節の中で、一本の木を撮り続けられています。

|

« うつつをぬかしてはいけません。 | Main | 春はもうすぐ♪ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

冬だと思ってても、木々はちゃんと新芽吹き出してます。すこし赤みをおびた枝の行列を先日、車の中から見て思った。
あ、先週とは違う、今日の雨もきっと恵みの雨。
やっぱ立春すぎたんですね。

Posted by: owl | February 08, 2005 14:45

 子どものときに、ハクモクレンのあるお宅と、大きな桜の木のあるお宅が、向かい合わせにあって、春になるのが楽しみでした。
 ミモザの大木も見たいです。あっ、砂糖漬けはね、久しく食べてないですけど、「かたい」としか記憶にありません。また食べる話に戻りました(笑)。

Posted by: winter-cosmos | February 08, 2005 15:24

北陸の雪の間中でも、芽が膨らみつつあるものもありますよ。
私の住んでいる周りには桜がたくさんあります。
空一面に広がる桜。早く見たくなりました。

ミモザって大木化するんですか・・・。知りませんでした。

Posted by: ビスケ | February 09, 2005 10:18

 ほんと、花の季節が恋しくなります。風邪もなんとか治ったので、春を探しに行こうかなと思っています。
 owlさんちのお近くに、大きなミモザの木があるそうです。見たいですねー。ツアーをくんで行きましょうか(笑)。

Posted by: winter-cosmos | February 09, 2005 11:22

こんちは。
ミモザの木、今日みたら、もう花が満開状態でしたよ。車でそばを通過だから、ちょっとだけよそ見です。
庭に植えると、ミモザはとても大きく太くなる、前ベランダで鉢栽培してたのが、今思うとかわいそうだったな。

Posted by: owl | February 09, 2005 14:26

 もう咲いてるんですね。「ミモザツアー」間に合いませんでしたね(笑)。  
 昨日、自転車けって(?)ホームセンターに行きました。もう五時過ぎてたけど、何か買わないといられない気分で。
 出物がなくて、結局何も買わなかったから、今から、もう少し足を伸ばして、園芸屋さんに行こうかと迷っているとこです。そろそろ市から帰ったはるかなーとか。
 ほんと、地植えしたいです。宿根草とか、去年こぼれた種とが芽を出したら嬉しいでしょうね。
 ないものねだりしてもしかたないので、どっかで花咲かバーサンしてきます。

Posted by: winter-cosmos | February 09, 2005 14:47

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference この木、何の木。:

« うつつをぬかしてはいけません。 | Main | 春はもうすぐ♪ »