« 「おのこしはゆるしまへんでー」 | Main | みんな同じ空の下 »

December 03, 2004

サンタさんから夢の贈り物です。

 私が書いたシュークリームの記事に、コメントをいただいて涙が出ました。
 それと同時に、うちの息子にこんな思い出があるのか、この先できるのか・・・と言う気はします。実は彼は、このシュークリームを食べたことがあります。ごく小さい時に。たぶん覚えていないでしょうね。
 
 以前、子供たちにゴチソウと聞いたら何を思い出す?とたずねたら。たいていは「焼肉」と返ってくると聞きました。
 チラシ寿司はインスタントのおかげで、忙しい日にお母さんがよく作るよとか、ケーキもコンビニで売ってるよとか、ゴチソウの座からは転落したみたいです。

 知り合いに、「食」へのたいへんなコダワリのある栄養士さんがおられます。
 有機農法を実践されている農家から、有機農法の飼料しか食べていない鶏の卵や、牛肉を送っていただかれています。
 私も何度か譲っていただきましたが、本当においしいです。
 
 その卵の黄身は、ほんのり白いです。そして生卵特有のくさみが、まったくありません。
 たまかけご飯か、せめてゆで卵で食べないと、もったいなくなります。それでいて、決して驚くような値段ではありません。

 毎日そんな食材を手に入れて、食べ続ける事はできませんが、”本来の味”を持ったものを食べる事は、大切なんだと感じました。

 私の幻のシュークリームは、確かに高価なお菓子でした。
 自分でお菓子も作れるようになって思ったのは、使っておられた素材が、全然違ったんだろうなと言うことです。
 こだわりをもっておられましたから。

 また夢に出てきそうです(笑)。

|

« 「おのこしはゆるしまへんでー」 | Main | みんな同じ空の下 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

先日、メーゾンフランスさんの店先で「休業」の古い張り紙を見つけた日、お店宛に手紙を書きました。知り合いだったわけでもありませんし、突然こんなことをするのは失礼と思いましたが、ご主人や、お店の具合がたまらなく気になったのです。
大まかな住所しかわからず、お店もひと気がなかったので、届いているかどうかもわかりません。
その日、偶然インターネットで何気なく「メーゾンフランス」と検索してみたら、こちらのホームページに知り合えました。
WINTER-COSMOSさんの記事、うれしかった。
「人」のつくるものとは、やはり「その人自身」が現れるものですね。ご主人の誠実さが素材の吟味や作り方にあらわれ、あのシュークリームがうまれたのだと思います。
けれど、あのご主人なら、さもない材料であっても、道具が揃ってなくても、きっと、忘れられないお菓子をつくれる方なのではないか、と感じます。

Posted by: プロ猿ファー・ゴル | December 03, 2004 at 09:33

 私が最後に買ったのが十五年くらい前だったと思います。
 こんなに、みんなから慕われておられるのに、お話する事もできないのは本当に残念です。
 
 市内に、近い味のするお菓子をつくっておられる所があって、よっぽど何かご存知かたずねようかと思った事があったのですが・・・。そちらのお店に失礼かと思って聞きそびれてしまいました。
 
 そのお店のシュークリームが二番目においしいです。↑の栄養士さんのおすみつきです。
 

Posted by: winter-cosmos | December 03, 2004 at 10:15

今日、メーゾンフランスのご家族のかたから、お返事をいただきました。ご主人は、今も療養中でいらっしゃいますが、
「いつの日かまたあのケーキが作れることを願っています」とのことでした。 
「いまでも父はフランス菓子職人としての誇りを持ち続けています」との文面に、心があつくなりました。
15年も経つのに今だに父の味を覚えていてくれてうれしい、ともありましたが、そういう方は大勢いらっしゃって、おなじように、お店の再開を心待ちにしていると思います。
またあのすばらしいお菓子をいただきながら、十数年まえの味や、思い出をニコニコとお話したいですね。

Posted by: プロ猿ファー・ゴル | December 10, 2004 at 19:18

 思いが通じられて本当に良かったです。
 出されたお手紙は、ご主人にとってサンタさんからの贈り物です。
 何ものにも代えがたい宝物ですね、きっと。

Posted by: winter-cosmos | December 10, 2004 at 20:21

初めまして、はたこと申します。
先日、わたしのところの回ってきた「お菓子バトン」の「懐かしいお菓子」に、メーゾンフランスのケーキのことを書いたところ、読者の方のこちらのブログを教えていただき、さっそくお邪魔しております。
あのケーキ屋さんは本当に懐かしいです。思い出を共有できる方にお目にかかれて、とてもうれしく思いました。
よろしければトラックバック、させてください。

Posted by: はたこ | January 26, 2006 at 23:01

 はたこさん、初めまして。TBありがとうございます。じゅぴさん経由ですね♪
 ケーキの味もよく覚えていますよ。コクのあるしょっぱいバタークリームと、ざっくりとしたスポンジの。
 表のガラスケースに入っていましたね。懐かしいです。
 バタークリームの苦手な人(大人です)には、ちょっとしつこく感じたようです。残念ながら、そう言った人がいました。でもシュークリームは絶賛でしたよ(^-^)
 

Posted by: winter-cosmos | January 26, 2006 at 23:15

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62944/2136421

Listed below are links to weblogs that reference サンタさんから夢の贈り物です。:

» お菓子バトン(2) [A la recherche du pain perdu]
 お菓子バトンの続き。  (3)懐かしいお菓子   不二家フランスキャラメル   [Read More]

Tracked on January 26, 2006 at 23:08

« 「おのこしはゆるしまへんでー」 | Main | みんな同じ空の下 »