« いい子にしてましたか? | Main | ”弦は銃よりも強し”でしょうか。 »

December 26, 2004

今年のことは、今年のうちに。

invitation チェリストのMischa Maiskyの事を記事に書いていらっしゃる方があり、久しぶりに「Invitation from MAISKY」を聴きました。
 ベストアルバムなので、以前紹介させていただいたカザルスの「鳥の歌」などおなじみの曲ばかりです。

 私はこのアルバムの中ではアンダンテ・カンタービレ(チャイコフスキー)が好きです。
 少し前ですが、イリヤ・ムーシン氏が亡くなられた時に、この曲を西本智実さんの指揮で聴きました。
 たまたま前から二列目くらいの席だったので、西本さんの背中から、演奏者の方の表情から、心情が痛いほど伝わってくるように思いました。

 そのほかに「G線上のアリア」(J.Sバッハ)も追悼の意味で演奏されるのを、何度か聴かせていただいたことがあります。 はっきり覚えているのは、良子皇太后が亡くなられた時です。来日されていたどこかの楽団(それは覚えていないのに)が演奏されたのを聴かせていただきました。 
 最近では中越地震の被災者の方々のために、小澤征爾さん指揮の水戸室内管弦楽団が演奏されるのを、テレビのニュースで見ました。

 この曲がお悔やみの意味で演奏されるのはどうしてなのか、なんとなく気になっていました。息子が私なんかよりクラシック音楽に詳しいのですが、知らないそうです。こんな事にこだわるのは私だけかも知れませんけど(笑)。 
 そんな事を言いながら、プロコル・ハルムの「青い影」に次の話題が移って話しはつきません。
 
 こんな事ばかり考えてないで大掃除しないと(汗)。

|

« いい子にしてましたか? | Main | ”弦は銃よりも強し”でしょうか。 »

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 今年のことは、今年のうちに。:

« いい子にしてましたか? | Main | ”弦は銃よりも強し”でしょうか。 »