« 本屋のオバチャン入門 | Main | 「おこしやす」です。 »

November 30, 2004

いっしょに空にのぼったのでお見せできません。

 オバ様恐るべし。海を越えた追っかけの費用は、どこから出ているのでしょう。仕事を持っていたら、それほど時間が自由になるとは思えないのですが・・・。
 
 私の母も趣味が高じて↓とは書きましたが、もちろん生計を立てるために始めました。
 お近くの書店で、平日に休んでおられる所はないと思います。必ず何か雑誌が発行されますから、休む事はできません。まして買い物客の多い、日曜・祝祭日に休む事はありません。365日休みなしです。
 
 開店するにあたって、それなりに資金を投入してますから、勤めに出た方が、どれほどか楽だったのでは、とよく思いました。
 
 その母も亡くなって九年になります。今では当時の事を聞く事もできませんが、好きだった本に囲まれて、幸せだったと思うしかありません。
 棺には好きだった幸田文さんの本を入れました。
 

|

« 本屋のオバチャン入門 | Main | 「おこしやす」です。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62944/2110533

Listed below are links to weblogs that reference いっしょに空にのぼったのでお見せできません。:

« 本屋のオバチャン入門 | Main | 「おこしやす」です。 »