« 最寄の空港は伊丹です。 | Main | 《薬》くすりはヤクです。 »

November 24, 2004

オジイチャン子でした。

love_letter.jpg
 三年ほど前、ソウルへ旅行に行った時、書店で「LOVE LETTER」と「シコふんじゃった」の二本組ビデオを買いました。
 対訳本(韓日)がついていて日本円で2980円くらいだったと思います。好きな映画と言うわけではないのですが、韓国語を少し勉強しかけていたので教材がわりです。

 「LOVE LETTER」はその数年前に、韓国で大ヒットしたそうです。若い人たちは「アンニョンハセヨ」(こんにちは)ではなく「チャルチネッソ」(おげんきですか?)と挨拶するのが流行っていたとか。日本版冬ソナでしょうか。
 冬ソナは見た事がないのですが、ブームのおかげで、レンタル店でもアジア映画をたくさんおいてもらえるようになって、感謝しています。

 好きだった映画も、最近はなぜかあまり見たいものがなく、久しぶりにレンタルしたのが「おばあちゃんの家」です。
 読み書きはおろか話す事もできない、貧しいおばあちゃんの家にやんちゃざかりの少年があずけられます。
 子供が喜ぶような物は何もない所で、少年のわがままに、精一杯おばあちゃんは応えようとします。
 このわがままぶりに、不快感を感じる人もいるかも知れません。
 
 以前聞いた話です。進路を決定する、大切な試験を控えているお嬢さんが、あと少しか゜頑張れないと言う時に、支えられた思い出か゛あったそうです。
 自宅の前の急な上り坂を、お父さんは私を後ろに乗せて一生懸命上がってくれた。お母さんはいつも、重いから降りてて言うでしょう。と言われたそうです。
 毎日、子供に手をかけていたのは私なのに、ショックだと笑っておられました。

 誰かに愛情を注がれた記憶があると言う事ほど、確かなものはないんですね。

|

« 最寄の空港は伊丹です。 | Main | 《薬》くすりはヤクです。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

TBありがとうございました。やっぱり「冬ソナ」と「Love Letter」って、どことなく、似た雰囲気がありますよね。「Love Letter」を今見て、違和感がないのは、韓流モードになってるせいかも。

Posted by: distan | January 10, 2005 at 16:32

 はかなげで、この映画の中のミポリンは好きですね。
 韓国の旅行社の方によると兵隊さんはモテルそうです。男らしく、女らしくと言うのがこちらより顕著なのかな。
 知り合いの韓国人婦人(今、多分50歳くらい)が、日本の服は地味ね~ておっしゃってました。確かにあでやかな雰囲気の方です。夫に尽くすと言う考えが徹底しておられるように見えました。
 そう思うと、既婚女性のヨン様の追っかけに対して、冷ややかに見ておられるのでは、と言う気がしてならなかったのですが。

Posted by: winter-cosmos | January 10, 2005 at 16:58

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62944/2050257

Listed below are links to weblogs that reference オジイチャン子でした。:

» 2003年ベストシネマ15 [京の昼寝〜♪]
2003年は年間108本の映画を劇場で鑑賞しました。 その中から僕なりにランキングしてみました。 あくまで僕の勝手なランキングなのでご参考までにm(_ _)m ... [Read More]

Tracked on February 12, 2005 at 23:52

« 最寄の空港は伊丹です。 | Main | 《薬》くすりはヤクです。 »