« 地には、善意の人に平和あれ。 | Main | 待っています。 »

January 17, 2005

童心にかえります(?)。

funkorogashi 
 これ"フンころがし"です。写真右側のオレンジ色の所に赤外線のセンサーがついていて。奥の透明の腕のような所で抱え込むようにして転がしていきます。
 
 十年以上前に買ったもので、今は手に入らないかもしれません。
 TAMIYAの電子模型のシリーズの中の一つで、他に迷路を進むネズミや、土台は木でできた動く工作のシリーズのものが、今でもうちにあります。
 ネズミの方は、ロボットコンテストに登場するものを、簡単にしたようなつくりです。
 ハンダづけする必要がないので、簡単につくれますから、一時期はまりました(笑)。
 模型屋さんに行っては、持っていないものがないか見てたんですけど、いつのまにかお店でこのシリーズ自体を売っているのを見かけなくなりました。
 当時、「子供の科学」(この雑誌も見かけなくなりました、定期購読すれば買えるようですね)の最後のページには、通信販売でもっと複雑なものもいっぱい載っていました。そちらはハンダづけが必要でしたから、ハンダごても買いました。残念ながらそのくらいから忙しくなって、模型作りも久しくしていません。
 TAMIYAの模型も、もっと簡単に作れるシリーズとか色々でているみたいですね。

|

« 地には、善意の人に平和あれ。 | Main | 待っています。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

見てきましたよーー。
最近は、色もきれいになったんですね。
息子は 対戦ファイターが欲しい!!と、叫んでました。
面白そうですよね。親もはまるのわかります。
夏休みの宿題にもってこい♪
子供の科学も久しぶりに見たくなりましたよー。
学研の科学と学習も、両方定期購読してたけど、最近は あるのかないのかもわかりません。
科学の付録 面白かったんだけどナーー。 

Posted by: ビスケ | January 18, 2005 at 12:13

 私も欲しい~。
 最初ね、京都市青少年科学センターの、確か夏休みの展示で、この模型がいっぱい動き回ってるのを、見たんです。「子供の科学」に出てる、ちょっと難しい方のが。
 
 そっちに工業用ロボットのアームがあって、作りたくてハンダゴテを買いました。
 皮肉なことに近所の模型屋さんが閉められるから、半額だった(笑)。

 「科学」と「学習」も小学校のとき、ずっと買ってもらってました。だからowlさんの試験管立てにもすごく反応しました(笑)。

 いろいろ、面白い雑誌がありましたね~。
 

Posted by: winter-cosmos | January 18, 2005 at 13:13

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62944/2606150

Listed below are links to weblogs that reference 童心にかえります(?)。:

« 地には、善意の人に平和あれ。 | Main | 待っています。 »