« ソラの星ですね。 | Main | 今できることは・・・。 »

November 11, 2004

きっとまたいい日がくる。だって私、まだ生きてるんだから。

 湯本香樹美さんのポプラの秋(新潮文庫)と出会った時の事を、書こうと思っていました。タイトルは文中の一節です。

 今日、たまたま佐世保の女児殺害事件の記事が目にはいりました。そこからリンクしていき『「死んだら生き返らない」と答えられた小中学生は僅か3割』と書かれた記事にたどり着きました。
 これだけの内容では詳しい事はわかりません。でも以前知り合いが「人はいつ死を意識するのか」と言う統計を取った時の事を思い出しました。当然と言えば、そうなんです。「身内の死を体験した時」と言う結果でした。
 核家族がほとんどの今、誰かの死を体験すると言う事はほとんどありません。

 このお話の中では幼くして父を亡くした少女が、あたかも生きているかのように、父への手紙を書く事で気持ちを整理していきます。そして手紙を書く事を最後にする事で、死を受け止めます。

 死への意識が希薄になる事で、自分が生きていると言う事の実感も、薄れていくのかなとぼんやり考えてしまいました。

|

« ソラの星ですね。 | Main | 今できることは・・・。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference きっとまたいい日がくる。だって私、まだ生きてるんだから。:

» ポプラの秋 [日々の欠片]
夫を失ったばかりで虚ろな母と、もうじき7歳の私。二人は夏の昼下がり、ポプラの木に招き寄せられるように、あるアパートに引っ越した。不気味で近寄り難い大家の... [Read More]

Tracked on January 15, 2005 09:23

« ソラの星ですね。 | Main | 今できることは・・・。 »