« ”弦は銃よりも強し”でしょうか。 | Main | あとがきも素敵です。 »

December 28, 2004

初めの一歩、第一歩♪

 また大変な災害が起きてしまいました。邦人の方もたくさん犠牲になっておられるようで、アジアに旅行へ行くのが大好きな友人にも、思わずメールをしてしまいました。

 阪神大震災からもうすぐ十年となります。震源から遠く離れた京都でも、大変強い揺れを感じ、本当に恐い思いをしました。
 幸い家屋や人的な被害もほとんど受けることなく、私たちは今日まで過ごしてくることができました。
 実際に被災された方、大切な方を亡くされた方、まだ傷が癒えることのない方は、たくさんいらっしゃると思います。
 大切な方にたいしての思いは、日常にまぎれてしまうことはあっても、消える事はありません。

 昨日とても素晴らしいコメントをいただきました。サイトの方にもとても良い記事を書かれておられます。
 私も今こうやって記事を書いていて、イマジネーションの世界だけ広げているんじゃないかと、正直とても不安でした。
 「茶色の朝」と言う言葉が目に入りました。以前にかなり話題になった絵本のようです。検索して見ると、詳しく書かれたブログがありましたので読ませていただきました。

 平和を守るために何か行動を起こすとか、災害地へボランティアにかけつけたり、たくさんの寄付をしたりと言ったことは、現実には難しい部分があります。でも何らかの形でかかわること や、思い続けることは誰にでもできるはずです。そしてそれは決して自己満足ではないと思います。

 昨日の私の記事に、↓の童話と父は重なるところがちょっとあると書きましたが、現実に父が体験した戦地での事は、あまりに過酷で、母にさえ話す事ができなかったことを、最後に付け加えさせていただきます。

追記:以前紹介させていただいた「国境無き医師団」が今回のスマトラ沖地震などへの緊急支援のため、寄付を募っておられます。まず「知ること」をお願いいたします。
一日50円キャンペーン 
インターネット寄付   
その他          

|

« ”弦は銃よりも強し”でしょうか。 | Main | あとがきも素敵です。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

おはようございます。
この記事を読んで、ある事を思い出しましたよ。
月日はちゃんと過ぎていきますね。
何かできることは?とみんな思ってるんだなあ(いろんなところで)と少し勇気づけられるというか、そういう事を感じました。
「茶色の朝」探してみます。

Posted by: owl | December 28, 2004 09:54

 おはようございます。いろんなところで、今の社会に違和感を持たれてられる方は、老いも若きもいらっしゃるのを感じます。
 声高に異議を唱えるのも一つの方法ではありますが、自分の足元を見直す事も、確実に何かを変える一歩になると信じています。

Posted by: winter-cosmos | December 28, 2004 10:04

winter-cosmosさん、こんにちは。
「茶色の朝」ぜひ私も手にとって読んでみたいと思いました。
何ヶ月か前ブログめぐりで「戦争のつくりかた」を知ってすぐ購入しました。
この世に生まれて育ってきて、今が一番こわいと日々思っています。でもブログめぐりをしているとたくさんの良心的な声を見つけることができて安堵します。
震災、私の住んでいるところでもかなり揺れました。
夫も弟も長い期間(仕事としてですが)支援に入りました。
関わることで立場や心を共有することがとても大事なのですね。

Posted by: つぶら | December 29, 2004 14:57

 PCの電源を落として、出かけようかと思ったら、ほとんど同時にコメントをいただいたメール通知が来ました。
 正直、記事をアップしてからも、しばらく悩みました。甘いことを言ってお叱りをうけるかなとか・・・。批判は批判として受ける覚悟でいたのですが。
 絵本はメッセージ性があっても、ステレオタイプにこうあるべき、と言う押し付けがましさがなくていいなと思います。手に取った人に考えてもらう余地をちゃんと残してあるようで。それでいて幼い子にでもわかるように書かれています。
 よい本を守るお手伝いが、少しでもできればなと思います。

Posted by: winter-cosmos | December 29, 2004 15:08

TBいただきありがとうございました。
今回は私も実際に地震や津波を体験
しませんでしたが、知人や友人が巻き込まれた
こともあり、ショックを受けています。
本当に救助活動がうまく行くよう祈るばかりです。

Posted by: rota | December 31, 2004 11:47

 本当に想像を絶する被害のようですね。やはりみなさん懸念されているように、新聞やテレビでの数字の発表を聞いていても、状況が伝わってこないことが多すぎて。
 ご無事だった方から、こうしてお話を伺えることがなによりです。
 一人でも多くの方の、ご無事が確認できる事をみんなで祈ります。

Posted by: winter-cosmos | December 31, 2004 12:48

winter-cosmosさん、こんばんは。

想像がつかないくらい、大きな災害が起こってしまいましたね。
こんなとき何かしたい、と思うだけで、
なかなか行動に移せない私なので
この記事を拝見してはっとしました。

本当に一人でも多くの方に助かって欲しいものですね。

Posted by: a-carl | December 31, 2004 17:19

 たくさんの方が、きっとそう思ってらっしゃると思います。
 家族や友人を失われた方、大切なものを無くされた方、せめて残された方に少しでも希望を持っていただけるお手伝いが、私らにもできると良いのですが。

Posted by: winter-cosmos | December 31, 2004 17:45

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 初めの一歩、第一歩♪:

» 世界中の人が… [Cafe De Bangkok]
Excite エキサイト : 主要ニュース 皆様、ご心配をおかけいたしましたが、私は無事にバンコクに戻ってまいりました。 津波の当日は、インドネシアのバ... [Read More]

Tracked on December 31, 2004 12:00

« ”弦は銃よりも強し”でしょうか。 | Main | あとがきも素敵です。 »